子供の風邪は耳鼻科か小児科どっち?決めるポイントはここ!

スポンサードリンク

子供が風邪をひいて鼻水が出ている時、喉を痛がっている時など、
小児科を受診した方がいいのか、耳鼻科を受診した方がいいのか
迷ってしまうことがありますよね。

子供の体調不良だから小児科がいいような気もするけど、鼻や
喉の症状だったら専門の耳鼻科の方がいいような気もするし…
そんな時、小児科と耳鼻科の違いや、どちらに行くべきか判断す
るポイントをご紹介します。

診療内容が違う?耳鼻科と小児科の違いとは!?


耳鼻科と小児科の診療内容は、どのように違うのでしょう。

耳鼻科の正式名称は「耳鼻咽喉科」で、鼻・耳・喉が専門です。

これらはもともと外気と接している場所であるため、雑菌が多いと
いう特徴があります。

そのため、細菌が増殖しやすく、抗生剤を使用して雑菌を減らすこ
とで、症状が劇的に回復することがあります。

例えば、中耳炎や副鼻腔炎などです。

耳鼻科では喉や耳の奥を直接見ることができるので、これらの病気
に気づくのも早いのです。

また、鼻水や痰を吸引してもらうことができるのも耳鼻科ならでは。

鼻がすっきりしたことで、呼吸が楽になり、機嫌がよくなったり、
よく眠れるようになったりしますし、中耳炎の予防にもなります。

耳鼻科でも風邪薬を処方してもらうことはできるので、鼻・耳・喉
の症状が出ている時は、耳鼻科を受診した方がよいでしょう。

では、小児科はどのような時に受診したらよいのでしょうか。

小児科では、身体全体の症状を見る他に、聴診器で胸の音を聞いて
くれますよね。

これは、気管支や肺の症状をよく診てくれているということ。

気管支が弱い子供や小児喘息の場合などは、小児科の方がよい
言えます。

また、風邪やインフルエンザ、水疱瘡、おたふくかぜなどが、幼稚
園や保育園、学校で流行っている時も、小児科へ行きましょう。

こんなところに要注意!耳鼻科と小児科、決めるときのポイントはコレ!


耳鼻科を受診した方がよい時は、鼻・耳・喉の症状が強く出ている
時です。

・耳を痛がって触る
・鼻水が出る
・鼻水による咳や痰が出ている
・喉を痛がる

このような症状がある時は、専門医である耳鼻科を受診した方がよ
いでしょう。

では、小児科を受診した方がよいのは、どのような時でしょうか。

小児科は子供の病気の専門科で、小児の症状や病気を幅広く学んで
いるため、小児特有の病気も見つけ出してくれます。

・頭痛、腹痛、下痢、咳、熱など
・耳鼻科を受診したが、症状が治まらない

このような場合は、小児科を受診しましょう。

自分で症状をうまく伝えられないような小さい子供でも、全身の
症状から診断してもらうことができます。

また、子供は年齢に応じてできる治療が異なるので、発達段階に合
わせた治療を受けられます。

スポンサードリンク

まとめ

風邪をひいた時に、小児科と耳鼻科のどちらを受診した方がよいの
か、どちらも賛否両論があるので、ママとしては困ってしまいます
ね。

先輩ママの立場としては、特別な事情がある場合以外は、まず小児科
へ行った方がよいと思います。

特別な事情というのは、中耳炎などを何度も繰り返している子供が、
同じような症状を訴えている時などです。

それ以外は、子供の病気を全般的に診てくれる小児科を受診した方
が、全身症状から子供ならではの病気を見つけてもらえると思いま
す。

私の子供は、どちらかと言うと気管支系が弱かったのですが、一度
だけ中耳炎になったことがありました。

その時、診断してくれたのは小児科の先生だったので、小児科で中耳
炎に気づいてもらえないということはないと思いますよ。

ただ、鼻や耳、喉の奥までスコープなどで診察できる耳鼻科の方が、
確実に見つけてもらうことはできるでしょう。

けれども、気管支炎やインフルエンザ、胃腸風邪、水疱瘡、おたふ
くかぜ、手足口病などの子供特有の病気に強いのは、やはり専門で
ある小児科です。

症状が悪化して入院となった時にも、総合病院と連携してもらえる
のは小児科ですよね。

自分の子供の弱い部分を把握したうえで、その時々の症状を見なが
ら、上手に使い分けしていけるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする