離乳食の時短に便利!ママにも赤ちゃんにも優しい冷凍うどんの使い方

スポンサードリンク

つるつるとした食感で食べやすいうどんは、
大人も子どもも大好きなメニューですよね。

赤ちゃんもうどんの喉ごしやもちもちした食感が好きで、
離乳食にも使いやすいんですよ。

今回は、離乳食に便利な冷凍うどんについて、ご紹介します。

冷凍うどんを離乳食に使うときの解凍・湯煎のやり方とポイント


うどんは電子レンジでも調理できますし、
乾麺や生麺、冷凍など色々なタイプが売られています。

では、離乳食のうどんはいつから、
どのように調理して食べさせたらよいのでしょうか?

うどんは、離乳食の初期から与えることができる食材ですが、
「小麦」が主原料なので、アレルギーに注意する必要があります。

家族で食物アレルギーの人がいるなど心配な場合は、
中期以降に始めてもよいでしょう。

生麺・乾麺・冷凍・・・どれを使ったら良い?

乾麺のうどんは、生麺に比べて塩分の量が
1.5~2倍多く入っています。

どのうどんでも塩抜きは必要ですが、
乾麺は特にしっかりと塩抜きをする必要があるので、
作る時に手間がかかります。

冷凍のうどんは、保存期間が1ヶ月とやや長く、
コシの強いうどんが多いです。

調理する際には、やわらかく茹でることと、
なるべく細かく刻んで使うようにしましょう。

また、一度解凍したうどんは再冷凍できないので、
ママが食べるなどして使い切る必要があります。

うどんのやわらかさや塩抜きなど調理の手間を考えると、
生麺のうどんを使うことをオススメします。

下茹でや塩抜きをしてから、離乳食の進み具合に合わせた
サイズに刻んで調理したり、小分けにして
冷凍することもできます。

冷凍うどんの解凍の仕方

冷凍うどんを解凍するには、沸騰したお湯で
調理する方法と電子レンジで調理する方法があります。

お湯で解凍するときのポイントは
『たっぷりのお湯で手早く行うこと』
解凍時間は約45~60秒程度です。

電子レンジなら、お湯よりも早く調理できます。

ワット数や時間は商品のパッケージに説明書きがあります。

どちらも、離乳食に使う場合は、
1.5~2倍の長めの時間で調理してください。

離乳食の解凍でレンジを使う際の注意点!!


離乳食は、赤ちゃんが食べる量が少ないので、
多めに作って冷凍しておくというママも多いです。

冷凍した離乳食を解凍するときに気をつけてほしいのが、
冷凍後もしっかり加熱すること。

絶対にやってはいけないのが「自然解凍」です。

自然解凍は食中毒など、菌が繁殖する危険性が
高いのでやめましょう。

冷凍したものを調理する時は、電子レンジで
加熱するのが手軽でオススメです。

電子レンジで解凍するメリットは、なんといっても加熱時間が短いこと。

加熱時間が短いと雑菌が繁殖する時間も少ないので、
安心して赤ちゃんに食べさせてあげることができます。

*電子レンジでの解凍の注意点

・水分を足して加熱する
電子レンジにかける際は少し水やお湯をかけたり、
冷凍しただしやスープなどと一緒にすると、干からびてしまった・・・
という失敗を防ぐことができます。

・吹きこぼれないよう、一回り大きめの容器を使う

加熱する量が少ないとすぐに沸騰してしまうので、気がついたら吹きこぼれていた・・・
こともあります。

少し大きめの容器に入れて、吹きこぼれないように気をつけましょう。

・様子を見ながら、加熱時間を調節する

すぐに沸騰してしまいますが、反対に加熱ムラが起こることもあります。

途中で混ぜたり、ひっくり返したり、加熱時間を少しずつ調節したりと、
全体にほどよく熱がまわるように様子をみましょう。

スポンサードリンク

終わりに

うどんは、冷凍してストックしておくと
離乳食づくりにとても役立ちます。

離乳食を冷凍するのは便利で忙しいママにはとても役立ちますが、
解凍する際には注意が必要です。

赤ちゃんには、安全で美味しいものを食べさせてあげたいですよね。

安全性に気をつけつつ、適度に手を抜いて、
離乳食の時期を楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする