育児と家事の両立どうしてる?上手なパパの頼り方!

スポンサードリンク

慣れない子育てと、毎日終わりのない家事・・・。

やらなきゃとは思うけれど、子どもが泣いたり
遊んでほしいと来たりして、なかなか思うように
進まないことの方がはるかに多いですよね。

家に居るのだからちゃんとしなきゃと、気持ちばかりが
焦っても、体は疲れていてもうヘトヘト。

主婦にも、ママにも休日はありません。

パパを頼って、育児と家事を上手に
両立させるコツをご紹介します。

みんなはどうしてる?育児と家事の両立とバランス


子どもが生まれてからは、どうしても子どものペースに
合わせた生活になります。

あれをやろう!と思っていても、授乳やオムツ替え、
子どもが泣いたり、イタズラをしたり・・・
自分のペースで家事をすることはできません。

しかも、子どもが小さいうちは夜泣きや夜中の授乳で、
慢性的な睡眠不足のママも少なくありません。

家事をするよりも、少しでも寝たいのがママの正直なところ。

家事を頑張りすぎてママがダウンしてしまっては大変ですから、
子どもとママのことを優先してほしいです。

ですから、育児と家事を両立するには、
いかに家事を効率よくするか?ということです。

*家事を効率よくするポイント*

・家事に優先順位をつける
・効率重視
・負担を減らすための家電を導入する
・手を抜くポイントを決める
・出来ないことがあってOKという気持ち

まずは、やるべき家事に優先順位をつけましょう。

掃除は毎日やらなくてもいいんです。

少しホコリが溜まってもいいじゃないですか。

思い切って「やらない」ようにするのも大切なことです。

次に、家事は効率重視で考えましょう。

そのために、家事の負担を減らすような家電を
導入するのも一つの方法です。

ネットを活用するのもそうです。

洗濯物を干すのが負担なら、衣類乾燥機や乾燥機能が
ついたドラム式洗濯機。

お皿洗いが負担なら、食洗機。

買い物に行くのが負担なら、ネットスーパーや宅配を使う。

わが家も、子どもが生まれてからドラム式洗濯機に買い替えました。

ドラム式の乾燥機能はもはや無くてはならない存在になっています。

宅配も利用しています。

重いものや、切らしたくない食材だけでも、
持ってきてもらえるのはとても助かります。

今は、便利な家電やサービスがたくさんあるので、
それを使わない手はありません。

予算が許す範囲で、家電やサービスをどんどん使いましょう。

そうして出来た時間で、ゆっくり体を休めたり、
家族との時間に充てたりすることができます。

料理が得意なママ、掃除が得意なママ、片づけが得意なママ・・・
人にはそれぞれ、得意なこと苦手なことがあります。

手を抜くポイントも人それぞれ。

全てを「ちゃんとやろう」と思うから疲れてしまいます。

出来ないことがあっても「まぁいいか、明日やれば」くらいの
気持ちでいることが、両立には大切です。

育児と家事の分担はどの程度任せていいの?


育児と家事の両方をママひとりでこなすのはなかなか大変です。

パパにもやって欲しいけど、どこまでやってもらうか悩む・・・
というママもいますよね。

ですが、パパも父親です。

育児はママとパパ、2人でするもの。

パパが出来ないのは、授乳だけです。

その他の育児はパパにも出来ます。

ママだって、最初から何でも出来ていた訳ではないですよね。

ママの方が子どもと過ごす時間が長いので、やり慣れているだけ。

抱っこしてあやしたり、オムツを替えたり、
公園に連れていったり、お風呂に入れたり。

パパが子どもの面倒を見ている間、ママは家事が出来ますよね。

ゆっくり休むことも出来ます。

家事を頼むのは気が引ける・・・というママは、
子どものことをパパにお願いしましょう。

それでもやっぱり、家事も手伝って欲しいですよね。

パパに家事をやってもらうためのコツを3つご紹介します。

1. 達成感を感じやすいことをお願いする

男性は物事の過程よりも、結果を重視するといわれています。

ですから、やることが決まっていて、終わりが
ハッキリしているような、食器洗いや洗濯物干し
といった達成感が感じられることをお願いしましょう。

2. 小さいことをお願いする

達成感だけではなかなかうまくいきません。

2つ目のコツとしては、範囲の小さいことをお願いするのです。

掃除をお願いするのでも、やる場所がたくさんあっては
かえって逆効果なので、「ここの部屋をお願い」
「トイレ掃除をお願い」など、小さいことをお願いしましょう。

するとパパも「これぐらいなら出来るか」と
やってくれるようになります。

3. パパの好奇心をくすぐる

男性は、効率的なやり方を調べたりして探すのが
得意なことが多いです。

その好奇心をくすぐるように「良いやり方ってある?」
「ちょっと調べてほしいんだけど」とお願いしてみては
いかがでしょうか。

育児でも家事でもそうですが、やってくれたことに対して
絶対にケチをつけないことが重要
です。

ケチをつけると「どうせ俺がやってもムダだから」と
次からやってくれなくなってしまいます。

色々言いたいことがあっても、そこはグッと我慢して
「やってくれてありがとう!とっても助かった」と
少し大げさなくらい褒めましょう。

スポンサードリンク

まとめ

手を抜くことは決して悪いことではありません。

手を抜くことでママの体力や精神的な負担が減らせ、
ママも余裕をもった生活をすることができます。

ママに余裕があれば、子どもにもパパにも優しく
笑顔で接することができますよね。

「◯◯すべき」と自分でハードルを高くすると、
体も心も疲れてしまいます。

ハードルを下げて「今日は作り置きができた」「洗濯ができた」と
「すごいぞ、ワタシ!」と自分を褒めてあげるくらいで
ちょうどよいのです。

ママが笑顔でいることが一番大切ですから、
あまり頑張りすぎないようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする