意外と怖い小児喘息!病院に連れて行くベストタイミングは!

スポンサードリンク

喘息とは、空気の通り道である気管支が常に炎症を起こし、
敏感になっていて、刺激によって発作を繰り返す病気です。

小児喘息の発症年齢のピークは1歳から3歳と言われています。

大人と違って、乳幼児は言葉で症状を伝えられません。

そのため、気づいた時には、症状がひどくなっていて入院、というこ
とも少なくありません。

現在は喘息の患者さんが増加していて、治療法についてはガイドライ
ンができています。

けれども、喘息について正しい知識を持ち、主治医の指示に従ってい
ても、必ず発作を抑えられるわけではありません。

また、悪化してしまうと、チアノーゼや意識障害を起こし、命に危険を
及ぼす可能性もあります。

過剰に不安がる必要はありませんが、決して油断せずに子供の様子を見
守り、適切な処置をすることで、発作を悪化させないことが重要です。

この咳は小児喘息!?症状と原因をチェックしよう!


小児喘息の原因の大半は「アトピー型」と言われ、アレルギーによって
発生します。

ダニやハウスダスト、カビ、ペットの毛、花粉などのアレルゲンを吸い込
むことで、気管支が炎症を起こします。

けれども、小児喘息の発症は、アレルギーだけでは説明できない部分もあ
り、風邪やインフルエンザなどのウィルスや、たばこの煙、ストレス、
寒暖の差、気圧の変化などが原因で発症する「非アトピー型」の場合も
あります。

小児喘息を発症すると、咳や痰が増え、発作を起こすのが特徴です。

発作が起こると、「ヒューヒュー、ゼーゼー」という「喘鳴(ぜいめい)」
や呼吸困難の症状が出ますが、軽度であれば「喘鳴」も軽く、呼吸もあま
り苦しくなりません。

中程度の発作になると、咳や「喘鳴」がひどくなり、呼吸の回数が増えて
しまいます。

重度の発作になると、さらに呼吸が苦しくなり、横になっても息苦しくて、
眠れなくなってしまいます。

中程度以上の発作で、夜眠れない、日常生活に支障がある場合は、かかり
つけの病院を受診しましょう。

喘息の発作は夜中から明け方にかけて起こりやすいので、日中、痰
のからんだ咳をしていたら、気をつけて様子を見てあげましょう。

小児喘息の発作とどう付き合う?家でできる対処法とは?


小児喘息は、適切な治療を受け、発作がひどくならないようにコン
トロールすることで、徐々に症状が軽くなり、小学生になる頃には
治ってしまう子供もいます。

けれど、発作や症状が軽くなるまでは、根気強く治療を続けていく
しかありません。

まず、小児喘息の治療についてお話しましょう。

小児喘息を発症したら、発作が出ていないときでも、予防のために、
毎日定期的に薬を飲む必要があります。

「抗アレルギー薬」や「吸入ステロイド薬」などを使用することで、
気道の炎症を改善していき、「気管支拡張薬」を使用することで、狭
くなった気道を広げます。

小児喘息と診断されたら、おうちでの吸入が必要になるので、吸入器
を購入することになります。

病院を通して購入してもよいのですが、どうしても値段が高いことが
多いので、ネットでの購入を検討してもよいでしょう。

病院で購入するよりも、1~3万円ほど安く購入することができます。
日本でも名前の知れた大手医療機器メーカーの製品で、保証のあるもの
であれば、使用上まったく問題はありません。

私の子供が小児喘息と診断された時に、病院から勧められた吸入器は
小型ミシンくらいの大きさで、4~5万円もしましたが、ネットで購入
した商品は2万円台でした。

サイズも小さく、持ち運びができるバッグや交換用のフィルターもつい
ていました。

5年以上使用しましたが、フィルターを交換し、問題なく使用できまし
たよ。

旅行や帰省のときにも常に持ち歩くものなので、コンパクトなものを
お勧めします。

次に、発作が起きた時の対処法です。

小児喘息はどんなに気をつけていても、完全に発作を抑えることはで
きません。

発作が起きた時は、まず吸入をすることで気管支を広げ、呼吸を楽に
してあげましょう。

吸入器がない場合は、水分補給をし、横になっている場合は座らせる
か縦抱きをします。

水分補給は、のどにからんでいる痰を出しやすく、荒くなった呼吸で
失われた体内の水分を補います。

座った姿勢は、横になった状態よりも、呼吸がしやすくなります。

最後に、病院へ行くタイミングです。

・横になれない、眠れない
・咳こみ過ぎて嘔吐している
・あばらの間が呼吸の度にへこんでいる
・ぐったりしている
・「喘鳴」が強くて荒い
・呼吸の回数が異常に多い

このような場合は、病院へ行き、主治医の診察を受けましょう。

救急外来の場合は、事前に電話をして状態を伝えておくとよいでしょ
う。

その時に必ず「小児喘息であること」「発作の症状・程度」を伝えて
ください。

病院では、点滴や注射をしてもらい、帰宅できる場合もあれば、その
まま入院になってしまうこともあります。

発作を起こす回数が多く、入院になりやすいようであれば、普段から
入院グッズを準備しておくことも必要でしょう。

スポンサードリンク

現在の喘息治療は、「起きてしまった発作をおさめる」から「発作を起こ
らないようにする」という治療に変わってきました。

発作のない期間をいかに長くするかが重要だと考えられています。

発作を起こさないための基本は、毎日の生活習慣です。

① 体調管理

疲れやストレス、寝不足になると発作が起きやすくなります。

また、季節の変わり目で気温や湿度の変化が激しい時期や、台風など気圧
の変化によっても発作が起きます。

なるべく身体を休め、気象状況に気をつけて生活するよう心がけましょう。

② 風邪やインフルエンザの予防

普段から気管支が敏感な小児喘息の子供にとって、風邪やインフル
エンザは大敵です。

細菌やウィルスの刺激が発作につながってしまいます。

手洗い・うがいやワクチン接種、マスクなどで予防しましょう。

③ 運動で体力をつける

運動をすることで心肺機能を高め、基礎体力を向上させれば、発作を
起こしにくくできます。

喘息の子供には、水泳や剣道、ランニングなどが効果的と言われて
います。

④ アレルゲンの除去

ダニやハウスダスト、ペットの毛などは、掃除や洗濯でかなり減らす
ことができます。

また、室内を換気し、空気中の細菌もできるだけ減らしましょう。

家族に喫煙者がいる場合は、徹底した分煙でたばこの煙を除去して
ください。

まとめ

どんなに気をつけて予防をしていても、起こってしまう発作。
原因となるものをできるだけ除去し、主治医と連携して治療に取り組む
ことで、発作を起こさないようにしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする