直せるの!?赤ちゃんの頭の形の整え方を紹介!

スポンサードリンク

赤ちゃんの頭を触った時に、柔らかいへこみを見つけたことはあり
ませんか?

へこみを触ると、心拍に合わせて動くため、びっくりしてしまうママ
も少なくありません。けれども、このへこみは頭蓋骨の隙間部分なの
で、頭蓋骨内を走る血管の動きがそのまま伝わっているだけですから、
心配はする必要はありません。

赤ちゃんの頭蓋骨はいくつかのパーツに分かれていて、骨の継ぎ目に
は隙間があるのです。

これは赤ちゃんが狭い産道を通って生まれてくるため。

生まれてくる時は、頭蓋骨が重なり合うことで、産道を通れるよう
に頭のサイズを小さくできるのです。

また、赤ちゃんの成長はとても早く、身長も体重もあっという間に
増えていきますね。

同じように脳もどんどん大きくなっていきます。

赤ちゃんの頭蓋骨に隙間があるのは、脳の成長を妨げないためでも
あるのです。

そんな赤ちゃんの頭ですが、とても柔らかいため、少しの圧力でも
歪んでしまいます。

例えば、ずっと同じ向きで寝ていたり、授乳の時の姿勢が同じだけ
でも、頭の下になる部分がいびつになってしまいます。

私の娘も、寝る時の向き癖があり、頭の右下側が斜めに平たくなっ
てしまって、「このままだったらどうしよう!?」ととても心配し
ました。

でも、柔らかく歪みやすい反面、寝かせ方を工夫することで、いび
つな頭の形を直すこともできるんです!

だから、心配しすぎないでくださいね。

理由を知りたい!赤ちゃんの頭の形がいびつになるのはなぜ?


赤ちゃんの頭の形がいびつになってしまうのには、いくつかの理由
があります。

まず、子宮内の環境です。

ママの子宮自体が狭い場合や赤ちゃんが多胎児の場合など、子宮
内で圧迫されてしまうため、頭の形がゆがんでしまうことがあり
ます。

2つ目は、出産時の影響です。

狭い産道を通って出てくる時に、強い圧力がかかって、頭の形がゆ
がんでしまうことがあります。

また、赤ちゃんの頭の大きさに対して産道が狭すぎる場合や、ママ
のいきみが弱くなってしまう場合、吸引分娩を行いますが、それに
よって、頭の形が細長くなったり、いびつになったりしてしまうの
です。

3つ目は、赤ちゃんの習慣。

赤ちゃんには向き癖があることが多く、いつも同じ向きで寝ている
ことで、頭の一部分に集中して圧力がかかってしまう
ため、頭の形が
ゆがんでしまうことがあります。

一旦、向き癖がついてしまうと、その状態で寝るのが落ち着くので、
赤ちゃんは無意識に同じ向きに首を傾けてしまいます。

頭の形を矯正する5つの方法


赤ちゃんの頭は柔らかいために変形しやすいですが、逆に、寝かせ
方を工夫することで、頭の形をよくすることもできます。

頭の形をよくするための、5つのアイデアをご紹介します。

① タオルを挟む

タオルを細長く丸めて、頭が出っ張っている方を下にし、腰から頭部
にまるめたタオルを差し込みます。体が少し斜めになるように調整
するとよいでしょう。

タオルがちょうどよい枕になってくれます。

② ドーナツ枕を使用する

赤ちゃんの絶壁対策として、専用のドーナツ型の枕があります。

その枕によって使用できる月齢が決まっていますので、赤ちゃん
の頭に合った枕を選んであげましょう。

③ ベビーベッドやお布団の向きを変える

ベッドや布団の向きがいつも同じだと、ママが話しかける方向も
同じになりがち。

赤ちゃんがいつも同じ方向を見ているようだったら、ベッドや布団
の位置や向きを変えて、赤ちゃんが特定の方ばかりを見ないように
してみましょう。

④ 授乳の体勢を変える

授乳の時、ママにも抱きやすい向きがあり、ついつい同じ方向から
ばかり授乳していませんか?

いつも同じ方向から授乳することで、向き癖がついている可能性
もあります。

赤ちゃんは、最初に飲ませた方のおっぱいをたくさん飲んでしま
うので、ママのおっぱいのためにも、最初に飲ませるおっぱいを
交互にしてあげた方がいい
でしょう。

⑤ おもちゃを置く

首がすわると、自分が見たい方向に頭を動かすようになります。

赤ちゃんの頭の平たくなっている逆側に気になるおもちゃを置
いて、赤ちゃんがおもちゃの方を見るようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんの頭が柔らかくて、ゆがみやすいのは確かですが、頭が
小さく、髪の毛も少ないので、形のいびつさが目立ってしまう
せいもあります。

髪の毛がふさふさになったら、多少のゆがみであれば、もわから
なくなることがほとんど。

頭の変形自体も成長とともに自然に整っていくので、心配しすぎ
ることはありません。

それに、頭の形が完璧に整っている人はめずらしく、皆多少の
ゆがみはあるものです。

あまり神経質にならず、できるだけ良い形になったらいいなと
いう気持ちでケアしてあげるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする