海水浴を子供と楽しむための注意点!気をつけるポイントと持ち物は?

スポンサードリンク

夏のお出かけの定番といえば「海水浴」ですね。

子供たちもたくさん遊べて大満足の海で
楽しい思い出をたくさん作りたいですよね。

でも海はプールと違って波があったり
急に深くなったりと危険とも隣り合わ・・・。

だからこそちゃんと準備をして安全に過ごしたいですよね。

今回は海水浴で気を付けることや過ごし方、持っていくと
便利な物まとめました。

特に初めて子供を海水浴に連れて行くパパ&ママ必見ですよ。

子供連れの海水浴で気を付けたい!海水時間・日焼け・過ごし方


海を楽しむためにまず大切なのは
遊泳区域で泳ぐことです。

人が少ない穴場の場所を見つけたくなるのはわかりますが
遊泳禁止区域は急に流れが速くなるところや、
深くなるところがありとても危険です。

遊泳区域がどこまでなのかは必ず確認しましょう。

海に入る時間は、朝早いとまだ海水が冷たかったり
夕方は風が出て冷えてくることもあるので
10時から14時くらいがおすすめです。

とくに小さい赤ちゃんがいる場合は、
長時間の入水は避けて、日差しが強い時には
日陰でこまめに休憩しましょう。

強い日差しを浴びると思っている以上に
疲れていることがありますよ。

熱中症予防の為に水分補給も忘れずに。

子供は楽しくてのどの渇きも忘れて夢中で遊ぶこともあるので
こまめに声をかけてあげてくださいね。

日焼けはひどくなると火傷と同じです。

とくに小さい子どもは肌が弱いので
日焼け対策は万全にしましょう。

日焼け止めをこまめに塗りなおしたり、
長袖のラッシュガードを羽織るなどして
日焼けを防ぎましょう。

もちろん帽子もかぶってくださいね。

海水浴で忘れたくないもの!あると便利な持ち物リスト


子連れでのお出かけは荷物の準備が大変ですよね。

あれ持ってくれば良かった!忘れてしまった!
とならないためにも持ち物リストを作ったので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

必ず持っていくもの

・水着
海に入るので当たり前といえば当たり前ですが、
日焼け対策としてラッシュガードも必需品です。

・着替え
下着は複数替えがあると安心です。

女の子はスカートだと着替えがしやすいですよ。

・タオル(ラップタオル)
ハンドタオルやフェイスタオルなど数枚用意しましょう。

ラップタオルがあると着替えの時など便利ですよ。

・日焼け止め
子供(特に赤ちゃん)は専用のものを使いましょう。

こまめに塗り直してあげるとより効果的ですよ。

・帽子
子供は砂浜で遊ぶ時間も長く、
下を向いて遊んでいると首が日焼けすることもよくあるので
首をカバーしてくれるものを選ぶといいですよ。

・サンダル・マリンシューズ
意外と忘れがちなのが足元。

砂浜は裸足で歩くと怪我をしたり、火傷をしたりします。

サンダルやマリンシューズで足元を守ってあげましょう。

サンダルは岩場などで滑ったり、脱げたりしてしまって
かえって危険なこともあるので
マリンシューズがおすすめですよ。

・ポケットティッシュ・ウエットティッシュ
汚れた時にさっと拭いたり、
トイレにトイレットベーパーがない時など
とにかくなくてはならない必需品です。

・お茶・ジュース・お菓子
水分補給がこまめにできるように
飲み物は持参しておきましょう。

小腹がすいたときにすぐに食べられるものを
用意しておくといいですよ。

私は水分補給と糖分補給を兼ねて
パウチのゼリー飲料を凍らせて持っていってました。

冷たいので飲みやすく、おすすめですよ。

・レジャーシート
休憩したり、荷物を置いたりする時に
砂浜に直に座らなくてもいいように用意しておきましょう。

・ビニール袋
濡れた水着を入れたり、ごみを入れたりできるように
数枚用意しておきましょう。

子供は砂浜で集めた貝殻や砂を持って帰ろうとするので
ジップ付の袋があると便利ですよ。

・母子手帳・保険証
万が一の怪我や熱中症などの時
急に病院に行くこともあるかもしれません。

忘れずに持っていきましょう。

スポンサードリンク

必需品とまではいかないけれど、あると便利なもの

・浮き輪
まだ泳げない子供は特に
浮き輪がないとずっと抱っこしておくことに。

浮き輪がある方が遊びも広がりますね。

・砂場遊びセット
小さい子は海の中で遊ぶよりも
砂浜で遊んでいる時間の方が長いかもしれません。

我が子も思いのほか砂浜にいる時間が長くて
砂場遊びのスコップやバケツがあればよかったと思ったので
これから海水浴に行く人にはぜひおすすめします。

・パーカー
天気や気温の変化があった時に
すぐに羽織れるパーカーがあると便利ですよ。

砂浜で遊ぶときの日よけにも使えます。

・水を入れたペットボトル
手足の汚れをちょっと落とすのに
ペットボトルに水を入れて持っていくと、
わざわざ水道を探して連れて行く手間が省けますよ。

まとめ

海水浴は夏ならではのイベントです!
事前の準備をしっかりして安全で快適に海に出かけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする