夏祭りに花火大会!!赤ちゃんと楽しむための安全対策!

スポンサードリンク

お散歩やお出かけが少しずつ出来るようになってくると、
赤ちゃんと行ってみたいなと思うものが増えますね。

特に夏は、夏祭りや花火大会があって、
雰囲気だけでも楽しめないかな?と思うママもいます。

夏祭りも花火大会も人が多いもの。

人混みで赤ちゃんをどう連れ歩くか、
花火大会に赤ちゃんは大丈夫?

これらについて調べてみました。

ベビーカー・抱っこひも、人混みに注意!赤ちゃんを守れ!どう連れ歩く?


お祭りや花火大会というのは、大勢の人が集まります。

赤ちゃんを連れて行くとなると、ベビーカーで行くのがいいのか、
抱っこ紐の方がいいのか迷いますよね。

人混みがすごいと、ベビーカーでも抱っこ紐でも
どちらでも大変なんです!

ベビーカーの場合

ベビーカーは大人の視界よりも低く、周りの人からは
見えにくいです。隙間をぬって歩く人がぶつかってきたり、
もっと進めるだろうと押されたりという危険性があります。

また、段差や階段の多いところ、エレベーターやスロープがない、
河川敷のような場所はベビーカーでの移動が難しいです。

ただ、花火大会なんかは河川敷のようなそういったところで
開催されることが多いですよね。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、背の高い
大人たちに囲まれるような形になってしまいます。

そうなると、人の熱気でムシムシしているところに
赤ちゃんをさらすことになってしまいます。

抱っこ紐の場合

抱っこ紐で移動するには、ベビーカーよりも多少楽になりますが、
ママと赤ちゃんがぴったりと密着している分、
赤ちゃんもママも汗だくになってしまいます。

夫婦で交代しながら抱っこするにしても、
長時間抱っこしているのは疲れます。

赤ちゃんを下ろして休憩できる場所がいくつかないと、
抱っこする大人が大変です。

また、暗い中での移動なので足元が
見えにくかったりして危ないです。

人混みの中に赤ちゃんを連れていくのは、
ベビーカーでも抱っこ紐でもどちらであっても危険があります。

花火大会で心配なこと!暗い夜・花火の音、赤ちゃんは大丈夫?

Hans / Pixabay

赤ちゃんを花火大会に連れて行くとしたら、心配なこと、
気になることがありますね。

花火大会でママたちが気になることをまとめてみました。

●花火の音は赤ちゃんの耳に何か影響がある?

花火の音はとても大きいので、赤ちゃんの耳は
大丈夫なのか心配に思いますよね。

耳鼻科医の先生方は
「花火の音で鼓膜が破れてしまうようなことはない。しかし、
音にびっくりして泣いてしまう、怖がるのでオススメはしない」
と言います。

花火は音もすごいですが、体に振動が響くほどの迫力があるので
怖いと感じるのは当然ですね。

●オムツ替え、授乳できる場所がない

会場にオムツ替えが出来るような場所、
授乳室のような場所は基本的にありません。

オムツを替えようと思ったら、レジャーシートなど
敷物の上で交換するしかありません。

哺乳瓶でミルクを飲んでいる赤ちゃんなら良いですが、
母乳で育てているママだと授乳ケープを使うしかありません。

しかし、夏ですからケープは暑いので大変です。

●虫さされのリスクがある

屋外で夜ですから、蚊などの虫にさされるリスクがあります。

虫よけを使える月齢であればよいですが、
そうでないと対策が難しくなります。

虫よけスプレーに配合されている『ディート』という成分は
6ヶ月未満の赤ちゃんには使用できませんので、
子ども用に虫よけを購入する際はよく確認してください。

●タバコのリスク

花火大会のようなお祭りでは、タバコを吸っている人も大勢います。

喫煙エリアが決められていることも多いですが、
屋外ですから煙を完全に避けるのは難しいでしょう。

病気をもらう可能性もありますし人混みに連れていくのは、花火大会でなくても
それだけで色々なリスクが出てきます。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんを花火大会に連れて行くことはお勧めできません。

子どもが花火を見て喜べるのは3~4歳くらいから。

一般的に、子どもが花火を見て「すごいね~」「きれいだね」と
喜べるようになるのは3~4歳ごろと言われています。

しかし3~4歳ごろからは、子どもの意思もハッキリし
「あっちに行く」「かえりたい」と、
ゆっくり花火を楽しむというのがなかなか難しくもあります。

子どもの発達具合や性格も踏まえて余裕を持った計画を立て、
家族で花火大会を楽しめると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする