新生児のミルクで困った!授乳時間になったけど…寝ちゃって起きない!

スポンサードリンク

生まれてから3ヶ月ころまでは、
赤ちゃんの授乳のことばかりが気になりますよね。

母乳だと赤ちゃんがどれくらい飲んでいるのかが
分からないので、赤ちゃんがおっぱいを飲む時間や
授乳間隔で見極めているママが多いかと思います。

そろそろ飲ませる時間だけど、赤ちゃんがグッスリ寝ていて
起きてくれない。

起こして飲ませるべきか、そのまま寝かせていたらいいのか
悩みますよね。

そこで今回は、新生児の赤ちゃんの授乳について、

・新生児の授乳時間は何分くらいが目安なの?
・どれくらい飲ませたらいいの?
・いつまで3時間おきの授乳が続くの?

といったママたちの疑問について解説します。

新生児の授乳時間は何分が目安?毎回どれくらい飲んでるの!?

新生児の授乳時間

生まれたばかりの新生児の授乳時間は、
1回20~30分くらいといわれています。

新生児はおっぱいを吸う力が弱く、あまり体力もありません。

ですから、ちょっと飲んだだけでも疲れて眠ってしまいます。

ママは産後すぐで体力が戻っていなくて大変ですが、
おっぱいを上手に飲めない赤ちゃんは授乳が頻回になります。

赤ちゃんが欲しがったらあげる、
泣いたら授乳するくらいでちょうどよいのです。

母乳は、赤ちゃんがどれくらい飲んでいるのか、
おっぱいがどのくらい出ているのかが分からないですよね。

おっぱいがちゃんと足りているのか不安に思うママも多いです。

母乳が足りているかを見る6つのポイント

・24時間以内に、少なくとも8回は母乳を飲んでいる

・授乳中、ごくごく飲みこむ音が聞こえる

・赤ちゃんの機嫌がよく、皮ふの状態もよい

・授乳と授乳の間は満足している様子である

・1日で色のうすいおしっこを7~8回する

・1日で3~8回ウンチをする

授乳のあとに赤ちゃんが泣くのは、
母乳が足りていないことが原因とは限りません。

おしっこやウンチの回数、赤ちゃんの機嫌を見て、
母乳が足りているかどうかをみましょう。

赤ちゃんが寝ちゃって前の授乳から2時間以上たつのに
起きる気配がない・・・!
なんてこともあります。

このまま寝かせてあげようかな?
いや、起こして授乳した方がいいのかな?
という時。

体重の増え方に問題がない赤ちゃんは、
無理に起こして授乳しなくても大丈夫
です。

ママも休める時間!と思って、赤ちゃんが寝ている間に、
ママも体を休めておきましょう。

授乳寝不足がつらい!いつまで続くの3時間おきの授乳!?

grisguerra / Pixabay

新生児のころは、ほとんど一日中授乳をしている・・・
というママもいますよね。

授乳間隔も2時間開けば良い方で、常に寝不足になります。

こんな状態がいつまで続くのかと不安になるかと思いますが、
だんだんと授乳時間があくようになってくるので大丈夫です。

生後1ヶ月以降の授乳時間・授乳間隔の目安について
知っておくと良いですよ。

*生後1ヶ月

新生児のころとさほど変わらず、授乳時間は20分程度。

授乳間隔は2~3時間ほど、といわれていますが、
母乳は腹持ちしにくいので、それほど時間が経っていなくても
赤ちゃんが欲しがればおっぱいをあげましょう。

まだこの時期は何回飲ませても問題はありません。

中には、1日の授乳回数が10~12回ほどになるママもいます。

*生後2ヶ月

授乳時間は10~20分程度。

赤ちゃんはかなり上手におっぱいを飲むようになってきます。

この頃になると、赤ちゃんはまとめて眠るようになってくるので、夜の授乳間隔が少し長くなってきます。

昼間の授乳間隔は1~3時間ほど。

*生後3ヶ月~

1回の授乳時間は10~20分程度。

一度にしっかりと飲めるようになってきて、
片方5分ずつでお腹がいっぱいになる赤ちゃんもいます。

まとめて眠れるようになるので、授乳間隔もあいてきて
3~4時間ほどに。

この頃になると、ママも赤ちゃんにも授乳ペースが
出来上がってきます。

*生後6ヶ月ごろ~

このころには多くの赤ちゃんが離乳食をスタートしますね。
授乳の回数も減ってきて、1日5~6回、
授乳間隔は4~5時間ほどに。

まだ赤ちゃんの食事は授乳がメインなので、
離乳食を食べたあとでも欲しがっているようであれば、
おっぱいをあげましょう。

月齢別の授乳時間・授乳間隔は、一般的な目安として
参考にする程度にしましょう。

赤ちゃんが元気に成長していて、ママと赤ちゃんの
授乳ペースがつかめていれば問題ありません。

スポンサードリンク

まとめ

授乳の仕方は人それぞれです。

赤ちゃんがしっかりとおっぱいを飲めるようになって、
授乳ペースがつかめるようになるまでは、
不安なこと・心配なことがたくさん出てきてしまいます。

授乳はとても個人差が大きいものです。

母乳がどのくらい出るのか、赤ちゃんが1回で
どのくらい飲むのか、正解はありません。

周りから色々言われることもあるかもしれませんが、
ママが笑顔でいられて、赤ちゃんが元気に育っていれば、
それが正解なのです。

焦らず、ママと赤ちゃんのペースを大事にしましょう。

今しかない、赤ちゃんとの時間を大切に、楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする