産まれたての赤ちゃんのお出かけデビューはいつから?

スポンサードリンク

赤ちゃんが生まれて、赤ちゃんがいる生活にも慣れてくると、
お出かけしたいと思うママも多いです。

でも、まだ小さな赤ちゃんを連れてお出かけをするのは
いつからできるの?と疑問に思いますよね。

今回は、赤ちゃんと一緒に外に出かけるタイミングと、
首すわり前のお出かけは大丈夫なのかについて、調べてみました。

免疫はいつからつくの?外にでかけるタイミング教えて!

1か月検診までは家の中で過ごすのが基本

基本的に、1か月検診までは、赤ちゃんだけでなく
ママの負担にもなるので、家の中で過ごしましょう。

思っている以上にママも体が弱っています。

買い物などはパパにお願いしたり、ネットを活用したりして、
できるだけ家の中でゆっくり過ごしてください。

この時期にムリをすると、ママの体の回復が遅くなったり、
病気にかかったりすることもあります。

上の子がいて、保育園や幼稚園の送り迎えがある場合も、
最低限の外出で帰って来られるようにしましょう。

新生児も、体温調節がうまく出来なかったり、
免疫力や抵抗力が弱いため病気にかかりやすい状態です。

1か月検診で特に問題がなければ、外気浴や5~10分程度の
散歩からはじめて外の空気に慣れさせてあげましょう。

首がすわる3~5か月ごろになると外出するのが楽になる

1か月検診で問題ないと言われても、
首がすわっていない時期はまだ安心せず、
赤ちゃんに負担がかからないようにしましょう。

生後3~5か月ごろになると首がすわります。

この頃になると、赤ちゃんにも抵抗力がついてくるので、
少しお出かけするには楽になってきます。

とは言え、まだまだ小さい赤ちゃんです。

授乳やおむつ替えも頻繁にありますから、長時間の移動や外出は避けましょう

季節によって、外にでる時間帯にも気をつけましょう。

真冬の場合は、外気浴も含めて外に出るのは、
暖かくなる春ごろまで待つ方が良いです。

夏の暑い時期であれば朝・夕のなるべく涼しい時間帯を
えらぶと負担が少ないですね。

首すわりまで待てない!ベビーカーや抱っこ紐でのおでかけは大丈夫?

首がすわるまでは抱っこ紐がオススメ

赤ちゃんの首がすわるまで待てない!というママもいますよね。

ずっと家の中だけではママも疲れてしまいますから、
赤ちゃんの負担にならない範囲でお出かけしたいという
気持ちも分かります。

そういった首がすわる前の赤ちゃんとお出かけをする場合、
赤ちゃんの様子がよく分かる抱っこ紐でのお出かけを
オススメします。

ベビーカーに乗せるよりも、抱っこ紐の方が赤ちゃんの
様子がよく分かります。

短い時間の散歩でも、抱っこ紐なしで赤ちゃんを抱っこして
外を歩くのは危険です。

横抱きができる抱っこ紐やスリングがオススメです。

ママの荷物は、ショルダーバッグやリュックなどを使って
ママの手は出来るだけ空けておくのが安心ですよ。

どうしても出かける時は、長時間の外出・人混みは避けよう

赤ちゃんは大人よりもずっと疲れやすく、免疫力も弱いので、
どうしても、の時以外は長時間・人混みの外出は
避けた方が良いです。

授乳間隔がまだ定まっていない3か月未満の頃は、
近くの公園や静かな通りといった近所のお出かけだけに
しておくと安心です。

母乳で育児をしているママですと、
長時間授乳をしないでいると乳腺炎の心配もあります。

赤ちゃんとお出かけをするときには、赤ちゃん中心に考えましょう。

大きな音がする、人がたくさんいる、風邪などの感染症・・・

小さな赤ちゃんには強すぎる刺激や心配なことがたくさんあります。

赤ちゃんの月齢に合わせて、お出かけする距離や時間を
少しずつ長くしていくと良いですね。

スポンサードリンク

まとめ

産後のママの体調、赤ちゃんの成長具合、住んでいる環境など
一人ひとり違います。

ママと赤ちゃんの体を第一優先に考えましょう。

他のお子さんや誰かから言われたことは
気にしないで、ママと赤ちゃんのペースでお出かけを
少しずつしていってください。

焦らなくても、赤ちゃんが大きくなるにつれて、
お出かけ出来るところは少しずつ増えていきます。

外の世界になれさせるのは必要なことですが、
大人の都合に赤ちゃんを合わせるのではなく、
赤ちゃん中心の、赤ちゃんの生活リズムを崩さないように、
出かける場所を選んでお出かけを楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする