赤ちゃんと初めての夏!夏祭りにはいつ頃から行く?持ち物は?

スポンサードリンク

夏になると、お祭りや花火大会などのイベントがあります。

赤ちゃんが生まれると、こういったイベントに連れて
行きたいと思いますよね。

しかし、1歳前の赤ちゃんを夜のイベントに連れて行くのは
いいのか疑問に思うママも。

そこで今回は、いつから赤ちゃんを夏祭りに連れて行けるのか、
行くなら何に気をつけるのかをまとめてみました。

夏祭りに行きたい!!どれくらいの赤ちゃんから連れて行ける?

スポンサードリンク

夏祭りに限らず、まずは赤ちゃんのお出かけは
いつからどのくらいの時間出来るのか、おさらいしておきましょう。

生後1〜2か月…家の中で過ごすのが基本。5~10分程度の外気浴程度。

生後3〜4か月…1〜2時間程度の外出ならok

生後5〜6か月…3〜4時間程度の外出ならok

生後7〜11か月…5〜6時間程度の外出ok

ただ、ここで言う外出とは『日常生活』で
昼間に出かけることを指します。

夏祭りは人も多く、ざわざわとしているので、
近所の散歩やスーパーに買い物に行くのとは全く違う環境です。

また、夏祭りは夕方~夜に開かれていますよね。

夜のお出かけはいつもと違うので、興奮状態になりやすいです。

普段の生活なら、お風呂に入って寝るような時間帯に外を出歩き、
花火や強い照明、大きく響く音、たくさんの人といった刺激を
うけることで生活リズムが乱れてしまいます。

赤ちゃんは抵抗力もまだ弱いため、思わぬ病気を
もらってしまう可能性もあります。

赤ちゃん自身はまだお祭りを楽しむことは出来ません。

赤ちゃんの身体・健康をまずは優先し、子ども自身が
楽しめる年齢になってから一緒に行く方が楽しめるかと思います。

一緒に夏祭りに行くなら何が必要?何に気をつける??


もしも、赤ちゃんと一緒に夏祭りに行く場合、
何を持っていくべきなのでしょうか。

そしてどんなことに気をつけなければいけないのでしょうか。

赤ちゃんと夏祭りに行く場合のことをまとめました。

子連れの場合は何より事前準備が大切です!

 おむつ
 おしりふき
 おむつ替えシート

夏祭りの会場にはおむつ交換台が
設置されていることはほとんどありません。

持参したレジャーシートの上でおむつ交換を
することになるでしょう。

 ビニール袋
(おむつを捨てる、ゴミを捨てる、汚れたタオルや
着替えを入れる等)

 ウェットシート

 タオル数枚

 ミルクセットもしくは授乳ケープ
授乳室もありません。哺乳瓶で飲める子は
ミルクセットを。母乳の子は授乳ケープを使って
授乳することになります。

 着替え

 ポケットティッシュ

 抱っこ紐
人が多い夏祭りでは、ベビーカーも抱っこ紐も
どちらも大変ですが、抱っこ紐の方が身動きが
とりやすいでしょう。

 レジャーシート

 折りたたみ傘、雨がっぱ

 手指消毒アルコールジェル・シート

 虫よけグッズ、虫さされの薬

 飲み物
会場でも購入できますが、割高ですし会場に
着くまでに必要になることも。

お茶などが飲める子は、
子どもの分は確実に。

 うちわ・扇子

普段のお出かけの時に持っていくものは必ず持っていきましょう。
普段の持ち物にプラスして、
体温調節・水分補給・暑さ対策・虫対策を忘れずに!

そして、夏祭りに行く場合気をつけることは・・・

*遅い時間には行かず、早めに行って早めに帰るようにする

*人の多いところはなるべく避ける

*花火や音響など大きな音が響く場所の近くには行かない

*子どもが嫌がったり、疲れているようで
あればすぐに引き上げる

*子どもの体調をみて、無理をしない

あくまでも、赤ちゃんを中心に行動しましょう。

普段の生活リズムもなるべく崩さない程度にしておきましょう。

まとめ

0歳代の赤ちゃんはまだ自分でお祭りを楽しむことは出来ません。

お祭りに行く場合は、いつも以上に気を配って行動しましょう。

家族みんなの楽しい思い出にするには、
子どもに無理をさせないことが一番です。

大人の自己満足にならないよう、十分配慮をしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする