お散歩デビューさせたけど歩かない子ども…どうしたら一緒に歩ける?

スポンサードリンク

子どもがヨチヨチ歩きはじめ、家の中を
ある程度歩けるようになってくると、
「靴を履かせて、外でも歩かせてみようか」となります。

しかし、いざ靴を履かせようとすると嫌がったり、
外では抱っこばかりで全然歩かない・・・
なんてことありませんか?

家の中なら歩くのに、外では歩かない子どもは案外いるものです。

今回は、外で歩かない子どもは何がダメなのか?

どんな所へ連れていったらいいのか、歩きはじめたお子さんと
外で楽しむためのポイントをご紹介します。

外の風やにおいが嫌?くつが嫌?外の地面が不安??何がダメなの?

danielam / Pixabay

赤ちゃんの中には、慎重派でなかなか歩かないタイプの子もいます。

抱っこから下ろそうとしても、絶対に足を降ろさなかったり、
地面に降りたとしても1歩もその場から動かなかったり。

外でなかなか歩かない子は何がダメなのでしょうか?

靴を履いて動くことに慣れていない

靴を履くと足が窮屈になるのがイヤ、靴が重くて歩きにくい、
足に靴が合っていないから歩きにくい…。

家の中で歩くとき、多くの場合赤ちゃんは裸足ですね。

しかし、外へ行くときは靴を履きます。ですから、
外で歩かないのは靴に原因があることが多いです。

まずは、外に出かけるときには靴を履く、
ということに慣れさせてあげましょう。

歩かなくても、外に出る時は靴を履かせるようにしたり、
芝生のような場所で座って遊ぶようにしたり、
靴を履いたまま動くことからはじめてみましょう。

それでも歩かない場合は、靴が重い・かたい・サイズが
合っていないなどの可能性があります。

案外多いのが「重い」ということ。

赤ちゃんの靴を選ぶのに、デザイン性やブランドで
選んでしまいがちです。ですが、赤ちゃんが歩きやすいことが
一番ですから、軽さや反りやすいこと、履きやすいことを
基準に選んであげましょう。

ママから離れて歩くのが不安

それまではずっとママの抱っこでいたのに、急にママから離れて
歩きなさい、と降ろされては不安になってしまいます。

ムリに歩かせるのは、恐怖や不安をあおってしまい、
散歩自体を嫌いになってしまいます。

子どもが安心して遊べるよう、子どものペースに
合わせてあげましょう。

転ぶなど痛い思い・嫌な思いをしたことがある

もしかしたら、歩かせる場所に問題があるかもしれません。

一度は歩いたのに、次は歩かないという場合、同じ場所
似たような場所で転んだりして嫌な思いをしたことがあって、
歩かない可能性もあります。

車の通らない公園や動物園などの開放的な場所を
選んでみるのも良いでしょう。

赤ちゃんは小さいので、地面からの距離も近く暑さも
感じやすいです。いつもより暑くて歩きたくない
といった理由もあります。

無理に歩かせる必要はありませんが、
色々な場所で試してみると原因が分かるかもしれません。

子どもを散歩に連れ出していい時間帯やどんな所なら良いかを教えて!

HeatherDawnKemp / Pixabay

子どもが歩くようになってくると、お散歩の幅がグッと広がります。

色々なものに興味をもつようになったり、歩きたがったり、
反対に抱っこばかりになったり、
一緒に散歩をするママは大変なのです。

*お散歩するのに適した季節ごとの時間帯は?
春・秋・・・日中の天気が良いお昼前後
(9~11時または13~15時)

夏・・・朝(7~9時)または夕方(17~18時)ごろの
比較的涼しい時間

冬・・・天気が良い日の11~14時ごろ

住んでいる地域によって違いますが、
だいたいの目安にしてください。

ママも赤ちゃんも過ごしやすい時間帯を選んで、
外に出てみてください。

*子どもが歩く時間はどれくらい?
歩く時間というよりは、外遊びの時間の目安になりますが、
理想は午前と午後で1時間~1時間半くらいと言われています。

これは、公園などの外遊びでなくても、
お買い物へ行くなどでもOKです。

*どんな場所に連れていくのが良い?
1歳ごろは、とにかく目についたものは何でも触りたい!
と好奇心旺盛な時期です。

子どもにとって外の世界は良い刺激がたくさんあり、
危険がない限り、なるべく思うようにやらせてあげたいですよね。

子どもの安全を確保しつつ、自由に遊べるような公園を選んだり、
保育園や幼稚園の園庭開放を利用するのもオススメです。

スポンサードリンク

まとめ

子どもが外で歩きたがらない理由は様々です。

普段、家の中でスタスタ歩いているからといって、
靴でも初めからスタスタ歩くわけではありません。

ママが焦っては、それが子どもにも伝わってしまいます。

子どもの気持ち・ペースを大事にして、
その子なりのペースで進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする