親子遠足のお弁当って別々に用意するべきなの!?

スポンサードリンク

初めての親子遠足、子どもは楽しみにしているかと思いますが、
ママにとっては悩むことですよね。

一度行けば、どんな雰囲気なのか、細かなことも分かりますが、
初めてのことだとほんの些細なことまでどうなのか?
と気になるものです。

今回は、親子遠足の時のお弁当について調べてみました。

親子一緒のお弁当?それとも別々にするべき?おやつは?
など参考にしてください。

親子遠足のランチはみんなで食べるの?おやつは持参して配る?

sbroady / Pixabay

遠足の楽しみといえばお弁当ですよね。

お弁当タイムはだいたいクラスごとにまとまって
食べることが多いですが、子どもと親の弁当をどうするのか?
が悩みどころです。

年齢によって差はありますが、お弁当を一緒にするか
別々にするかは半々に分かれるようです。

特に年齢がまだ小さい子ですと、親が食べさせることも多く、
荷物もほとんど親が持つので、お弁当も一緒にする
ママが多い印象です。

反対に年少以上になってくると「自分のお弁当」という意識が
あったり、お友達と食べるようになったりしてくるので、
別々に用意する方が良いようです。

遠足は普段と違うシチュエーションですから、
お友達と早く遊びたがってあまり食べない、
ということも考えられます。そんな時、お弁当が別々だと、
「まずはママと一緒にお弁当を食べてから、お友達と遊ぼうね」とすることができます。

そして案外盲点なのが天気です。

遠足が中止になるのかならないのか
微妙な天気の時ってありますよね。

しかし、遠足が中止になったからと言って
お昼ご飯がお弁当なのは変わりません。

ですから、最初から別々のお弁当で作っておけば
詰め替えることもなく、そのまま持たせれば良いですね。

また、お弁当と同じくらい悩むのがおやつではないでしょうか。

遠足のおやつ交換を楽しみにしている子どもは多いです。

お弁当を食べ終わったらおやつタイム、となることが
多いかと思いますが、わざわざ配って歩く必要はないと思います。

ただ、個包装や小分けになっているお菓子を
用意しておくと安心です。

子どもが「◯◯ちゃんにお菓子あげてくる!」と言ったり、
反対にもらった時のお返しに、といくつか用意して
おく程度で問題ありません。

お弁当を一緒にするときの注意点!別々にするときの注意点!


遠足のお弁当の注意点をいくつかまとめてみました。

まず、お弁当を一緒にするときですが、
親子で一緒のお弁当でもおにぎり・おかず・フルーツと
箱を別々にするのがオススメです。

親子とはいえ、二人分一緒のお弁当ですと
お重のような弁当箱になってしまいます。

タッパーのような箱に分けて入れると、
親子一緒でも食べやすくなります。

お弁当を別々にする時は、子どもが手で持ったり、
フォークなどで刺しやすい物を入れるといいですよ。

また、親子別々ですが、子どものお弁当には
「おにぎり・ソーセージ・フルーツ」といった必ず食べるもの
だけを詰めて、ママのお弁当の方に野菜など
おかずを色々多めに詰めて、一緒に食べる時「これ食べる?」と
子どもに分けて食べさせる、という方法もあるようです。

おかずなど子どものお弁当で気をつけたいのが、
食べるころにはぐちゃぐちゃになっている可能性がある、
ということ。

ミートボールのような味が
混ざりやすいものは避けるとよいでしょう。

親子遠足のお弁当で気をつけたいことは他にもあります。

*子どもが食べにくい食材を避ける
小さい子に案外難しいのが焼きのりです。

2歳くらいの子ですと噛みちぎれないようです。

なので、おにぎりはラップに包んで持っていくのがオススメです。

*お弁当ピックにも注意
お弁当を可愛く彩ってくれるピック。

今は可愛くて安いものがたくさん売られています。

しかし、食べ終わったあとに、ピックを
そのままくわえて歩きまわったりするなど
ケガをする可能性があります。

大人と一緒に食べている子はよいですが、
親と離れて食べる時は特に注意が必要です。

*使い捨て容器でも必ず持ち帰る
園から特に指示や注意がなくても、
遠足の場所でゴミを捨ててくるのはNGです。

ゴミはお家に持って帰る、と先生たちは
子どもに指導しています。使い捨てでも必ず持ち帰りましょう。

スポンサードリンク

まとめ

親子遠足は子どもにとって、とてもワクワクする行事です。

はじめての時は、どうすればよいのか分からず悩みますが、
それは他のママたちも同じ。

お弁当を一緒にするか、別々にするかは、
お子さんの性格によって決めるとよいでしょう。

親子遠足はそう何度もあることでもないので、
思い出に残る、楽しい親子遠足になるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする