新生児育児のつらい時期はいつまで?みんなの経験大公開!!

スポンサードリンク

日々の育児、お疲れさまです!

可愛い我が子との生活は、とても幸せなことですよね。

一方で、産後すぐに始まるママ生活。

慣れない育児はもちろん、寝不足続きでフラフラに・・・
なんて事もありますよね。

そんな頑張るママへご紹介します!

つらいことばかりじゃない!新生児育児の楽しみ方

jarmoluk / Pixabay

あなたのお子さんはどんな赤ちゃんですか?

よく眠る子、よく飲む子、よく泣く子、おとなしい子、
のんびりな子、元気いっぱいな子。

色々な大人がいるのと同じで、赤ちゃんにも色々な子がいますね。

母子手帳を始めとするママが目にするさまざまな情報には、
赤ちゃんの成長目安となる情報もあるかと思います。

まずはそれらは、平均データだということを
改めて理解していただきたいです。

筆者は3人の息子がおりますが、新生児の頃の3人に
共通していたのはよく飲むことくらいで、
3人共まったく違った赤ちゃんでした。

1人っ子の私にとっては、「兄弟なのにこんなに違うわけ?」と
驚きの連続でした。

さて、今まさに新生児育児をされているあなたにとって、
一番辛いことは何ですか?

赤ちゃんの性格により、ママの悩みもそれぞれだと思います。

そして、子育て環境によってもママの気持ちは
さまざまだと思います。

これは新生児に限ったことではありませんが、
この先も長く続く子育てにおいて、協力者がいる環境は
ママの身体の余裕にも繋がります。

ママの心の余裕次第で、日々の育児も
楽しめるものとなるのではないでしょうか。

あなたのパートナーやご家族の協力はいかがですか。

もちろんさまざまな事情で、どちらも難しいという
場合も多くあると思います。

そんな時は、パートナーや家族だけが
協力者ではないと考えてみて下さい。

後にもご紹介していますが、看護師さんや保育士さんだけでなく
保育資格のあるシッターさんやメイドさんが
協力者となる場合もあります。

ちなみに筆者の場合は薬剤師さんが大きな存在です。

かかりつけの小児科の処方箋をいただく際に利用する
調剤薬局の薬剤師さんに、これまでも多く助けられてきました。

子供の体調不良ってママにとっては身体共にすごく辛いことですよね。

そんな時に気軽に相談できたり、適切なアドバイスを
いただけるそれはそれはありがたい存在です!

昔のように周りに頼るという価値観が薄れてきているとも
言える昨今ですが、手を差し伸べてくれる方や頼れる場所は
意外とさまざまあるんですよね。

たまには使ってみよう!!新生児の一時保育


例え、ストレスを感じることなく育児が進んでいたとしても、
リフレッシュは必要です。

美容室や骨盤矯正、マッサージなどママ自身のメンテナンスとも
言える場所へは最近赤ちゃん連れOKの所も多くなってきました。

でも、たまには赤ちゃんと離れて1人で
リフレッシュしてみたいことだってあります。

そんな時、必ずしも家族にみててもらえる環境とは限りませんよね。

困ったママに心強いのが一時保育。

自治体によっては新生児でも一時的に
預かっていただける場合もありますので
ぜひ一度確認してみて下さい。

認可保育園、無認可保育園で可能な場合があるだけでなく、
一時預かり専用の保育室やシッターさんなども存在し、
料金は実にさまざまです。

後ろめたさを感じるママも多いようですが、そんな事はありません!

日々の育児にとって、ママが心身ともに
健康でいることが何より大切です。

日頃頑張っているご自身をきちんと労わってあげることは
お子さんの為に必要なことだと思います。

お子さんにとっても、ママ以外の方との関わりは
良い経験となることでしょう。

もちろんお子さんの体調の良いタイミングで
利用することが前提です。

スポンサードリンク

まとめ

一時預かりではなく、ママが赤ちゃんと同じ空間に
いながらにして赤ちゃんのお世話をお願いできる
メイドサービスも存在します。

中には、まずは1回!と気軽にお願いできるシステムもあります。

また、ママが赤ちゃんと過ごしている間に
お家の中のことをお願いすることも可能です。

例えばメイドサービスの場合、3時間程度で6000円程度から
お願いできる所もあるようです。

家事代行サービス専用の会社も今はいくつもありますよね。

利用したい時間や内容によって時間や定期的な依頼もできます。

手頃な価格から利用できますので、心強い存在として
確認しておくと良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする