育児中のイライラ聞いて!実は夫が一番のストレス!

スポンサードリンク

育児中は何かとイライラしてしまうことがありますが、
その原因の1つが「夫」ではないでしょうか。

家族よりも自分のことばかり優先にしていたり、
家事・育児を必死になってこなすママを
ねぎらってくれなかったり・・・。

いちいち、あれこれを指示しないとできないパパはダメパパなの?

いいパパの指標は?

いい夫・いいパパになって欲しいけど、
どうしたら良いのか悩むママ必読です!

あれこれ指示しないとできないパパはダメパパ!?


指示待ち夫(パパ)、という言葉を聞いたことがありますか?

ママがお願いしたこと、指示したことしかやらない夫、パパのこと。

ママがお願いしたことはやってくれるけど、
自分からは動いてくれない・・・。

ママにとっては
「言わなくても、ちょっと考えたら分かるでしょ!?」と思っても、
すすんで動いてはくれないパパ。

パパにとってみれば、
・忙しそうなのは分かるけれど、具体的に
何をしたらいいか分からない

・良かれと思ってやっても文句を言われたり、
手直しされたりするからイヤ

といった理由から、ママに言われたことだけをする
「指示待ち夫」になってしまうようです。

子育てについては、ママとパパで意識や考えの差が
あることも原因のひとつ。

ママは妊娠中から子どもと一心同体のように過ごしていますが、
対してパパはなかなか自分が「父親」であるという
気持ちがついていきません。

そのため、育児に対してどこか他人事であったり、
ママがするものと思い込んでいたりします。

ママだって、初めからなんでも出来た訳ではないですが、
そういったズレが原因となって「ママがやった方が早いから」
「ママの方が上手だから」「赤ちゃんにとってママが一番でしょ」
と一歩引いてしまうようです。

ですから、夫に「自分は父親になったんだ」という
自覚を持ってもらうには、積極的に子育てを
やってもらうのが一番です。

育児はママ・パパふたりが協力して行うもの。

パパもやって当たり前。それがパパの役割だと分かれば、
自然と子どものいる暮らしに馴染むようになります。

子供目線!いいパパの指標は?


子どもがママに求めるのは「安心感」、
そしてパパに求めるのは「楽しいこと」です。

ママはいつも一緒にいてくれて、安心できる安らぎの存在です。

怖いとき、不安なとき、多くの子はママに泣きつくように、
ママには安心感を求めます。

一方パパには、たくさん遊んでくれる人、
楽しいことをしてくれる人、という
特別な期待感や思いがあるようです。

子どもにとってはたくさん遊んでくれる、
それだけでもいいパパかもしれませんが、
ママはそれだけではちょっと・・・と思いますよね。

遊ぶこと、楽しいことをするだけが父親ではないですから、
良いパパの指標を4つご紹介します。

*子どもに対してママと同じ気持ちをもっている
ママが子どもを「かわいいな~」と思ったとき、
成長を感じたとき、それをパパが同じ様に感じてくれたり
喜んでくれたりすると、とっても嬉しいですよね。

ただ、過ごす時間が短いパパは子どもの様子をあまり知りません。

けれど、知っているとその可愛さや喜びが分かってきます。

ですから、毎日子どものことをパパに話してあげましょう。

「◯◯ができるようになった」「こんな仕草が可愛かった」
と話していると、パパも子どもの様子を覚え、
変化にも気付きやすくなります。

パパも子どものことを知れば知るほど、我が子が可愛く思え、
子どもに関わるようになります。

*子どもとしっかり遊ぶ
短い時間でもしっかり遊んでくれれば子どもは喜びます。

しかし、気まぐれで遊んだり遊ばなかったり、
テレビを見ながら、携帯を見ながら相手をしたり・・・。

そういった遊び方では「パパはつまらない」と思われてしまいます。

しっかりと子どもと向き合って、子どもの心をつかむような
楽しい遊びをしてあげましょう。

遊びといっても難しいことではなく、絵本を読む、
いないいないばあ、高い高い、公園遊びなど
簡単なことでしっかり遊ぶことが大切です。

*基本的なお世話ができる
パパが子どもがいる生活に慣れたら、
簡単なお世話をお願いしてみましょう。

おむつを替える、着替えさせる、ミルクを飲ませるなど、
実際に子どもの世話をすることでパパも
「子育てをしている」という実感をもてます。

その時、たとえ赤ちゃんが泣いたり、少し失敗してしまっても
責めずに、「私もよくやっちゃうの」などフォローをしましょう。

ここで責めたり文句を言ってしまうと、
二度とやってくれなくなってしまいます。

最初のうちは簡単なことからお願いして、
少しずつステップアップしていくといいですね。

*しつけもしっかりやる
子どもと遊んでばかりで、しつけをしないパパはNGですね。

しつけと言っても叱ることだけがしつけではありません。

パパならではの遊びやアイディアを取り入れて、
子どものしつけをして欲しいですね。

そしてもちろん、本当に危ない時、危険なことをした時には
ビシッと叱りましょう。

子どもを注意する時は、しっかり子どもの目を見て、冷静に、
何がいけなくて、どうしてダメなのかを
しっかり説明することが大切です。

遊ぶときは楽しく、怒るときには子どものことを思って
注意する、それが親子の信頼関係へとつながっていきます。

スポンサードリンク

まとめ

子どもにとって家庭環境はとても大事です。

子どもは一番長く一緒にいるママのことをとても信頼しています。
パパとママの仲が悪いと、パパのことを
「ママを悲しませる人」と認識してしまいます。

ママもパパの悪口を子どもの前で言うのもNGです。

ママとパパの関係性も大事にしましょう。

ママとパパがいつも笑顔でいられる関係性・・・。

そんな親の姿を見ることで子どもも安心します。

ママだけが頑張っても、イライラが増えてしまうだけです。

家族としての絆も育ちません。

パパが育児により積極的に関わるにはママの声掛けが大切です。

男性は任されると張り切ります。

夫を良いパパにするのもママの関わり方次第かもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする