幼稚園の運動会で目印はどうする?うちの子を一瞬で見つける方法!

スポンサードリンク

幼稚園に入園して初めての運動会!
子供もパパ・ママも(おじいちゃん・おばあちゃんも!?)楽しみ
ですね。
当日に備えて、ビデオやカメラも充電バッチリ!
そして、いざ運動会の父母席についてみると…「あれ?うちの子
どこ?」
ってこと、ありますよね!
何しろ、みんなが同じ格好・同じ帽子姿です。
そんな時のために、みんなどうやら帽子に目印をつけているよう
なんです。
園によっては、どんどんエスカレートしてしまい、「やりすぎ禁止
令」が出ているところもあるとか。
幼稚園の運動会で、いかに我が子を見つけやすくするか!?
帽子のアレンジ以外にも、色々なコツをご紹介しますね!

幼稚園の運動会ってどんな感じ?

スポンサードリンク

幼稚園の運動会は、春か秋に開催されます。
園によって開催日が異なり、春だと5月下旬~6月下旬、秋だと
9月上旬~11月上旬くらい。
体育の日に合わせて行う園もありますね。
運動会の始まる時間は大体9時くらい。

終わる時間は園によってさまざまで、お昼で終わるところもあれば、
小学校の運動会と同じくらいに終わるところもあります。
ほとんどの園で、まだ身体の小さな年長さんは午前中の競技が中心。
午後からは年長さんたちの、少しダイナミックな競技が見られるの
が特徴でしょう。

また、父母参加の競技が多いのも幼稚園ならでは。
子供と一緒に参加する競技と、父母のみ参加の競技があるところが
多いようです。
子供達もパパやママとの競技を楽しみにしています。
そのためにはパパやママも上下ジャージやトレーニングウェアとまではいかなくても、
動きやすい恰好の方がよいですね。
パパはポロシャツやTシャツに、ボトムはチノパンやジーンズなど。
ママも、シンプルなTシャツにボトムはパンツで。
足元はスニーカーが一番ですね。
日焼け防止や気温の調整用に、帽子やパーカーなどの羽織ものは
必須です。
運動会の翌日は顔が真っ赤!なんてことにならないように、気を付け
たいですね。

幼稚園の運動会の一般的なプログラムは、次のような感じです。

1. 入場行進
2. 開会式
3. 準備体操
4. 競技(かけっこ・玉入れ・大玉ころがし・つなひきなど)
5. 親子競技(障害物競争、フォークダンスなど)
6. 集団競技(ダンスやよさこいなど)

昼休息(お弁当タイム)

7. 年長の競技
8. 保護者競技(つなひきや玉入れ、保護者のリレーなど)
9. リレー
10.閉会式

そのほかに、園児のきょうだいや来年度入園予定の子が参加できる
競技やおじいちゃん・おばあちゃんが参加できる競技、卒園生(小
学生)が参加できる競技を用意している園もありますよ。

団体種目でも大丈夫!我が子を見つけるコツ

運動会ではクラスの子たちはみんな同じ体操服・同じ色の帽子なの
で、我が子を見るけるのが大変です!
そこで、帽子に一工夫。
目印になるようなものをつけましょう!

キャラクターのワッペンやママ手作りのワッペンなどが定番です。
ほかには、女の子だとビーズや小さなお花・リボンをつけたり、
日よけ部分にレースを縫い付けたり。
男の子だとキャラクターの顔や仮面などを手作りしたり。
頭の上に何かがついていると、見つけやすいということで、ポン
ポンや大きなリボン、葉っぱ、ネコの耳やオニの角など、皆さん
いろんなアレンジをしているようです。

帽子だけではなく、他にも目立つようにできるのが、靴下と靴。

靴下は短めのものをはいている子が多いので、
ハイソックスや目立つ色にすると見つけやすいです。
ハイソックスは長いので、子供にはちょっと暑い思いをさせてしま
うかもしれませんが、親にとってはとても見つけやすいですね!
また、赤やピンクなどの派手な色や、大きな水玉や太目のボーダー
なども目立ちます。
女の子だと、フリフリやポンポン、リボンをつけるのもアリ。
濃い目の色に白やピンクなどのアクセントをつけると、見つけやす
いですよ。
金額的にも安いし、アレンジもしやすいので、靴下でわかりやすく
するのはオススメですね!

靴下よりは高価になってしまいますが、運動会用に靴を新調する
予定があるなら、蛍光色がオススメ!!
黄色や黄緑、オレンジなどの蛍光色のスニーカーは、とても目立ち
ます。
また、見た目もスポーツ選手のように格好いいので、周囲の子から
の注目も浴びてしまうかも!?

ゼッケンをアレンジしてもよいのであれば、面積も広いので目立ち
ますね。
子供が気に入ったものを一緒に選べば、喜んでくれますよ!

私の子供の場合は保育園でしたが、ゼッケンは名前を入れて各家庭
で作ってくださいと言われました。
私はあまり深く考えず、薄いピンクのギンガムチェックに真っ赤な
フェルトで名前をつけ、隅にリンゴやイチゴのアップリケをつけ
ました。
運動会当日、ほかのお子さんたちのゼッケンを見てびっくりしま
したよ~!
達筆な筆文字風に名前をつけ、ゼッケンの柄も竜だったり、ゼッ
ケンの周りをレースで縁取りし、名前もすごく凝ったアレン
ジをしてあったり…と力作ぞろいでした。
これだけ凝っていれば、絶対に自分の子だとわかるなぁと感心し
たものです。

また、女の子ならではですが、髪形で他の子と差をつけることも
できますね。
結んだ髪に、目立つ色のリボンをつけるだけでも違いますし、
リボンを編み込んでしまうという手もあります。
あんまりやりすぎると、「運動会向きじゃないよね」とひんしゅくを買ってしまうことになるので、
あくまでもシンプルに動きやすい髪形でわかりやすくしましょうね。

まとめ

初めての幼稚園の運動会は、しっかりとビデオに残したいし、目に
焼き付けておきたいですよね。
でも、肝心の我が子を見つけられないと、どうしようもありません!
幼稚園のうちは、まだ人数もそんなに多くないので、帽子や靴下、
靴、髪形など、いろんな工夫で見つけやすくすることができると
思います。
アレンジする過程で子供の意見もどんどん取り入れて、子供のやる
気もアップさせちゃいましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする