雨の日の保育園の送り迎えはどうすればいいの!?

スポンサードリンク

梅雨の季節になりました。

ワーキングママが、日々頭を悩ませている、子供の保育園への送迎。

職場と保育園、自宅が離れていたり、きょうだいで別々の保育園だ
ったりすると本当に大変です。

また、保育園の送迎では、お昼寝布団や着替え、使用済みオムツなど
荷物が多いもの。

雨に降られてしまったら、たくさんの荷物を抱えつつ子供には抱っこ
をせがまれ、傘をさすこともできません!

そんな雨の日の保育園の送り迎えを、みんなどうやってこなして
いるんでしょうか?

先輩ワーキングママ達の雨の日の送迎経験談


先輩ワーキングママによると、雨の日は動きやすいように、自分も
子供も「カッパ・長靴」スタイル!

傘をまだ上手にさせない低年齢の場合や、ママも子供に気を配る
余裕がない時には、「カッパ」は大活躍です。

下の子が小さい場合には、抱っこ紐に取り付けられるタイプのカッ
パもあります。

また、先輩ママの共通意見として「雨の日は濡れてもしょうがない
!」という割り切りも大切
だそうですよ。

大人にとっては憂うつな雨も、子供にとっては珍しくて楽しいもの。

わざと濡れてみたり、水たまりにジャンプしたりして、ママの濡れ
ないための努力が水の泡…なんてことはよくありますよね。

濡れることを前提に、バスタオルや着替えの準備をしておいた方が
いいでしょう!

雨の日は、傘をさす練習をしたり、晴れの日にはできない遊びをでき
たり、濡れたら気持ちが悪いと言う経験をしたりする機会ととらえ、
「濡れないようにしなきゃ!」と必死にならない方が、ママの精神的
にもよいかもしれません。

また、送迎タイムは確かに大変ですが、貴重な親子の時間とも言え
ます。

例えば、雨の日の歩き方や傘のさし方、傘をさしている時のほか
の人とのすれ違い方を覚えられるのはこんな時です。

「前から人が来たら、止まって道をあけようね」

「傘が人にぶつからないように気を付けようね」

「バシャバシャ水たまりを歩いて、ほかの人に水をかけたらダメ
だよ」

そんな風に、親子のコミュニケーションを楽しみつつ、マナーを
覚えるには絶好の機会!

「雨の日」のマイナス面ばかり考えると「大変」でしかありませ
んが、プラス面も考えると「いい機会」になります。

風邪をひかないように、濡れた後の対策だけはちゃんとして、
「ちょっとくらい濡れてもいいや~」と気楽に考えてみてはどう
でしょうか。

雨の日の送迎に便利なグッズ!


車で送迎できれば困ることはありませんが、そうでなければ徒歩か
自転車ということになりますね。

雨の日の送迎のために便利なグッズがありますので、ご紹介しま
しょう。

雨の日に自転車で送迎するとなると、カッパと長靴は必須アイテ
ム。

でも、子供はいいですが、普通のカッパで自転車をこぐと、顔や
バッグがびしょぬれになってしまいます!

そんな時に便利なのが、雨用のサンバイザーや自転車用のカッパ
です。

自転車用のカッパは、かごまで覆えるようになっているのでバッグ
を濡らさずにすみます。

また、フードもしっかりとしているので、普通のカッパよりも顔も
濡れません。

子供にもカッパと長靴はもちろんですが、チャイルドシート用の
カバーも必須アイテムです。

カバーをかければ、子供はほとんど濡れずに済むので安心ですよ。

雨の日の自転車は、道路も滑りやすいですし、子供を乗せていると
バランスも不安定なので、あまりオススメはできません。

でも、現実的にそれ以外に送迎方法がないママもいますよね。

雨の日に自転車で送迎する場合は、ゆっくりと安全運転ができるよ
うに、いつもよりさらに時間に余裕を持って家を出ましょう。

また、転倒した場合のリスクを考えて、子供にはヘルメットを着用
させた方がよいですね。

自転車に乗りながら傘をさすのは絶対に禁止です!
非常に危険ですし、法律でも禁止されているので、絶対にやめまし
ょう。

徒歩の場合、月齢が小さい子は抱っこ紐が一番です。

抱っこ紐につけられる雨よけカバーもありますし、抱っこ紐のまま
で着られるママ用レインコートもあります。

子供は濡れませんし、ママも普通に傘をさせるので、移動も楽です
ね。

抱っこ紐が無理な場合は、ベビーカーの出番!

ベビーカー用の雨よけカバーをつけ、ベビーカーに傘を固定するグ
ッズを使えば、ママは両手が使えるので、安心してベビーカーを
操作できます。

歩けるようになったら、カッパと長靴、レインハットで濡れない
ようにして、一緒に歩いて登園しましょう。

この場合は、子供の寄り道に時間をとられるので、いつもより時間
がかかることを忘れずに!

スポンサードリンク

まとめ

普段でも荷物が多くて大変なのに、雨の日はさらに移動が難しく
なりますね。

ママが憂うつになってしまうのも当然です。

でも、保育園の送迎は、その時は本当に大変な思いをしますが、
育児の中ではほんの一時なんです。

いざ「小学校へ入学するから送迎がなくなる」となったら、子供
との時間がなくなることに寂しくなったりします。

便利なグッズを利用しつつ、少しだけ気持ちと時間に余裕を持って、
子供と「雨の日」を楽しめたらいいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする