赤ちゃんの指しゃぶりは空腹が原因?やめさせた方がいいの?

スポンサードリンク

赤ちゃんの指しゃぶりをする姿は可愛いものですが、
やめさせた方がいいのかと心配になるママも多いようです。

昔は「愛情不足」「母乳不足」などが原因で、
指しゃぶりをすると言われていたため、
ママの親世代から言われて気にしてしまうこともあるでしょう。

けれども、最近では「赤ちゃんの指しゃぶりには理由がある」
と言われているそうです。
そんな赤ちゃんの指しゃぶりについて、解明していきましょう!

赤ちゃんが指しゃぶりはお腹が空いているから?

スポンサードリンク

指しゃぶりをしていると「お腹が空いてる」と思いがちですが、
空腹以外でも指しゃぶりをする理由はたくさんあります。

特に、新生児~生後4カ月くらいの赤ちゃんは、
近くに手があったから吸い付いただけ。
それが手であることもわからず、近くにあるものを、
無意識に
しゃぶっています。

5カ月を過ぎる頃になると、いろんな物に気づき、
口に持っていって確かめたりします。
また、ちょうど歯が生え始める時期なので、ムズムズした感じが嫌で、
指しゃぶりをすることもあります。

おもちゃをじーっと見ては口に入れたり、歯固めを渡すと、
ずっとしゃぶっていたりするのは、このような理由だったんですね。

新生児の頃は「吸啜反射」で指しゃぶりをしていたのが、
成長するにつれて「指」に対して「これはなんだろう?」、
「動いている!」と気がつき、興味を持ち始めます。

5カ月頃になると、物の形や大きさ、感触をしゃぶることによって確かめ、
目でも確認するようになります。
また、吸う以外の口の動きも知り、離乳食
の準備にもなっています。
指しゃぶりをすることで、口の筋肉を使っているんです。

最初は反射的な行動だった指しゃぶりが、だんだんと、
脳の発達に大切な役割を果たしている成長の過程だということが、
わかりますね。
つまり、赤ちゃんの指しゃぶりは自然なことなので、
無理にやめさせる必要はないんです。

お腹が空いてるわけでもないので、体重が増えていれば全く心配はいりません!
どんどん好奇心が旺盛になり、ハイハイやつかまり立ちをするようになると、
自然と指しゃぶりをしなくなっていきます。
両手を使う動作をするには、指しゃぶりが邪魔になってくるでしょう。

指しゃぶりはいつから?


赤ちゃんによっては新生児から見られる指しゃぶり。
実は、ママのお腹の中にいる時から、指しゃぶりをしている赤ちゃんは、
たくさんいます。

新生児の指しゃぶりは「吸啜反射」というもの
で、口に触れたものに無意識に吸い付く行動
母乳やミルクを飲むために、必要な動作なんですね。
お腹の中で指しゃぶりをしている赤ちゃんは、おっぱいを飲む練習をしていると、
言われています。

指しゃぶりは生後2~4カ月くらいから始まる子が多く、
1~2歳過ぎまではよく見られる発達過程なので、心配はいりません。
3歳頃までには、ほとんどの子がしなくなります。

3歳を過ぎても指しゃぶりをしている場合は、歯並びが悪くなったり、
クセになってしまうことがあるので、注意が必要です。
他のもの(遊びやおもちゃ、会話、おやつなど)に興味をそらすように、心がけましょう。

指しゃぶりはいつまで?

3歳くらいまでの指しゃぶりは、特に心配する必要はありません。
指にたこができてしまう子もいますが、指しゃぶりをやめれば自然に治ります。
ママがあまり神経質にならないように気を付けましょうね。
たくさんスキンシップをとり、安心感を感じられるように心がけてください。

3歳を過ぎ、歯並びへの影響が気になりだしたら、
指しゃぶりをやめさせた方がいいでしょう。
けれども、子供は指しゃぶりをすることで安心感を得ているので、
怒るのは逆効果です。
自然と指に意識がいかないように、手を使う遊びに気をそらしてあげましょう。
スキンシップを増やして、安心感を与えることも大切ですよ!
歯並び以外でも、一日中ずっと指しゃぶりをしている場合や、
爪が変形してきた場合は注意が必要
ですね。

指しゃぶりをやめさせるには、興味を他のことにそらすのが一番ですが、
どうしてもやめられない場合には、歯並びが悪くならないように開発された、
歯科医師が推奨しているおしゃぶりがあります。
普通のおしゃぶりでは、歯並びへの影響は変わりませんが、
こちらの商品は歯科矯正医との協力開発で、歯並びへの配慮がされています。
こういったものを利用しつつ、徐々に子供が「何かをしゃぶることで安心感を得る」状態
から卒業できるように、寄り添ってあげましょうね。

まとめ

新生児の指しゃぶりは生理現象で、全く問題
のないことがわかりましたね。
母乳不足でも愛情不足でもないので、ママは
何も心配はいりません。

「赤ちゃんの成長過程なんだ」「しゃぶって
どんな物かを確認しているんだ」と見守って
あげてください。
年齢が上がって、歯並びなどへの影響が気に
なり出した時がやめ時です。

どうしてもやめられない時は、小児科や歯科
のお医者さんに相談しながら、その子のペース
に合わせてやめられるように誘導してあげま
しょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする