歯固めはいつまで必要?歯ぐずり時期の5つの対策!

スポンサードリンク

生後6か月を過ぎると、歯が生え
はじめる赤ちゃんが増えてきます。

よだれが増えたり、何でもが
カジガジ噛みたがったりし始めると
その兆候かもしれません。

歯が生え始める時期は、
「歯ぐずり」という名前が付くほど
赤ちゃんがぐずぐず機嫌が
悪くなることがあります。

そんな歯が生えはじめる時期の
赤ちゃんへの対策を紹介します。

なんでも噛んだり、よだれが止まらなかったり…どうしてあげたら楽になるの?

歯が生え始める前の赤ちゃんは、
歯ぐきがむずがゆくなったり、
時には腫れて熱を伴う時もあります。

次のような症状は、
歯ぐずりの代表的な例です。

・よだれが多くなる
・口をモグモグしている
・タオルやおもちゃなどを噛む
・手や指を口の中に入れて
噛んだり、歯ぐきを掻く
・唇を震わせて唾を吐く
・寝つきが悪い
・食欲がなくなる
・機嫌が悪い
・夜泣きをする

このような様子が見られたら
「歯固め」を与えてみましょう。

歯固めとは、シリコンや木で
作られているおもちゃです。

赤ちゃんが口に入れても危険が
ないように作られています。

可愛いデザインのものや、
海外製のものなど
様々なものもたくさんあります。

赤ちゃんが口に入れるものなので、
使ったら洗ったり消毒をしたりするので、
選ぶときには「お手入れのしやすさ」
重視することをおすすめします。

凹凸が多いものだと、汚れが
落としにくかったりするので、
シンプルなものの方が
お手入れしやすいです。

また、歯固めを選ぶときには
「素材」も気をつけましょう。

天然ゴムや木などの自然のものなら
口に入れても安心です。

塩化ビニルでできた歯固めの中には、
有害性が指摘されている
「フタル酸エステル」が
使用されていることもあるので
選ぶときには注意しましょう。

歯ぐずりの対策!始まる時期と終わりについて教えて!!

歯ぐずりとは、歯が生え始める
生後6か月くらいの時期によく見られます。

乳歯は下の前歯から生え始めますが、
2本目が生えるまでの時期に
歯ぐずりがひどくなることもあり、
しだいにおさまっていきます。

また、奥歯の生えはじめる
1歳2か月~6か月くらいの間も
同じような症状が見られる場合があります。

歯ぐずりは徐々におさまっていきますが、
程度の差こそあれ、乳歯が生えそろうまで続く場合もあります。

歯固めだけではなかなか
おさまらないという時には、
次のようなことも試してみてください。

・冷やしたフルーツ
冷やしたバナナなど冷たいフルーツを、
離乳食フィーダーと呼ばれる容器に
入れて
赤ちゃんが舐めたり、
吸ったりできるようにします。

・冷たいおしぼり
ガーゼなどに水を含ませ、
冷蔵庫で冷やしたものを
赤ちゃんに噛ませましょう。

赤ちゃんが喉に押し込まないように、
必ず近くで見守ってください。

・金属スプーン
冷たいスプーンも歯ぐずりの赤ちゃんを落ちつかせるのに効果的です。
冷蔵庫で冷やしてあげるといいですよ。

・歯ぐきマッサージ
濡れたガーゼなどで、口の中を優しく
マッサージしてあげましょう。

ぐるぐると円を描くようマッサージ
するといいですよ。

・積極的に外出する
赤ちゃんの気持ちがまぎれるように、
積極的に外出するのもおすすめです。

ママの気分転換にもなりますよ。

この時期の赤ちゃんは、
よだれが沢山出るので
よだれかけをつけて赤ちゃんの服を
保護しましょう。

ただしよだれかけが濡れたままだと、
かぶれの原因にもなるので
こまめに取り換えて、清潔に保ちましょう。

腫れがひどい場合や、発熱を伴う時には
医師に相談しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

歯ぐずりが始まると、
歯が生えはじめるというサインです。

ぜひこの機会にガーゼや歯ブラシで
マッサージをするなど
お口の中をチェックする習慣を
つけていくといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする