立ち会い出産しなくてもできることはある!出産は夫婦で乗り越えよう!

スポンサードリンク

プレママ生活も後半を過ぎると、
どんな出産になるのか期待と
不安が入り混じってきますよね。

パパに立ち会ってもらうかどうかも
悩みどころの一つ。

パパの方も立ち会うといっても
ただその場にいるだけなのか、
何をしたらいいのかよくわからないと
考えている人も多いのでは
ないでしょうか?

今回はパパが出産に立ち会う時に
どんなことができるのか
立ち会わない時にどんなことが
できるのかまとめましたよ。

パパに立ちあってもらうも、
もらわないもどちらも正解はないけれど、
どうするか悩んでいるパパ・ママは
ぜひ参考にしてくださいね。

立会出産しないパパは?どう過ごしていたらいい?

出産に立ち会わないと決めているパパでも
可能なら病院へ付き添いに行くことを
おすすめします。

出産はいつ状況が変化するかわかりません。

順調に進んでいたお産が緊急
帝王切開になるということもあります。

手術になる場合は同意書などの
記入が必要になり、
陣痛中のママが一人でそれを行うのは
大変です。

立会をしないと決めているパパも、
病院へ付き添いママの心の支えに
なってあげましょう。

出産が無事終わったら、両親や親戚などに連絡するのもパパができることです。

誰に連絡するか、ママが連絡して
ほしい人など事前に確認して
おくといいですね。

立会出産するパパは?何ができる?ママは何をしてほしい?

筆者は2度のお産のどちらも
夫に立ち会ってもらいました。

その経験からこれはしてもらってよかったと思うものを紹介します。

・陣痛中そばにいてくれる
筆者も2度経験しましたが、
陣痛の痛みは言葉では言い尽くせません。

出産直前になると数分おきに
その痛みの波がやってきます。

痛みに弱いママはそれだけで心が
折れそうになるものです。

そんな時パパは何もできないかも
しれませんが、
傍にいて痛みに共感してあげてるだけでも不安が和らぎます。

・腰をさする、テニスボールなどで押す
陣痛の痛みを和らげたり、
いきみ逃がしをするため
腰のあたりをさすったり、
テニスボールで押したりするのも
パパに出来ることです。

ポイントは結構強めの力で押すこと。

強さや押す場所はママの指示があれば
それに従ってくださいね。

・ゼリー飲料やペットボトル飲料などを
用意する

特に初産の場合、出産までに時間が
かかることがあります。

出産は体力勝負ですが、陣痛中は
水分補給やエネルギー補給する
余裕がなくなってしまうママも多いです。

ゼリー飲料は水分とエネルギーを
同時に摂取できるのでおすすめですよ。

・ビデオ、カメラで記録を残す
出産のときの様子を記録に残すというのもパパでないとできません。

とはいっても出産の間中ずっとカメラを
構えられると
ママも落ち着かないので、
ここぞというタイミングで記録を
残してみてください。

筆者が後から振り返って
よかったなと思う写真は、
赤ちゃんが産まれた瞬間や出産直後の
体重測定などの様子でした。

ただし写真やビデオの撮影が
できるかは事前に病院に確認して
おきましょう。

最後にこれは立会をするしないに
かかわらず、
出産という大仕事を終えたママに
ねぎらいの言葉をかけることを忘れずに。

ママがゆっくり休めるようにサポートするのもパパの役目ですよ。

スポンサードリンク

まとめ

出産に立ち会うも立ち会わないも
どちらがいいということはありません。

大切なのは夫婦でどうしたいのか
話し合うということです。

その時パパにはママの気持ちを
聞き出すこと、尊重することを
大切にしてほしいです。

ママが「いいお産だった」と思えることが、その後の育児にも影響します。

出産をきっかけに夫婦の絆がさらに
深まることを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする