オムツのサイズアップのタイミングは?ベストの時期を見極めよう!

スポンサードリンク

赤ちゃんが産まれて初めての育児。

ミルクや母乳のあげ方、おむつの
お世話など何から何まで新鮮で
分からないことだらけのママも
多いのではないでしょうか。

特に一日何度も交換するおむつは、
つけ方はこれでいいのか、
もれないようにするには
どうしたらいいのか、
サイズはこれであっているのかなど
疑問も多いはず。

そこで今回はおむつの選び方に
ついて調べました。

新生児から乳児までのおむつ事情!体重やウンチを観察してみよう!

おむつのサイズと種類

テープタイプ
・新生児用(~5000g)
・Sサイズ(4~8kg)
・Mサイズ(6~11kg)
・Lサイズ(9~14kg)

パンツタイプ
・Sサイズ(4~8kg)
・Mサイズ(6~11kg)
・Lサイズ(9~14kg)
・ビッグサイズ(12~22kg)
(メーカーによってさらに
大きいサイズのものもあります)

新生児の標準体重は2500g~4000gですが、
もっと小さい赤ちゃんには
「新生児よりも小さい」サイズのオムツがあるメーカーもあります。

標準的な体重の赤ちゃんでも、おむつを
つけてみると大きく感じることもあり、
おしっこやうんちの漏れが気になる
ときには小さめのサイズを
試してみるといい
ですよ。

サイズアップのポイント

おむつにはそれぞれ使用できる
赤ちゃんの体重が書かれているので
選ぶときにはそれが一つの目安になります。

ただし体重はその範囲内でも
次のようなときには
おむつのサイズアップのタイミングと
考えましょう。

① 太ももやウエストに跡が残る
体重は同じでも体型は
赤ちゃんによって様々です。

テープタイプのものはウエストの
調節はできますが、太ももは調整が
できません。

太ももに跡が残るようなら
サイズアップのタイミングです。

パンツタイプのオムツはウエストも
調整できませんので、
跡が残るようだとか、苦しそうだと
感じたらサイズアップしてあげてください。

② ウンチやおしっこが漏れる
うんちやおしっこが漏れることが
増えてきたときは、
おむつをサイズアップすることで
解決することがあります。

特に生後3か月を過ぎ、ウンチの量が
増えてくると
後ろに漏れることが増えてきます。

そういう時にはテープから
パンツタイプのオムツにしてみるのも
おススメです。

パンツタイプのオムツはウエストに
ギャザーが付いているので後ろ漏れを
防いでくれます。

テープからパンツタイプへの変え時

赤ちゃんが寝返りを打つようになると、
それまでのようにおむつ替えの時に
じっとしてくれなくなります。

寝返りをする赤ちゃんを何度も
元に戻したり、
じっとしてくれるようにおもちゃで
興味を引き付けたりと
一日に何度も訪れるおむつ替えの度に
そんなことをしていたら、
ぐったり疲れてしまいますよね。

赤ちゃんがよく動くようになり、
おむつ替えが大変だと感じたら
パンツタイプに変えるタイミング
かもしれません。

パンツタイプのオムツなら、
寝返りした状態でもはかせることが
できます。

少しでも楽な方法を選んで育児を
するのも大切なことですよ。

男の子と女の子でおむつの種類は違うもの?大きくなったら分けるべき?

おむつには男の子用と女の子用のものが
あることを知っていましたか?

パンツタイプのLサイズから
男女別になるようです。

男の子用のオムツは前面に
吸収体が強化されていて、
前漏れを防ぐのが特徴です。

女の子用のオムツは真ん中の吸収体が
強化されていて、股もれを防ぐのが
特徴です。

Lサイズのオムツを使う頃になると、
一度のおしっこの量も増えるので、
男の子と女の子で漏れないように
吸収体の構造に変化をつけているようです。

また、オムツの男女の違いは、
デザインというメーカーもあります。

大きくなってくるとそれぞれ好みも
はっきりしてくるので、
デザインを別にすることで、
おむつの柄を選ぶ楽しみを
味わってもらおうということのようですね。

スポンサードリンク

まとめ

おむつ選びのポイントは、
赤ちゃんにとって快適であること。

そしてお世話する人が少しでも
楽に替えられるようなものを選ぶこと。

この2点がとても大切です。

筆者の子供たちは動き回る子供だったので、
早々にパンツタイプのオムツに
切り替えました。

コストはかかりますが、
一回一回のおむつ替えのストレスは
ずいぶん減りましたよ。

おむつメーカーも色々な工夫を
凝らして作っているので、
赤ちゃんと自分に合うおむつを
見つけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする