赤ちゃんがウンチやおならが出なくて苦しい!こんな時はどうしたらいいの?

スポンサードリンク

赤ちゃんの健康のバロメーター
でもある「うんち」

毎日おむつ替えをしているママは
その状態を気にしているのでは
ないでしょうか?

うんちの色や形状はもちろんですが、
そもそもうんちが出ないという
便秘の赤ちゃんも結構いますよね。

特に離乳食が始まると、
うんちも硬くなってくるので
便秘に悩むママも少なくないです。

うんちがでなくて苦しそうにしていたり、機嫌が悪かったりすると
何とかしてあげたくなりますよね。

そこで便秘に効く体操や、
便秘の改善方法を紹介します。

ウンチやおならが出る!赤ちゃん体操でまるまる解決!!

便秘とは便が硬くなり、
排便の回数が減ることをいいますが、
何日便が出ないから便秘という
明確な基準があるわけではありません。

離乳食が始まるととくに、
それまで一日何度も出ていたうんちが
数日に1回となることもあり、便秘かな?の心配になりますね。

便秘を疑った時には、排便の回数
だけではなく、次のこともチェック
していてください。

機嫌がいいか
食欲はあるか
お腹が張っているか

機嫌がよくて、食欲もあり、おなかが
張っている様子がなければ
排便が2,3日に1回でも
それがその子のペースと考えて
いいでしょう。

機嫌が悪かったり、食欲がなかったり、
おなかが張っているときは便秘のサイン。

そんなときはお腹のマッサージが
おすすめです。

の字マッサージ
赤ちゃんを仰向けに寝かせ、
おへそを中心に手のひらを乗せ、
”の”の字を描くように時計回りに
ゆっくりマッサージをします。

お風呂上りに行うと、血行が良くなって
いるので効果がアップします。

マッサージをする時には保湿クリームを
つけてあげると、
摩擦を防ぎ、赤ちゃんもリラックスする
ことができますよ。

自転車こぎ体操
赤ちゃんを仰向けに寝かせ、
足首からふくろはぎのあたりを持ち、
片足ずつ交互に曲げ伸ばしします。

「いち・に・いち・に」と
声をかけながらやってみましょう。

優しく触るだけで十分マッサージの効果はあるので、
力を入れる必要はありません。

マッサージをしながら笑顔で
話しかけたりと、
コミュニケーションを取りながら
やってみてくださいね。

体操以外にも効果のあること!食べ物・飲み物・運動を見直そう!

赤ちゃんの便秘の解消には、
マッサージだけではなく
食事や運動を見直すことも大切です。

離乳食が始まり、便秘気味に
なってしまった赤ちゃんは
食事を改善してみましょう。

食物繊維の多い食材や、乳酸菌の
含まれたヨーグルトなど
意識して取り入れてみてください。

食物繊維の多い食材は、
さつまいも、かぼちゃなどの野菜、
ひじき、わかめ、海苔などの海藻、
納豆、大豆などの豆類、
バナナ、いちごなどの果物です。

それから食事の中にオリーブオイル
取り入れるのも効果的ですよ。

オリーブオイルには便を柔らかくしたり、
腸を活性化させる働きがあります。

私は離乳食で「お焼き」を作るときに
オリーブオイルを使っていました。

また、離乳食が始まると、
だんだんと母乳やミルクの量が減り、
水分不足になる
赤ちゃんもいます。

便秘気味の赤ちゃんは特に水分を
意識してこまめにとりましょう。

はいはいやよちよち歩きなど動けるようになってきた赤ちゃんには、
充分に運動もさせてあげましょう。

この頃の赤ちゃんはとても
好奇心旺盛なので
目を離すとあぶなっかしいですが、
部屋を片付けて赤ちゃんが安全に
動けるように環境を整えましょう。

お布団で坂道をつくってあげるなど
動きたくなる工夫もするといいですね。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんが便秘かな?と感じたら
バランスの良い食事を心掛けたり、
赤ちゃんが思いっきり体を動かせるように環境を整えるなど
生活習慣を見直すきっかけに
してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする