妊娠中の妊娠線の疑問!いつからできる?いつから予防すべき?

スポンサードリンク

妊娠5ヶ月を過ぎ悪阻も落ち着き出す頃、
少しずつお腹も膨らんできて赤ちゃんが
お腹にいることを実感し始める時期ですね。

でも体型の変化で始めると
心配になるのは妊娠線。

聞いたことあるけど一体どこに
できるものなの?

できないようにするための対策はあるの?
と心配になりますよね。

そこで今回は妊娠線について解説します。

早めの妊娠線対策にぜひ役立ててください。

妊娠線ができ始めたら…先輩妊婦さんに聞きたい!どこにできて何色なの?

妊娠線はストレッチマークや肉割れ
とも呼ばれ、皮膚の内側にひびの入った
ような状態のことです。

そもそもどうして妊娠線が
出来るのかというと、何らかの原因に
よって真皮や皮下組織の一部が断裂することによってできるといわれています。

できやすい場所は、
・お腹
・胸
・腰からお尻
・太もも
・脚の付け根
・ひざの裏
などがあります。

お腹だけではなく体のいろんな部位に
出来るので要注意です!

色はでき始めは内出血のような
赤紫色をしています。

出産後しばらく経つと白っぽくなり肌色に
近くなりますが、
線自体が消えることはありません。

妊娠線でき始めは痛い?産後も残るか不安。妊娠線についてもっと知りたい!

妊娠線ができる時一般的には
かゆみを伴うことが多いようです。

それは肌の乾燥が原因とも言われています。

まれに「ピリピリ」「ひりひり」といった
痛みを感じる人もいるようですが、
ほとんどの場合は気づいたらできていた
ということが多いです。

それまで妊娠線はできていなかったのに
出産直前で急にできるということもあります。

残念ながら一度できてしまった妊娠線は
産後も消えることはないので、
妊娠中にしっかりケアをしておきましょう。

妊娠線ケアのポイント1
「急な体重増加をおさえる」
妊娠中の体重管理はとても難しいですが、
急な体重増加は妊娠線が原因となります。

規則正しい食生活を送ることは
妊娠線の予防に大切だと言えそうですね。

妊娠線ケアのポイント2
「便秘やむくみの予防をする」
便秘やむくみは体内のめぐりが
悪くなっているという証です。

体の恵みが悪いということは肌に
必要な栄養が送られていかないことになり
肌が弱ってしまう原因となります。

そうした状態が続くと妊娠線も
できやすくなります。

妊娠中は体を動かすことも
少なくなりがちですが、
適度な運動を心掛けて便秘を解消しましょう。

妊娠線ケアのポイント3
「保湿ケアを行う」
肌が乾燥していしていたり、
乾燥によって皮膚が硬いと
お腹の成長に引っ張られて妊娠線が
できやすくなります。

保湿クリームを使って乾燥を防ぎ、
おなかを柔らかい状態にして
おくことが大切です。

オイルやクリームを塗るときは
軽くマッサージをすると血行が
良くなり効果的です。

ただし強すぎるマッサージは禁物ですよ。

すでに妊娠線ができている方も、
これ以上悪化させることがないよう
ケアすることはとても大切です。

妊娠中に丁寧にケアしたことで、
妊娠線が消えたり薄くなったり
することもあるようです。

あきらめずに毎日のケアを続けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

妊娠線を予防するためには、
・保湿を行うこと
・体重増加や緩やかにすること
・体のめぐりをよくすること
の3つのポイントをぜひ守ってください。

そのためには生活習慣も
ぜひ見直してみてください。

妊娠中は食の好みが変わったり、
食欲が増したり、運動不足になったり
しがちですが、規則正しい食生活や
運動の習慣を心掛けることは、
赤ちゃんのためだけではなく、
ママ自身の体にとっても必要なことです。

赤ちゃんが産まれると自分の体のケアは
どうしてもおろそかになってしまうので、
妊娠中は自分の体と向き合って、
赤ちゃんが産まれるまでの10カ月を
大切に過ごしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする