葉酸は産後も必要?飲み続けた方が良い理由とは?肌荒れにも効果テキメン!

スポンサードリンク

妊娠中に、雑誌やサイトなどから情報を得て、
葉酸サプリを飲み始めるママは多いと思いま
す。
お腹の赤ちゃんが成長する時に、葉酸が必要
なことは、だいぶ知られてきましたね。
でも、実は産後のママの体にも、葉酸が必要
なんです!
産後も葉酸を摂取することで、どんな効果を
得られるのかをまとめてみました。

産後ママへの葉酸の効果~赤ちゃんへの栄養~

スポンサードリンク

葉酸はビタミンB群の一つで、妊娠中は赤
ちゃんの細胞を作るのに欠かせません。
また、葉酸は造血作用や血流をよくする作用
があります。

妊娠中は貧血になりやすいので、鉄分と共に
葉酸摂取が必要と言われています。
産後のママの体にも、この造血作用や血流を
よくする作用はとっても重要です!
なぜかというと、母乳はママの血液から作ら
れるから

生まれたばかりの赤ちゃんは、母乳やミルク
からしか栄養を摂取できません。
お腹の中でも、生まれてからも、赤ちゃんが
すごいスピードで成長していくのは、細胞
分裂がどんどん行われているからです。
細胞分裂に必要な葉酸を、赤ちゃんは母乳や
ミルクから摂取します。

そのため、栄養たっぷりの質のよい母乳を
作るためにも、授乳期のママも葉酸の摂取が
必要になります。

厚生労働省では、成人女性に必要な一日の
葉酸摂取量を240μgとしていますが、
授乳期のママにはプラス100μgの摂取を
推奨しています。
粉ミルクにも、もちろん葉酸が含まれていま
すよ!

産後の肌荒れにも効果あり!葉酸の効果~ママの体~

赤ちゃんを生みだすことは、とっても大変!
当然、ママの体への負担も大きく、子宮自体
もダメージを受けます。
産後はそんなママの体を、元に戻し回復させ
てあげる必要があります。
そのためにも、葉酸が大切!

葉酸は、細胞分裂や細胞の再生を助ける作用
があるので、ママの体を早く回復させてあげる
ことができるんです。
また、妊娠から出産、産後とママの体内では
どんどん大きな変化が起こっていて、ホルモン
のバランスも崩れやすくなっています。
ホルモンバランスの乱れがひどくなると、
マタニティブルーや産後うつになってしまう
可能性もあります。
葉酸にはホルモンバランスを整える作用もある
ので、これらを予防する効果も期待できるんで
すよ。

さらに、「細胞分裂を促進し、新陳代謝を活発に
する」作用は、産後によく見られる抜け毛や肌
荒れ、便秘などにも効果的!
私も産後は、髪の毛がたくさん抜けたり、
体中の皮膚がカサカサになって、粉のように
ボロボロ落ちてくるという経験をしました。
こういった症状への不快感から、気持ちも
どんどん憂うつになってしまいました。
だって着替えや授乳のたびに落ちた皮膚
まみれになったり、髪を洗うたびに大量に
抜け毛が出るんです。
「ずっとこのままだったらどうしよう」って
考えたら、落ち込みますよね。
その頃は、ホルモンバランスなどの産後の体
の仕組みなんて知らなかったので、ただたた
不快で不安でした。
葉酸も、妊娠中だけでよいと思っていたので、
産後はサプリもやめてしまってたんです。
今になってみると、「葉酸をとっていれば少し
は症状がよくなったかも」と思いますね。

抜け毛には葉酸だけでは不十分です。
それは頭皮環境も改善していく必要があるからです。
産後の抜け毛で悩んでいる方は、特に気をつけた方が良い抜け毛のタイプなどを別の記事にまとめましたので、
是非チェックしてみて下さい。
産後の抜け毛で特に注意するべき3タイプ

葉酸の上手な摂り方


① 葉酸がたくさん含まれている食材を食べる
枝豆やアスパラガス、ブロッコリー、ほうれ
ん草、水菜、小松菜などの野菜は食事にも取り
入れやすく、葉酸が豊富な優秀食材!
果物だったら、イチゴ、アボガド、マンゴー、
ライチなど。

他にも、納豆やきのこ、焼き海苔、海藻類、
ナッツなどにも、たくさん葉酸が含まれて
います。
妊娠中は、ビタミンAを多く含んでいるため
控えていたレバーやウナギの肝も、産後は
積極的に取り入れたい食材ですね。

② 葉酸サプリを飲む
毎日の食事の中で、必要な葉酸の量を摂取
するのはなかなか大変です。
そんな時はサプリメントの出番!
ポイントは、1粒で必要量を全部摂るのでは
なく、数粒飲むことで必要量が摂取できること。
その方が、食事との調整ができるので、過剰
摂取を予防できます。
最近では、ヘム鉄も一緒に含まれている商品も
多く、産後の貧血対策のためにもぜひ活用したい
ですね。

まとめ

産後のママにとっても重要な栄養素、葉酸!
特に、ママの体調が回復し、赤ちゃんが卒乳
するまでの間は、しっかり摂ることを心がけ
たいですね。
もちろん、葉酸は妊娠中や授乳中だけ必要な
わけではありません。
男女や妊娠の有無、授乳の有無に関わらず、
人間の体にとって必要不可欠です。
サプリなどを活用しながら、上手に摂取して
いきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする