クリスマスでのプレゼント交換は簡単手作りで!子供に大ウケするアイテムは?

スポンサードリンク

12月に入ると子供たちの
楽しみなクリスマスですね!

児童館や自治体、小学校、学童など、
あちこちでクリスマス会が開かれます。
もちろん、ほとんどのおうちでも
クリスマスにはパーティをするでしょうから、子供たちは何度も楽しめる
嬉しい季節でしょうね。

クリスマス会で欠かせないのがプレゼント!!

子供同士が集まるクリスマス会では、
プレゼント交換が定番です。
何が当たるのかな?
自分のプレゼントは誰にいくのかな?
そんなワクワク・ドキドキ感も楽しいもの。

交換用のプレゼントは、500円以内などと
金額が決めて購入する場合と、
各自で手作りをする場合があると思います。

今回は、簡単に作れる手作りのプレゼントを
ご紹介しましょう!!

クリスマスにプレゼント交換するのはなぜ?

スポンサードリンク

ママ自身が子供の頃も、クリスマスには
当たり前のように、プレゼントが
もらえたのではないでしょうか?
でも、クリスマスにプレゼントを贈るのは
どうしてなのかは、意外と知られていませんね。

クリスマスと言えば、
イエス・キリストの誕生日。
クリスマスプレゼントも、キリストの
誕生の際の出来事が由来となっています。
聖書の中で、誕生したキリストを
探し求めていた3人の占星術師が登場します。
彼らはキリストの誕生を待ち望んでいました。
そして星の導きにより誕生した
ばかりのキリストを見つけます。

彼らは誕生したキリストに、
黄金と乳香(フランキンセンス)、
没薬(ミルラ)などの香料を贈りました。
乳香も没薬も木からとった樹脂で、
古代エジプトから使われていた
よい匂いの薫香料で、黄金同様に、
当時のイスラエルでは高価なものでした。

クリスマスにプレゼントを贈る習慣は、
聖書のこの部分が由来になっていると、
言われています。

さて、クリスマスがキリストの誕生日なら
「キリストにバースデー・
プレゼントをあげないの?」
と思うかもしれませんね。

キリストは「わたしの兄弟である
これらの最も小さい者のひとりにしたのは、
すなわち、わたしにしたのである」
(マタイにより福音書25章40節)
と言いました。

つまり、困っている人を助けたり、
誰かに優しくしたりすることは、
キリストに対してしていることになる、
キリストに贈り物をしていることと同じである、という意味なのです。

あなたや誰かが周囲の人にプレゼントを
贈るということは、キリストに
バースデー・プレゼントを贈る
ということでもあります。

身近な人に贈り物をすることで
お互いを思いやる…
こうして、プレゼントを交換することが
習慣化されてきたと言われています。

とても素敵な由来があったんですね。

子供でも作れちゃう!!簡単な手作りプレゼントの作り方

手作りのプレゼントとは言え、
もらってガッカリされてしまうようなものだと、
作った子供もしょんぼりしちゃいますよね。

ここでは、簡単にできて、もらった相手も
喜んでくれるようなクリスマスプレゼントを
紹介していきたいと思います!

① ポンポングッズ

シンプルで簡単な毛糸で作るポンポンは、
作った後のアレンジ次第で
いろんなものになります。

100円ショップでポンポンを作る
キットも売っているので、
そちらを使ってもいいでしょう。

できたポンポンは真ん中を結ぶヒモを
長くしておけば、それだけでも
かわいいストラップになります。

フェルトで作った耳や目、鼻、口を
手芸用ボンドでつけて、動物の顔に
してもかわいいですよ!

いろんな色や大きさのポンポンを使って、
リースやツリーを作るのもいいですし、
2つつなげて雪だるまにしたり、
カップケーキ用の紙容器に入れて
お菓子にしたりと、相手の年齢や
好みに合わせていろんなアレンジができます。

② まつぼっくりのツリー、リース

ツリーの場合は土台にペットボトルのフタ、
リースの場合は段ボールを切って土台にします。

まつぼっくりは大小たくさん拾って乾かし、
スプレーで着色しておくと可愛いです。

ツリーはペットボトルのフタに、
大きめのまつぼっくりを張り付け、
ビーズやスパンコール、小さなリボン、
フェルトボールなどで飾り付け。

キラキラした折り紙やモールを細かく
切ったもの、キラキラのシールなども
オススメです。

リースは土台の段ボールに、どんどん
まつぼっくりをボンドで張り付けていきます。
どんぐりなどの木の実をつけてもいいですね。

100円ショップで売っている
ツリー用のオーナメントなどで飾り付けし、
大きめのリボンをつけ、壁にかけられるように
ヒモをつければできあがりです。

材料費もあまりかからず、張り付けて
いくだけで簡単に作れるのに、
とっても見栄えよく素敵に仕上がります!

③ くるみボタンの髪飾り・マグネット

100円ショップのくるみボタンを作るキットを使えば、
簡単にできます。

ポイントは布選び。

ギンガムチェック、水玉、無地などが
いいでしょう。

無地のものには、リボンやレース、
パールビーズなどをつけて
アレンジすることもできます。

できたくるみボタンに髪ゴムを通して結ぶか、パッチン止めや大きめのヘアピンに
付けても可愛いですね。

小さな磁石を、ボンドで後ろに張り付ければ、マグネットにもなります。

女の子には人気が高いプレゼントですよ。

④ 手作りキャンドル

ろうそくを溶かしたものに削ったクレヨンで
色づけし、紙コップや吸入パックの型に
流し込みます。

真ん中に芯(たこ糸)を入れるのを忘れずに!

色をつける時に、全体を色づけしてしまわず
マーブル模様にしたり、複数の色のロウを
作って順番に型に入れたりと、
オリジナルのキャンドルを作れます。

⑤ フォトフレーム

100円ショップで売っているシンプルな
フレームに、クリスマスらしく松ぼっくりや
木の実、リボンなどを張り付けて
デコレーションするだけ。

紙粘土でモチーフを作ったり、くるみボタンを作ったりして、
張り付けてもよいですね。

くるみボタンはクリスマスカラーの
赤や緑をベースに、黄色や白などを
指し色にすると素敵です。

⑥ ミサンガ

ミサンガも100円ショップでキットが
売っていますし、自分で作るのも
難しくありません。

使う紐の色の組み合わせで、可愛らしいものも
男の子向きのものも作れます。

何本かセットにして、透明な袋に入れて
プレゼントにするといいですね。

⑦ プラ版のクリスマスオーナメント

プラ版にクリスマスツリーやクリスマスブーツ、リース、
雪だるまなどを書いて色を塗り、
パンチで穴を1つ開けて、
オーブントースターで加熱。

取り出したら、冷めないうちに板などで
おさえてソリを直します。

ビーズやスパンコールなどでデコレーションし、
穴に細いリボンを通せば出来上がり!

ポイントはプラ版で書く絵はシンプルにし、
加熱後のデコレーションで仕上げること。

キラキラした星のモチーフなどをつければ、
プラ版とは思えない素敵な
オーナメントができますよ。

まとめ

手作りのプレゼントと言われると、
ママも「どうしよう!?」と
困ってしまいますよね。

金額を決めて買った方が楽なのに…
なんて考えてしまいませんか?

でも、
「誰かのためのプレゼントを手作りする」って、
子供にはなかなかない機会です。

相手が喜んでくれるものを自分の手で作る
ことは、図工の時間に作るのとは全く別もの。

自分だったらどんなものをもらったら
うれしいだろう?

女の子だったらどんなものがいいかな?
男の子はどんなものがいいかな?
これだったら実際に使えて喜ばれるかも!

そんな風に考えることが、
「相手のことを思いやる」ことに
つながっていくんだと思います。

また、親子であれこれ相談しながら、
作るものを決めたり、必要なものを
準備したりするのも楽しい時間です。

上手にできたら、
「パパにも作ってあげよう!」
「おじいちゃん、おばあちゃんにも!」なんて、
盛り上がっちゃうかもしれませんよ!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする