【七五三の着物】購入とレンタルってどっちがお得?!

スポンサードリンク

子供の成長を祝う七五三は、
ママにとっても一大イベント!

お参りだけではなく、着物や袴などの晴れ姿を、
写真に撮っておきたいものですよね。

でも、この七五三の着物のことで
悩んでいるママは、とっても多いんです。

ママやパパの着物が大事に保管してあって、
それを着せる場合はいいのですが、
着物を持っていない場合は、
レンタルにするか購入するか…。

購入するとなるとかなり高くなりそうだけど、二人目の子供や、
大事に保管すれば孫の代で
使うこともできるかも…
二人目の性別も今からわかるわけじゃないし、やっぱりレンタルの方がいいのかな…

そんなママの悩みを解決するのに、
七五三の衣装の購入とレンタル
について比べてみましょう!

七五三の写真撮影で人気の衣装

七五三はお参りだけではなく、
記念写真の撮影をする場合が多いですね!

節目の年齢の晴れ姿は、
やっぱり残しておきたいもの。

写真館でも七五三の衣装は
たくさん揃えています。

色とりどりの着物は、
どれにしようか迷ってしまいます。

子供らしい可愛い色や柄が
たくさん並んでいます。

春に秋の新作発表会を
するところもあるんですよ!

そんな写真撮影で人気なのは、
どんな着物でしょうか。

まず3歳の男児は、
さわやかな青系の色で、
メインの柄は「鷹」や「兜」など
男の子にぴったりの勇壮なものが人気。

3歳女児は、
女の子らしい「花」や「蝶」などの柄で、
色は黄色やクリーム色、赤が人気です。

特に、ピンクの被布に黄色の着物を
合わせた優しい色合いが大人気だそうです。

3歳の女児の着物は、
祝い着と被布の色合わせが楽しめますね。

5歳の男児は、
凛々しい白や、落ち着いた深緑、
青などが人気の色。

3歳の時より、やっぱりお兄ちゃんに
なっている様子が感じられますね。

7歳の女児では、
少し大人な水色や淡い紫色に、
古典柄が人気のようです。

特に、色とりどりの花柄を取り入れたものや扇・御所車
太鼓などの雅な絵柄が
ふんだんに盛り込まれたものが選ばれています。

昔から変わらない古典柄は、
ママやおばあちゃんにも人気。

成長して「お姉ちゃん」になった
7歳児にはぴったりですね!

新作の衣装発表会などは、
写真館のチラシが入ってくることも多いので、
ぜひ一度見に行ってみるといいですね。

気に入った柄があれば、
その場で予約しておくこともできますし、
金額や衣装の予約について、
いろいろとリサーチして
おくにもちょうどよいですよ。

七五三の衣装…購入とレンタルの違いを比較

七五三の着物を購入するか、レンタルするかは、
パパやママの価値観によって異なるので、
一概にどちらがよいとは言えません。

費用や品質、時間的制約や期限、
手間や汚れ・破損、終了後の使い道など
さまざまな点から考えて決めることに
なりますが、全て自分たちの
思う通りになることはありません。

自分たちの中の優先順位をつけて、
決めていくことになるでしょう。

費用の面を考えるのなら、着物代だけではなく、
着付けや写真撮影も含めた総額で考えるべき。

レンタルの場合は、全てセットになった
料金設定の場合が多く、
またその方が費用をおさえられます。

レンタルする場合の借りる先は3つ。

① 着物レンタル可能な写真館

この場合が、衣装と着付け、
写真撮影総額の料金設定となっています。

② 着物レンタルだけの衣装店

着付けについては、衣装店によります。

着付け込みの料金でレンタルしているお店や、
着付けは別料金のお店、
着付けはしていないお店など
それぞれ料金も異なりますので、
借りる前に確認が必要です。

ただ、七五三の着物の着付けに関しては、
そんなに難しくないので、ネットで調べて
練習すればママでもできると思います。

髪の毛のセットも、小さい子であれば、
お団子にまとめたりつけ毛を使ってアレンジし、
髪飾りをつければ十分に可愛くできますよ。

写真撮影については、料金は別に
見ておかないといけませんが、
最初からポーズやサイズ、枚数を少なくして
おけば、安く済ませることも可能です。

③ 親戚、友人、知人

注意しておきたいのが、親戚や友人、
知人に借りる場合。

親しい中にも礼儀ありと言うように、
借りる際にはお礼が必要ですし、
着終わったらクリーニング代も発生します。

万が一、借りた衣装を汚してしまったり、
破いてしまったり、傷をつけてしまったり…
なんてことになると、今後のお付き合い
にも支障が出るかもしれません。

こればかりは個人の価値観なので、気にせず
「借りた方が安く済むわ!」
と考えられるのであれば、もちろんそれでも
かまいません。

私個人的には、借りるならお店のレンタルを
利用した方が、ママも気を使ったり、
当日ハラハラしたりせずに済む
んじゃないかなと思います。

七五三の着物の購入額とレンタルの額の違いは、ママの一番気になる点ですよね。
レンタルの場合は、
3歳児、5歳児で1~2万円台、
7歳の女児で2~3万円台というところ。
購入の場合は、かなり幅があり、
正絹の高級品では30万円以上するものも
あれば、小物も含めてセットで
1万円以内というものもあります。
1万円~10万円の中で選ぶような
イメージでしょうか。

料金的には、レンタルの方が
安価で済みそうですね。

ただ、安く購入する方法もあります。

1つはネットオークションを利用して、
新品を安く購入する方法。

2つ目は着物のディスカウントショップで
品質や状態が良いものを購入する方法。

どちらの方法でも、お店で新品を購入する
半値くらいで手に入れることができます。

うまく探せば、良い物をレンタルの金額と
同じくらいで購入できるので、
一度チェックしてみるとよいでしょう。

品質面では、ポリエステルか正絹かで
違ってきます。

安いものはポリエステルなので、
着物に詳しい人が見たら
「ペラペラで安っぽい」
と言われてしまいますね。

正絹にはかないませんから、
仕方がありませんが、自分たちが
そこまでこだわらないのであれば、
他人の言うことは気にせずに、気に入った
ものを選べばよいのではないでしょうか。

写真でも、着物の質はそこまで反映されません。

どちらかと言うと、しっかりと着付けをされた全体的なバランスや子供の表情、
ポーズなどの方に目が行くので、
着物の質にはさほどこだわらなくても
いいかもしれませんね。

購入とレンタルを比較する上で、
重要なポイントの一つが時期や時間です。

購入する場合はあまり時期は問いませんが、
レンタルの場合は、早めに予約しておかないと、
好みの着物を借りられなくなってしまいます。

やはり、七五三の時期の11月半ばは
一番人気があり、その前後の土日と合わせて、
どんどん予約が埋まっていきます。

時期を逃すと、選べる着物の数が
ほとんどないということにもなりかねません。

レンタルの場合は、できるだけ早く
予約をする必要がありますね。

また、レンタルの場合は、予約をした日にち
しか着られず、時期的に変更はほぼ困難です。

小さな子の場合、当日何があるか
わかりませんよね。

熱を出したり、インフルエンザにかかったり、
ケガをしたり…という可能性は十分ありますし、
神社へ行く当日、大雨で次の週に
変更したいということもあるでしょう。

そんな時でも変更ができないのが、
レンタル最大の難点です。

レンタルの場合、使い終わったら
お店に返すだけでいいのですが、
購入した場合は、お手入れの手間があります。

着物は扱いが難しく、普通の洋服のように、
衣類用の防虫剤を入れて保管すればいい
というものではありません。

着物は汗で黄ばみやすく、また自分で
洗濯はできないので、クリーニングに
出さなければいけません。

そして一年に1、2回は、天気の良い日を
選んで虫干しをします。

毎年欠かさず…となるとなかなか大変ですね。

そんな時は、ネットオークションに
出品してしまうという手もあります。

状態がよければ、かなり高く売れることもあるので、
結果的にはレンタルよりお得だった…
なんてこともあるかもしれませんよ!

スポンサードリンク

まとめ

手間を考えるとレンタルの方が
よいように感じますが、子供によっては、
汚したり、破ってしまったり
ということもありえます。

心配でしたら、安い着物を購入して着せた方が、
ママの気持ち的にも楽かもしれません。

購入すれば、子供の突然のハプニングで、
お参りや写真撮影が延期になっても
大丈夫ですし、お正月や節句、誕生日などに
着せることもできます。

髪形を変えたりして、七五三とは違った
イメージに仕上げてみるのも楽しいですよ。

良い物を安く購入できる方法もあるので、
一度お店に足を運んで、
レンタルと購入のどちらかよいか、
じっくりと検討してみるといいでしょう。

百聞は一見にしかずと言うように、
自分の目で見るのが一番!

レンタルでも購入でも、早めにリサーチを
はじめて、準備万端で
可愛い晴れ姿を楽しみたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする