赤ちゃんのゆず湯はいつから?刺激を抑える方法

スポンサードリンク

寒い冬に温かいお風呂にゆっくりと浸かるのは、
本当に気持ちがよいものですね。

お風呂好きな赤ちゃんも多くて、
そのまま気持ちよさそうに寝てしまったり…
日本人に生まれてよかったなぁ~
なんて実感するお風呂タイム。

そんな日本人の生活には欠かせない
お風呂ですが、
昔から「冬至の日にゆず風呂に入る」という
習慣があります。

「ゆず風呂に入ると風邪をひかない」
と言われていて、その日は大人も子供も
ゆずの入ったお風呂で温まります。

でも、赤ちゃんを入れるのは
ちょっと心配ですよね。

赤ちゃんは大人に比べて皮膚が薄いので
刺激に弱いですし、アトピーやアレルギーの
ある場合はなおさら気になってしまいます。

ゆず風呂に赤ちゃんを入れても大丈夫?
赤ちゃんをゆず風呂に入れる時の注意点は?
アトピーやアレルギーがある時は
どうしたらいい?

そんな疑問にお答えします!

ゆず風呂に赤ちゃんを入れるときに気を付けること

スポンサードリンク

「ゆず風呂に赤ちゃんが入っても大丈夫?」
と聞かれたら、
「あまりおすすめできません」
という答えになってしまいます。

なぜかというと、ゆずの皮に含まれている
リモネンという成分には、
お肌を刺激してしまう特徴があるのです。

ゆず風呂に入った時に、お肌がピリピリした
刺激を感じたことはありませんか?

赤ちゃんのお肌は、
大人の半分~1/3の厚さしかないので、
大人よりもずっとリモネンの刺激を
受けやすい
と言えます。

月齢の低い赤ちゃんやオムツかぶれ・
乳児湿疹・アトピーなどの
肌トラブルのある赤ちゃんは、
ゆず風呂には入れない方がいいです。

では、いくつからなら大丈夫なのかと言うと、
個人差があるので一概には言えませんが、皮膚が丈夫になってくる
2歳くらいが目安になるでしょう。

2歳になれば、ある程度は意思表示も
できるので、肌の痒みやピリピリとした刺激を感じた場合にも、
気づいてあげやすいですね。

ゆず風呂に入る時は、輪切りにして湯船に
浮かべるよりも、切らずにそのまま湯船に
入れた方が、刺激が少なくなります。

香りや効能は落ちてしまいますが、
肌への刺激が少ない点では安心できます。

また、ゆずの皮をむいて、
3日前後乾燥させてからお風呂に入れる
という方法も、お肌への刺激を抑えられるのでオススメです。

ゆずを予め熱湯に30分ほど漬けておいてから、
ネット等に入れて湯船に浮かべるという方法も、
加熱することで肌に優しくなるのでよいですね。

香りを楽しみたい場合は、
ゆずを半分に切って、小皿にのせて浴槽の隅に置いたり、
ゆずを小皿や洗面器に絞っておくと、
浴室内にゆずの香りが広まります。

月齢が低い赤ちゃんやお肌が
弱い赤ちゃんの場合は、無理はせず、
お風呂ではゆずの香りだけ楽しみましょう。

大人がゆず風呂に入りたい時は、
先に赤ちゃんを入れてから、大人が入る時に、ゆずを入れるようにしましょうね。

ゆず風呂に入るのはなぜ?その理由は…

冬至の日は、一年の中で最も昼が短く、
夜が長い日です。

つまり、冬至を境に、
どんどん日が長くなっていくとも言えますね。

冬至を境に
「運気もどんどん上がっていく
(陽の気が強くなる)」
と考えられ、
冬至の日は「一陽来復」とも呼ばれています。

冬至の日には、
運を呼び込む前に体を清めました。

ゆずは香りが強いので、
悪いもの(邪気)を払って身を清めるのに
最適と考えられていたことから、
ゆず風呂に入ることで「お清め」をしたのが、
冬至にゆず湯に入ることにつながったんですね。

寿命が長く病気に強いゆずの木に習って、
「ゆず風呂に入って無病息災を祈願する」
という風習になったとも言われています。

また、冬至の日にゆず風呂に
入ることの由来には、
「語呂合わせ」もあります。

「冬至=湯治」で、お風呂に
入ることで身体を休めるという意味です。

ゆず湯は、
「ゆずが効く=融通がきく」という
語呂合わせから、
「風邪をひかずに元気に
過ごせるように願かけをした」
とも言われています。

「元気に過ごせる(元気なら融通がきく)」
ということから、
「冬至の日にゆず風呂に
入ると風邪をひかない」
と言われるようになりました。

実際に、ゆず風呂には、血行を促進して
体を温め、風邪を予防する効果があります。

冬至は冬の寒さが一番厳しい時期なので、
ゆず風呂に入ることで身体を温め、
風邪をひかないようにするという、
昔の人の生活の知恵だったのかもしれませんね。

ゆずにはどんな効果があるの?

ゆずに含まれるビタミンCは、
柑橘類の中でもトップクラス!

ビタミンCと言えば美肌効果ですよね。

ゆずを湯に漬けることで、皮に含まれる
ビタミンCが溶け出し、肌のキメを整えたり、シワを目立たなくしたり、
ツヤやハリも出てくるという、
女性にはうれしい効果がたくさんあるんですよ。

また、ゆずには血管を広げて血液の循環を
よくしてくれる効果があります。

そのため、肩こりや腰痛、
冷え性の改善が期待できます。

他にも、クエン酸によって代謝が
よくなり疲労回復効果があったり、
ゆずの香りによるリラックス効果、
体が温まることによる風邪の
予防効果など、盛りだくさんです!

まとめ

美容にも健康にも良いゆず風呂ですが、
赤ちゃんにはちょっと刺激が
強すぎるようですね。

まだ小さいうちは、香りだけを
楽しむようにして、2歳くらいに
なってゆず風呂に入れるようになったら、
一緒にゆず風呂を楽しみましょう!

日本の古きよき文化を
伝えていきたいものですね。

冬至にはもう一つ、カボチャを
食べる習慣もあります。

カボチャと小豆を一緒に煮たものが
一般的な冬至メニュー。

カボチャにはビタミンAやカロチンが
たくさん含まれているので、
風邪の予防に効果があるんですよ!

ゆず風呂はまだちょっと…
という赤ちゃんには、
カボチャで風邪予防をしてあげましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする