大晦日は子供と一緒に何して過ごす?冬の遊びはこれ!

スポンサードリンク

大晦日は年に一度の特別な日。
新しい年に変わる前の最後の一日です。

ほとんどのおうちでは、パパもママも
お仕事がお休みになり、家族全員で
大晦日を過ごすのではないでしょうか?
家族そろって夕食を食べ、テレビを見て、
みかんを食べたり年越しそばを食べたり…
普段とは違って、ゆっくりと
子供と向かい合うことができる日ですよね。

子供と一緒の大晦日を、
楽しく過ごしたいと考えているパパ・ママへ!
家族でできる遊びなど、
大晦日の楽しい過ごし方をご紹介します。

冬にできる子供の遊びはこんなこと!

スポンサードリンク

冬は寒いからとおうちの中にこもちがちです。
でも、外に出てみれば、
冬ならではの遊びが楽しめるもの。
よっぽど寒い日や吹雪いている日じゃなければ、家族で外で遊んでみませんか?

① 朝の散歩

朝はまだ気温が低く、
空気がキンキンしています。
この時間に散歩をすると
いろんな発見がありますよ!

バケツの中の凍っている水、
霜がついた木々や葉っぱ、霜柱、
吐くと白い息…
子供にとっては、全てが新鮮なものばかり。
特に、霜のついた葉っぱを触ったり、
霜柱を踏んでみたりするのは、
感触と音が楽しめるのでオススメです。

② 氷アート作り

いろんな入れ物に水を入れて、
葉っぱや花びらなど好きな物を浮かべて
一晩おけば、氷アートのできあがり!
絵具で水に色をつけても楽しいですね。
容器から出したものを、
子供と一緒に家の前に並べましょう。
きっと道行く人たちの目に留まりますよ。

③ 雪の結晶の観察

雪の結晶は全て六角形をしていますが、
一つとして同じ形のものはありません。
そして、あっという間に消えてしまうもの。
そんな雪の結晶を、
子供と一緒に見てみませんか?
大人も感動するくらい、とっても綺麗です!

冷やした黒い布や手袋と、
虫メガネを用意すればOK。
黒い布などがあった方が雪の結晶が
見やすいです。
(大人用のTシャツなんかでもかまいません)

④ 雪だるま・雪うさぎ・かまくら作り

雪が降ったら、定番の雪遊び。
たくさん降ったら雪だるまやかまくら、
少し積もったら雪うさぎ。
雪だるまや雪うさぎや、
木の実やペットボトルのフタ、木の枝、
にんじん、バケツ、手袋、スコップなど…
身近なものを使って、
可愛く仕上げたいですね!

かまくら作りはお父さんの上での見せ所です。
できるだけ大きな山を作って、
上手に中の雪を掘り、子供が入れる
くらいの広さにしてあげたいもの。
できたかまくらの表面に少し水を
つけてなだらかにしてから一晩おくと、
形もよく丈夫なかまくらになりますよ。

⑤ そり遊び

子供はそり遊びが大好き!
おうちにそりがなくても、
手作りできちゃいますよ。
お米の袋に段ボールを入れて
(できれば2枚重ねるなどして頑丈に)、
ロープを通してからガムテープで
口を止めるだけ。

簡単にできるので、お米の袋を
数枚とっておいて、家族分を作り、
みんなで楽しむのもいいですね。
雪かきをした時に雪を同じ場所に
まとめて山にしていけば、
作業をしているそばから、
子供はそり遊びに夢中です!

⑥ 雪合戦

正式なルールまでできて、全国で大会が
開かれているほどメジャーな雪合戦!
でも、子供とするなら、家族で
ぶつけあいながら走り回るだけでも楽しめます。
「強いパパ」対「ママと子供」も
面白いですね!
ママのために頑張ってくれる
子供の姿が可愛いです。

⑦ 宝探し

雪の中に宝物
(ボールや外遊び用のおもちゃなど)
を埋めて、見つけ合いする遊び。
スコップで雪を掘り出す遊びに
子供は夢中になります。
見つけやすいように、
上手に範囲を決めてくださいね。

⑧ 雪上お絵かき

真っ白な雪が積もったら、
小さな容器に色水を作って、
お絵かきをしてみましょう!
公園なのでは他の人の迷惑になる
かもしれないので、自分の家の
敷地内がいいでしょう。
汚れてもいいように、
スノーコンビや手袋は必須です。
いろんな色を用意すると
とっても楽しいですよ!

かき氷やジュース、お団子など
見立て遊びにもなります。
雪に色をつけるなんて、冬にしかできませんよ。
子供が喜ぶこと間違いなしです。
容器はヨーグルトやお味噌などの
空いたものを使えば、後片付けも簡単です!

大晦日に家族でできるおすすめの遊び!

大晦日に家族で過ごす時間、
ただテレビを見ているだけでは
もったいないですね!
大晦日に家族でできる遊びには、
どんなものがあるのでしょう。

① ゲーム遊び

家族で過ごす時の定番の遊びですね。
小さい子も一緒に遊べるものだと、
トランプ、UNO、人生ゲーム、
ドンジャラ、ジェンガなどがあります。
ルールが少し難しいようなら、
子供向けに簡単にすることもできます。
ゲームはやっぱり勝ちたい気持ちが
強くなるもの。
必死になった子供の、普段気づかなかった
一面が見られるかも!?

② 家族で年越しライブ

大人になると毎年年越しライブに
行くのが楽しみ!という人も多いですね。
でも、子供が小さいうちはさすがに無理。
だったら、うちで家族でしちゃいましょう!
ジャンケンやくじ引きなどで順番を決め、
好きな曲を家族の前で披露します。

カラオケの点数機能などがあれば、
より楽しめますね。
みんなが知ってる曲は、
家族で大合唱するのも楽しいですよ。

③ 紐引きゲーム

夏祭りの屋台なのでよく見かける紐引き。
おうちで遊ぶなら、大きめの空き箱や
段ボールに紐を通す穴を開ければOKです。
屋台では景品(おもちゃ)がお楽しみですが、家族でやるなら、
紐の長さを変えて勝ち負けを競ったり
(長い方が勝ち)、事前に書いた質問用紙を紐の先につけておいて、
引いた紐の質問に答えるのもオススメの遊び方です。
自分たちで質問を考えるので、
簡単なものからちょっと意地悪な質問まで、色々と考えて楽しめますよ。

④ 宝引き

紐引きと似ているのですが、
こちらは日本の伝統ゲームで
お金を使うところがポイント。
みんなでお金を出し合い、
当たりの紐を引いた人が全部もらえる
という遊びです。
家族でするなら、おもちゃのお金や
飴やガムなどのお菓子にするといいですね!

⑤ 映画鑑賞会

子供が小さいうちは、家族みんなで
映画を見に行くなんてなかなかできません。
タイミングがあえば幼児向きの映画を
見に行くくらいでしょう。

時間のある大晦日だからこそ、
DVDを借りてきて映画鑑賞会は
どうでしょうか。
ジブリやディズニーなど、
大人でも楽しめるアニメもたくさんあります。
映画館の気分を出して、紙コップに
ポップコーンやジュースを
用意してスタンバイ!
部屋も暗くしたら、気分が
より盛り上がりますよ。

まとめ

大晦日は家族でゆっくり
過ごせる大事な時間ですね。
子供が小さいと、おうちで
過ごすことが多いと思います。

だからと言って、
「することがない~」「暇だ~」
なんてことはありませんよ!
大人も子供も楽しめる遊びで、
家族で盛り上がっちゃいましょう。

大晦日を家族で大笑いしながら過ごせるなんて、とっても幸せですよね。
新しい年も楽しくて素敵な一年に
なるような気がしませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする