どんぐりの虫!処理にはレンジがオススメ!!手間なくバイバイする方法

スポンサードリンク

秋になると、保育園や幼稚園の園庭や
お散歩で行った公園など、
いろんなところに落ちているどんぐり!
子供ってどんぐりを拾うのが大好きですよね。
大きいのや小さいの、数々のどんぐりを得意げに
見せる様子は微笑ましいもの。

しかーし!!

そのままにしておくと、白いイモムシが
出てきて「ひゃぁ~!!」ってことになって
しまいますので、虫が苦手なママにとっては要
注意です。
白イモムシに遭遇せずに済む、
どんぐりの処理方法をご紹介しましょう。

どんぐりの中の虫って?

スポンサードリンク

ところで、どんぐりの中にいる虫って
なんだか知っていますか?
それは「ゾウムシ」の仲間たち。
どんぐりがまだ青くてやわらかいうちに
卵を産み付けるんです。
だから、穴が開いていないどんぐりからも、
いつの間にか虫が出てくるんですね!
卵からかえった幼虫は、どんぐりの実を食べて成長し、
どんぐりが木から落ちると、穴を開けて出てきて、
土の中へもぐりこみます。
幼虫は土の中で蛹になり、次の夏には成虫と
なって出てくるというわけです。

つまり、穴の開いたどんぐりは、もう虫が出て
しまっている
ということ。
穴の開いていないどんぐりの方にこそ、
幼虫がひそんでいるわけです!!

どんぐりの3つの処理方法

① お湯でゆでる
鍋で沸騰させたお湯の中で、5分~10分
くらいゆでます。
小さいどんぐりなら3分くらいでも大丈夫です。
どんぐりの中にいる幼虫を殺してしまうのが
目的なので、あまりゆで時間が短くてもダメです。
また、ゆですぎると皮が破裂してしまうので、
最長10分を目安にしましょう。

ゆで終わったら、直射日光を避けて2、3日干して、
しっかり乾燥させます。
虫を殺せても、子供部屋の箱の中で保存して、
カビがはえたりしたらイヤですよね

② 冷凍する
洗ったどんぐりをビニール袋やジップロックに入れて、
一週間程度冷凍庫で保存し、死滅させます。
大量にどんぐりがある場合は冷凍庫を
占領してしまいますが、「調理用の鍋で
(虫入り)どんぐりをゆでるのはちょっと・・・」という
ママにはオススメの方法。
冷凍したどんぐりを解凍した後も、
しっかり乾燥させましょうね。

③ 電子レンジで加熱する
私が一番オススメの方法です!
調理用の鍋を使わずに済み、長期間冷凍庫
を占領することもなく、短時間でできます。
やり方は、簡単!
拾ってきたどんぐりを軽く洗って汚れを落とし、
大体20秒程度レンジで加熱します。
それ以上加熱すると、どんぐりが破裂して
しまうことがあるので、注意しましょうね。
加熱後はかなり熱くなるので、取り出す時は
ミトンを使うなどしてください。

拾ってきたどんぐりはどうする?

せっかく子供が拾ってきたどんぐり。
ただ、そのまま箱に入れておくのは
もったいないですね!
簡単にできるどんぐりの工作を、
いくつかご紹介しましょう。
童心に返って、子供と一緒に作ってみると
楽しいですよ。

① やじろべえ
木の枝とどんぐりが3つあればできる定番のおもちゃ。
枝の長さやどんぐりのサイズは、バランスを取りながら調整しま
しょう。
最近の子供は、やじろべえなんてなかなか作らないので、
意外と新鮮かもしれませんよ。

② コマ
つまようじとどんぐり1つで作れるコマも定番です。
芯になるつまようじがまっすぐに刺さっていないと、
うまく回らないので、注意しましょう。
どんぐりに色を塗るとカラフルで可愛く仕上がりますよ。

③ どんぐりの鈴
どんぐりに穴を開けて中をくりぬき、
木製ビーズなど好みの音が鳴るものを入れます。
ニスを塗って、ストラップに仕上げるのもいいですね!
100円ショップの手芸用品のコーナーに行けば、
必要なグッズはそろいます。

④ どんぐりのヘアゴム
女の子向けの工作です。
どんぐりを可愛く装飾したり、髪ゴムの色を
カラフルにしたりする。
と、いろんな種類ができますよ。
装飾する時には、ネイルアート用のグッズが便利です。

⑤ どんぐりのブレスレット
どんぐりにキリで穴を開け、ビーズ状にしたものを、
2本どりの手縫い糸でつなぐだけ。
間に普通のビーズなどを入れれば、より可愛らしいものに
仕上がりますね。

⑥ どんぐり人形
ちょっと難しいですが、どんぐりと木の枝、
殻斗(かくと)を使って、動物などの人形を
作ることができます。
カッターやキリ、ニッパーなどを使う部分もあるので、
大人も一緒に作りましょうね。
殻斗(かくと)部分は動物の耳にちょうどいいので、
ネズミやキツネ、ネコなどいろいろとアイデアが広がりますね。
目や口を切り込みすれば、人間へのアレンジもできます。

⑦ リース
定番のリースは、どんぐりだけではなく、
他の木の実や松ぼっくりなども使うと、
ハロウィーンやクリスマス仕様にアレンジ可能!
カラースプレーを使えば、イメージも変わって、
どんどん作りたくなりますよ!
簡単にできるのに、豪華に見えるのが嬉しいですね。

まとめ

秋の風物詩、どんぐり。
見つけるとついつい拾ってしまうのは、
子供だけではないのでは?
拾ってきてすぐに「処理」さえすれば、
虫が出てくる心配はありません。
安心してアレンジしてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする