おむつ替えを嫌がる2歳児!外出先でおむつ替えをスムーズに済ませる方法5つ!

スポンサードリンク

2歳児といえば、身体も大きくなり、できることが増え、自己主張
も強くなってくる時期。
「魔の2歳児」と呼ばれるくらい大変な年齢ですよね!
そんな2歳児ですが、まだまだおむつがはずれていない子がほとんど。
おうちではいいけど、ママ達が困っているのは、外出先でのおむつ
替えではないでしょうか?
身体は大きいし、勝手に動きまわるし、言うことは聞かないし…
しかも、外出先にあるおむつ替え用のシートなどは、たいてい「2
4カ月まで」と書かれています。
2歳児の外でのおむつ替えは、どうすればスムーズにできるので
しょうか?
その方法をご紹介します!

2歳児のトイレ事情!困るのはこんな時!

スポンサードリンク

外出先での2歳児のおむつ替え。
ママ達はどんなことに困っているんでしょうか。

① おむつ替えをさせてくれない
ママにしてみれば、買い物の前や休息の時におむつ替えをしておき
たいもの。
でも、子供の方は、なかなか協力してくれませんよね。
「まだ、いーよ!」
「おしっこ出てない!」
「おもちゃ見に行くー!」
「いやー!」
そんな抵抗にあって、タイミングよく替えられないことも多い
しょう。
おむつが汚れていても「出てない!」と言い張り、行きたいところへ
まっしぐらなのが2歳児!

結局、買い物の最中に、飽きたり、おしっこをしたり、うんちで
汚してしまったりして、あわててトイレへ…なんてことも!!
レジに並んでいる時に、「ママ、おしっこー!」「気持ち悪いー!」
「早くー!」などと騒がれてしまったら、本当に困ってしまいます
ね。

② おむつ替えの場所がない
おむつ替えに便利なシートなどは「24カ月まで」のものが多く、
2歳児は使えないことが多い
ですね。
(シートの年齢制限は、体重を考慮して設定してあるので、表示
されている体重以下だったら、2歳児でも使って大丈夫ですが…)
大きめの個室やフリースペースのあるトイレだといいのですが、
そうではない場合、おむつ替えをする場所がなくて困ってしまい
ます。
小さな赤ちゃん用のおむつ替えシートはあっても、体重制限で使え
ないと、狭い個室内で替えるしかありません。
子連れママは荷物も多いので、あちこちぶつかって汗だくになって
しまったり…
おむつがはずれるまでの辛抱だとは言っても、毎回のように大変な
思いをしていると、外出が憂うつになってしまいそうですね。

③ 自分が用を足せない
おむつ替えができるトイレなら、替えたついでに、自分も用を足し
ておきたいもの。
でも、子供も一緒だとなかなかそうはいきませんよね。
自分はおむつ替えが済んでいたり、自分はおしっこもうんちもして
いなかったりすると、子供はじっとしていてくれません。

ママはゆっくりトイレを使うことができなくて、困ってしまいます。
私も、何度、使用中にドアを開けられそうになったことか…
5cmくらい開けられてしまい、あわてて「ダメ!!」と個室のドア
を引っ張ったことも数回ありました!
トイレくらい落ち着いてしたいと切実に思ったものです。

2歳児のおむつ替え!スムーズに行う方法5選!

それでは、2歳児のおむつ替えは、どうすればスムーズにできるの
でしょうか。
5つの方法をご紹介します!

① 体重制限のないベッドタイプのおむつ台を利用する
家の中で使うようなベビーベッドを、おむつ替え用に置いてある
お店もあります。
そのようなお店をリサーチしておいて、外出時に利用しましょう!
ベッドタイプなら体重を気にせず、寝かせて替えても、立たせて
替えてもいいので、助かりますね。

② 洗濯バサミとチラシを利用する
おしっこの時はいいのですが、個室内で立たせておむつ替えをしよう
とすると、うんちで衣類を汚してしまうことがありますよね。
コロコロうんちの時はいいけれど、ゆるめの時は特に、気を使って
いても「あー!!」ってことがありますよね。
そんな時には、服をまくしあげて、首の後ろで洗濯バサミで止めて
しまえば、汚す心配がありません。
また、靴のまま立たせて交換しようとすると、よろけて汚れたおむつ
を踏んづけてしまったり、ズボンがトイレの床についてしまったり
します。
厚めのチラシを折りたたんで持って行き、その上に立たせれば、
靴やズボンも汚れないし、使用済みおむつもチラシに包んで捨てる
ことができますよ!
2つともあまりかさばらずに持ち歩けるので、バッグに入れておく
といいですね。

③ 洋式便座を利用する
トイレトレーニングを兼ねて、洋式便座に座らせて、おむつ替えを
するのもオススメです。
便座を利用する時のズボンやパンツのおろしかた、きれいに拭いた後
のあげかたを、ママと一緒にやってみましょう!
「今度は一人でできるかな?」「もうすぐ紙パンツ、卒業できそう
だね!」なんてほめてあげれば、得意になってやってくれるかも
しれませんよ。

④ ベビールームを利用する
ベビールームにはおむつの交換台があるので、そのスペースでした
ら、おむつを交換しても不快には思われないでしょう。
交換台が体重制限のないものであれば、そこで替えればいいですし、
体重制限があるようだったら、台に手をついて立たせれば、トイレ
よりもスペースも広いので、落ち着いておむつ替えができます。
汚物入れがあれば、使用済みおむつを捨てることもできますし、手
洗いもあるので便利ですね。
ベビールームと名前はついていても、まだおむつのはずれていない子
だったら、利用しても大丈夫ですよ!

⑤ 車の中で取り替える
トイレは狭くて汚いから、自分の車の中でおむつを替えている、と
いうママも多いようです。
他のお客さんに気を使わなくてもいいし、靴やズボンも脱がしてし
まえるので、楽におむつ替えができますね。
お店の中に入って買い物をしている途中だと、車に戻るのが大変か
もしれませんが、狭い個室で汚すことを考えたら、自分の車の方が
いいと思う気持ちはわかりますよね。
買い物が途中だったら、サービスカウンターなどで荷物を預かって
もらうことが可能。
落ち着いてから、ゆっくり買い物を再開すればいいでしょう。

まとめ

身体が大きくなったからこそ、大変になる2歳児のおむつ替え。
子供が協力してくれればいいのですが、多くの場合、子供は好き
勝手動き回り、ママは大変な思いをしますよね…

トイレを利用するか、ベビールームや車の中で交換するか、ママに
合った方法を選んで、おむつ卒業までの時期をなんとか乗り切り
ましょう!

過ぎてしまえば、あっという間です!
「あの頃は、ママはトイレもゆっくりできなかったよ~!」「個室
で服を汚して大変だったよ!」なんて笑い話になる時がきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする