子育て・家事の疲れが取れない!休む時間もないママにオススメしたいこと!

スポンサードリンク

毎日の子育てお疲れ様です。
家事や育児は終わりがなく、それに加えて
仕事にも追われていると本当に
休む暇もないですよね。

私も3歳と0歳の二人子供がいて、
家事と育児に追われていると、
10分でいいから一人きりで休みたいと
思う時があります。
そうなってくると子供と過ごす時間が辛い…
なんてことにもなりかねません。

そうなる前に自分なりのリフレッシュ法を
見つけてみましょう。

なかなか疲れが取れない…その悩みに利くリフレッシュ方法

スポンサードリンク

子育てをしていると、子どもの要求に応じて行動することが多くなりますよね。
ママは自分がご飯を食べたい、トイレに
行きたいといったことでさえも
つい後回しになってしまっていること
ありませんか?
そういう生活が続くと知らず知らずの
うちに心にも体にも疲れがたまって
しまいます。

「自分のしたいことをしたい
タイミングでできる」
そんな時間を作って、本を読んだり、
ゆっくりお風呂に浸かったり
自分のための時間を過ごすのが
一番のリフレッシュになりますよ。
とはいえ、その「ひとりの時間」を
作ることがとても難しいですよね。

「ひとり時間」の確保のためには
パートナーの協力は欠かせません。
パパに任せて出かけたら、
おむつを替えていなかった、
ずっと抱っこひもで過ごしていたなど
不満に思う対応もありますが、
そこは頭ごなしに否定しないように
しましょう。

パパなりに子供との関わり方を
学んでいると捉えて、
父子で過ごす時間が楽しい時間になるように困っていることがあれば
アドバイスしてあげましょう。
長い目で見ればパパが子どもと過ごす
時間が楽しいと思ってくれたら、
ママの負担もずいぶん減るはずです。

パパだけでなく、両親や義理の両親、
保育園の一時預かりを利用するなど
子育てを一人で抱え込むことなく、
色んな人の手を借りてみましょう。
リフレッシュできないという人の中には、
子供を人に預けるなんてかわいそうと
感じていたり、
自分がいなければと頑張ってしまう人も
多いです。
でも実際は子供にとってママでないと
いけないということはほとんどありません。

子供は意外とたくましく、
与えられた状況にすぐに適応します。
少しさみしいような気もしますが、
お互いのためと割り切って、
子供と距離を取ることも大切ですよ。

毎日の疲労を蓄積させてはダメ!!負担が少なくなる子供との過ごし方


自分の時間をつくるなんてやっぱり難しいという人は、
子供と一緒に過ごす時間を自分も楽しむ時間に変えてみましょう。

たとえば公園で遊ぶ時も子供の遊びに
つきあうのではなく、
自分が楽しいと思える遊びに子どもを
誘ってみたり、
子育てサロンには子供を遊ばせる
ためだけではなく、
自分の仲間づくりのために
通ったりしてみるのです。

私は寺社仏閣めぐりが趣味だったので、
散歩がてらよく子供を連れて出かけていました。
お寺や神社は自然も多く、一緒に散歩したり
お庭を眺めるだけでリフレッシュになりましたよ。
ただそんな風に子供との時間を余裕を持って過ごすためには、
何より「時間」が必要です。
そのためには家事に追われる時間を少しでも
減らせる工夫もしてみましょう。

例えば、食洗機、ロボット掃除機、
乾燥機付きの洗濯機など
便利な家電を利用すれば、家事にかかる
時間を減らすことできます。
私はお総菜や冷凍食品やレトルトを利用して、
食事を簡単に済ませるようにしていました。

そうして時間に余裕ができると、
子供と一緒に絵本を読んだり、
テレビを見ながらおしゃべりをしたりと、
子どもと一緒にいることが
リフレッシュになったりもします。

まとめ

家族のこと、子どものことを考えていると
ママはついつい自分の体のことは
後回しになってしまいます。

でもママの心と体が健康でいることが、
何より家族のためになることです。

疲れを感じたら、我慢せずにできるだけ
周囲の力を借りて
ゆっくり休んでリフレッシュしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする