産後の腰痛で歩けなくなるママさん続出!!腰痛の痛みが和らぐ!日中の過ごし方

スポンサードリンク

産後の母体へのダメージは色々ありますが、
その一つが「腰痛」です。
私も出産が原因で、腰痛持ちになってしまいました。
つらいんですよね・・・
育児は休めないですしね・・・

中には、歩けないほど痛くなる方もいらっしゃるんです。
家事も、育児も、やらなきゃいけないことは沢山あるのに、
歩けないなんて一大事!!
腰痛は早めに解消しましょう!!

産後は腰痛で歩けない?原因は!?お産で気を付けたい身体のこと

スポンサードリンク

産後は誰でも、ついつい、無理をしてしまいます。
その「つい」が、のちのち、
自分の首を絞めることになるのですが・・・
そのひとつが、腰痛です。
原因は、何でしょうか?
大きく分けて、3つ、考えられます。

① 骨盤のゆがみ
妊娠・出産を経て、骨盤がゆがんで
しまったと考えられます。
また、運動不足による筋力不足も、
ゆがみの原因になります。

② 育児による体への負担
赤ちゃんを長時間抱っこしたり、授乳したり、
おむつを替えたり、、、と、
無理な体勢でいることが多くなりますね。
家事や育児で、体に負担がかかっているのです。

③ 血行不良
昼夜の育児で、睡眠不足になっていたり、
体が冷えたりしていませんか?
血行不良は腰痛の引き金です。

できるだけ、身体を休ませてあげましょう。

腰痛の痛みが和らぐ!日中の過ごし方・歩き方・マッサージ

産後、今までと違う生活を強いられ、ママの体には
大きな負担がかかっています。
出産自体、母体ヘは大きなダメージがありますから、
身体が回復しきっていないのに、無理な生活、
無理な姿勢が重なり、腰痛を引き起こしてしまいます。
身体の回復を促す、腰痛解消方法をご紹介しましょう。

① 育児グッズを取り入れる

・授乳
授乳の姿勢って、結構こたえますよね。
背もたれ(腰)にクッションをいれて、
赤ちゃんの下にもクッションを入れて高さを調整すれば、
それだけでも、ずいぶん楽になります。

授乳クッションというのがありますので、
それを取り入れるのも良いでしょう。
(大体3000円~5000円ぐらいです)

・おむつ台
おむつ替えのとき、中腰になっていませんか?
ちょっと高めの位置で、腰に負担がかからない
高さを工夫してみましょう。
高めの台に、おむつの交換パッドを
置いてみるのも良いですね。

おむつの交換台を買ってしまうのも手ですが、
短期間だけ使用するものに
お金をかけるのはちょっと・・・という方には、
簡易プレイヤード(おむつ台付き)なんかもオススメですよ。

② 整体や整骨院
腰痛がつらい時は、プロにお任せしてみましょう。
これで一気に改善できることもあります。
ゆがんだ体を整え、凝り固まった筋肉を
ほぐしてもらいましょう!

③ 血行を良くする
温かいお風呂で、ゆっくり体を伸ばしてみてください。
睡眠をしっかりとって、ヘルシーな食事で、
血流の改善を心がけましょう。

④ 運動する
普段、運動していない方には、急な運動はお勧めしませんが、
まずは軽いストレッチから始めてみましょう。
腰に負担がかからないよう、無理の無い程度で。

⑤ 正しい歩き方
背筋を伸ばして、かかとから着地し、お腹を
お尻(肛門)に力を入れ、骨盤を
安定させることを意識して歩くと良いそうです。

⑥ 同じ姿勢を長時間すごさない
ついつい、あっという間に、時間が経ってしまいますよね。
気づいたらずっと同じ姿勢でいたりします。
こまめに体を伸ばすようにしましょう。

まとめ

腰痛で育児はツライですね!
でも赤ちゃんが泣いたら、イヤでも抱っこしないといけません。

抱っこヒモに入れても、長時間、
背中に子供を背負って家事していたら、
腰も痛くなって当然です・・・。
痛くてツライときは、思い切って、
家事はお休みしてみましょう。

パパやお家の人に助けてもらうことも大切なことです。
1人で全部しようと思っていたら、
治るものも治りませんからね。
早めに解消することが一番ですよ!
たまにはパパに赤ちゃんを預けて、
腰痛改善マッサージに出かけてみるのも良いですね。
痛みがないと、やる気が出て、
また頑張っちゃうんですけどね・・・
ママの健康は、家族の健康ですから。
まずは体を大事にして、母体の回復を考えてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする