ベビーカーで迷惑な乗車にならない!電車の乗り降りのコツやマナー

スポンサードリンク

赤ちゃんとの出掛けに必需品のベビーカー。
ベービーカーで出かけるとご機嫌で
ぐっすり寝てくれるなんていう赤ちゃんもいるのでは?
電車を使えば赤ちゃんとの行動範囲もぐんと広がりますね。

でもたくさんの人が利用する電車にベビーカーと一緒に乗ると
迷惑なのではないかと不安になりますよね。
そこで今回はベビーカーで電車に乗るときのマナーや
コツについてまとめましたよ。

電車に乗るまでの難関!ホームへの行き方、電車の乗り方の注意点

スポンサードリンク

抱っこひもだけの時と比べてベビーカーでの移動となると
当たり前のようにできていた動きができなるなるものです。
改札を通る時も大きいベビーカーだと通れなかったり
荷物が引っかかってもたついてしまうこともあります。
改札を通るときには少し広めの改札を選ぶようにしましょうね。

そしてホームへ行くときはエレベーターを利用しましょう。
エレベーターが離れている場所にある場合もあるので
時間には余裕を持っていくことをおすすめします。
ホームは線路に向かって傾斜しているところもあるので
線路とベビーカーが平行になるように持ちましょう。

また電車を待つ間はストッパーをかけ、
万が一に備えて手を添えておいてくださいね。
ベビーカーを電車に乗せる時には
まず前輪を持ち上げてから車内に乗せて、
そのあと後輪を乗せるようにしましょう。
電車とホームの間に車輪が挟まるととても危険なので、
慌てずゆっくり乗車したいですね。
できるだけ最後に乗車するようにすると、
後ろを気遣うことなく安全を確認しながら乗せることができますよ。

当たり前ですが駆け込み乗車はとても危険なので
絶対にしないでくださいね。

子連れママの常識!電車に乗るときのマナー

電車に乗るときには周囲の人たちに迷惑をかけたくないですよね。
それにできるだけ赤ちゃんも快適に過ごせるといいですよね。
そのためにもベビーカーで電車に乗るときには
通勤時間帯などを避け、満員電車に乗らないようにしましょう。
快速など人が多い電車に乗らず、
混み合っていない普通電車に乗るのもおすすめですよ。

やむを得ず混み合った電車に乗るときには、
いつでもベビーカーをたたんで
赤ちゃんを抱っこできるように準備しておきましょう。
最近ではベビーカーマークのある電車も増えています。

電車の中でベビーカーを置くのは
ベビーカーマークのついたところか
通路の真ん中を避けた端の方に寄せておきましょう。
ベビーカーを電車に乗せたら忘れずにストッパーをかけましょう。
電車の揺れでベビーカーが急に動き出してしまったら
赤ちゃんが危険です。
それに周囲の人にぶつかってしまうこともあるかもしれません。
赤ちゃんは足をばたつかせたり、ベビーカーから降りようとしたり
ベビーカーに乗せていてもよく動きます。
周囲の人にあたってしまうこともあるので
赤ちゃんが靴を履いている場合は、
靴を脱がせておくといいですよ。

そしてこれはマナーとはすこし違いますが
赤ちゃんが泣いてしまった時のために、
赤ちゃんの安心するグッズや
飲み物、おやつを持っておくのもいいですよ。
私はどうしても大きな声が出てしまう時期は
かみかみできるおもちゃを持っていってましたよ。

まとめ

電車にはいろんな人が乗っています。
私は子供を連れて電車に乗ると
席を譲ってもらったり
赤ちゃんに声をかけてもらったりすることがよくありました。
赤ちゃんとママを温かく見守っている人もたくさんいるので
過度に周囲の目を気にし過ぎず、
お互いが気持ちよく過ごせるように
最低限のマナーは守りたいですね。

また勇気がいることですが
困ったことがあったら
自分から助けを求めるのも大切です。
そしてもし助けてもらったり、
席を譲ってもらったり、
声をかけてもらったら
ありがとうの感謝の言葉を伝えてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする