離乳食・冷凍食の持ち歩きにベストな方法は?赤ちゃんとおでかけごはんを楽しもう!

スポンサードリンク

赤ちゃんが大きくなってくると、
お出かけの機会も増えてきますね。

でも離乳食が進んでくると、
母乳やミルクの時と違い
外出先での食事が気になるところ。

大人のように外食で済ませられない
赤ちゃんの食事はできれば手作りのものを食べさせてあげたいけど、
離乳食は痛むのも早そうだし、
持ち運ぶのも大変そうだと感じている
ママも多いのでは?

そこで今回は赤ちゃんの食事の
持ち運びのテクニックを紹介します。

保存状態よし!お弁当崩れなし!の持ち運び方法は??

スポンサードリンク

赤ちゃんの食事は一つの容器に
まとめて入れるよりも、
小さめの保存容器に1種類ずつ小分けに
入れるのがおススメです。
一つの容器にまとめて入れていると、
持ち運びの間に味が混ざってしまったり
することがあります。

赤ちゃんもグルメですから、
味が混ざってしまっておいしくないと
感じたらせっかく作った離乳食を
食べてくれないなんてことも
あるかもしれません。

そしてできれば1種類だけではなく、
2,3種類の離乳食を持っていくことを
おススメします。
そうすればたとえ食べてくれないものが
あったとしても、
ほかのものを食べられるので安心です。
夏場は特にいたみやすいので、
保冷剤を一緒に入れておくと安心ですね。

デパートの赤ちゃんコーナーや、
レストランでお願いするなどして
外出先で温め直しができそうな場合は
レンジ対応容器に凍らせておくのも
おススメです。
これなら痛むことをあまり心配せずに
持ち運ぶことができます。

ただし赤ちゃんの離乳食は少量なので、
持ち運んでいるうちに解凍されることも
あるので、保冷バックに入れて
保冷剤も入れておくとより安心です。
そうすることで汁もれも防止することが
できますよ。

離乳食初期、中期位のとろとろの離乳食の持ち運びにおすすめなのは
スープジャーです。
これなら痛みにくいですし、
汁もれの心配もありません。
できたての温かいまま持ち運べるので、
赤ちゃんも美味しく食べられるはずですよ。

スープジャーにも少量持ち運べるタイプのものや、2段になっていて上におかずを
乗せられるものなどもあるので、
そういうものを活用すれば
荷物のかさばらなくていいですよね。

離乳食後期くらいになってくると
手づかみ食べができるようになるので
パンケーキやおやきを持ち運ぶのも
便利です。
これなら汁漏れの心配もなく、
しっかり加熱しておけば持ち歩いても
痛みにくいです。

茹でた野菜をミキサーなどで
細かく砕いたものや、
きなこや粉ミルクをパンケーキに
混ぜておけば、栄養のバランスも
ばっちりですよ。
お出かけ前に何種類も作るのが大変!
というときにおすすめの一品です。

それから最終手段として、
赤ちゃん用のおやつを多めに
持っていくのもあり
です。

おやつと言っても甘いものではなく、
赤ちゃん用に作られたものには
お野菜が入ったおせんべいや砂糖不使用のボーロなど食事に近いものが沢山あります。

外出先ではゆっくり赤ちゃんに
食事をあげられないこともあるので、
そうしたおやつは場所を選ばず
あげられるのも便利なところです。

旅行の時の離乳食はどうしたらいい?冷凍食は持ち歩いてもいいもの?

帰省や、泊りがけの旅行の時には
長時間の移動なども考えて、
市販の離乳食を活用しましょう。

冷凍したものを持ち運ぶこともできますが、
その場合はその日のうちに
食べ切りましょうね。
市販の離乳食は食べなれていないと
まったく食べてくれないという
赤ちゃんもいるので
旅行など事前に予定が
分かっている場合には、
旅行へ行く前に食べる練習を
しておきましょう。

バナナやパンが食べられる赤ちゃんには、
現地で調達するという方法もあります。
これらのものはコンビニなどでも
売られているので、
比較的どこでも手に入りやすいです。
また赤ちゃん用のふりかけ
持参しておくと、
外食の際大人のご飯を
取り分けて食べさせることもできますよ。

ただし旅行先では食べなれていないものは食べさせないでくださいね。
旅行中は長時間の移動など、
赤ちゃんも普段の生活と異なるので
負担も大きくなります。
そんな時に食べなれていないものを
食べると、体調不良の原因に
なったりもしますよ。

まとめ

いかがでしたか?
赤ちゃんとの外出先での食事の準備は
ママにとっては少し大変ですが、
赤ちゃんにとっては外で食べるご飯は
新鮮で、楽しいものです。

いつもはなかなか食べようとしない子が
パクパク食べるなんてうれしい効果も。
ぜひ赤ちゃんと外でのお食事を
楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする