七五三のお参りはいつ頃するの?1月は時期外れ!?

スポンサードリンク

七五三は子どもの成長をお祝いするものです。
子どもがすくすくと元気に育っていることをお祝いするのです。
そして、長生きできますようにと願いが込められて行われています。

七五三お参りをお正月とくっつけるのはダメ!?

スポンサードリンク

七五三といえば昔から11月15日に行われてきました。
これは、旧暦の15日といえば鬼が出歩かない日とされて、何を行うにもいい日とされてきたからです。
この縁起のいい日を収穫の実りを感謝する11月に、子どもの成長も一緒に感謝することから始まったとされています。
しかし、時代とともに、11月15日以外の日に七五三のお祝いをする人も多くなってきています。
両親の仕事の都合であったり、家族の休みの都合など。
土日や祝日の都合がよかったりと、11月でも日にちにこだわらず、七五三のお祝いを行う人もいます。
他にも、お正月に着物を着るから、お正月なら家族が集まれるからという理由から1月のお正月に七五三のお祝いも一緒に行う人もいます。
七五三のお祝いは必ずしも11月15日にしなければいけないものではありません。
それぞれの家庭の都合や状況に合わせて、無理のない日程で七五三のお祝いをしてあげましょう。

七五三お参りについて!お祝いする意味・時期・準備期間はいつから?


七五三のお祝いをするのは、江戸時代にあった風習が元になっていると言われています。
・3歳の子どもに髪置(カミオキ)と呼ばれるお祝いの儀式を行っていました。
主に女の子に行われました。それまでは髪を剃ってしまっていたのです。
髪置のお祝いをすることで、髪を伸ばしはじめたとされています。
・5歳の子どもの袴着(ハカマギ)と呼ばれるお祝いの儀式を行っていました。
男の子が袴を着るようになるためのお祝いです。
・7歳の子どもの帯解(オビトキ)・紐落しなどと呼ばれるお祝いの儀式を行っていました。
女の子がヒモで結んでいた着物を帯で結びはじめるためのお祝いです。

これらのお祝いの儀式がのちに、「七五三」としてお祝いされるようになったのです。
現在の七五三は、
3歳=男の子、女の子
5歳=男の子
7歳=女の子

このようにお祝いをするようになっています。
昔は数え年でお祝いをしていました。
数え年とは生まれた年を1歳と数えていきます。
しかし、現代では満年齢でお祝いをします。
満年齢とは生まれた年を0歳と数えていきます。

七五三はお参りをしてお祝いします。
子どもは晴れ着を着て、お参りに神社へ行きます。
そして、千歳飴を持ってお祝いします。
千歳飴には子どもが長生きしてくれますようにと願いが込められているのです。

まとめ

七五三の準備は少なくとも数か月前からはじめるといいでしょう。
それは、七五三をどうお祝いするか、内容を決めることからはじまります。
・子ども、親の着る衣装をどうするか
・どこの神社へお祝いにいくのか
・ご祈祷をしてもらうのか、それともお賽銭をあげて参拝してくるだけにするのか
・写真は写真スタジオなどに依頼するのか
・お祝いの食事はどうするのか

このように七五三のお祝いを行うといっても決めなければいけないことがたくさんあります。
それぞれの家族に合わせて、お祝いするスタイルを決めるといいでしょう。
現代では、記念写真を撮影してもらい、神社に参拝するだけというスタイルの人も多くいます。
3歳の子どもが長い時間のご祈祷を座って聞いているのは大変です。
騒ぎ出してしまう子どもや、立って歩き回ってしまう子どももいます。
しかも、子どもに晴れ着を着せてあげると、動きずらく、子ども自身も大変です。
形にこだわりすぎることなく、自分たちが納得のいく七五三のお祝いにしてあげましょう。
もちろん、記念になる七五三のお祝いにしてあげることもいい思い出になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする