七五三の初穂料の読み方や意味は?ご祈祷の読み方わかる?

スポンサードリンク

七五三のお祝いと言っても、準備することはたくさんあります。
何を着るかということからはじまり、神社にてご祈祷をしてもらうのか、
神社で参拝するだけにするのか、食事会をするのか、写真撮影はどうするのか。

このように七五三のお祝いはやることがたくさんあります。
特にはじめての子どもの七五三のお祝いとなると、
何をどうしようかと悩んでしまうものです。
そこで、今回は神社でのご祈祷、初穂料について簡単にまとめてみました。

お寺か神社か?どっちに行けばいい?など、今さら聞きにくいけど、
どうなんだろう?という疑問もありますよね。
そちらは別記事にしていますので是非読んで下さいね。
七五三は神社か寺かどっち?どっちでもいい?

初穂料やご祈祷の読み方は?今さら聞けない準備の仕方!

スポンサードリンク

七五三のお祝いで神社にお参りにいきます。
その際に、ご祈祷をしてもらいます。
ご祈祷はごきとうと読みます。
七五三を迎える子供がこれからも元気に過ごせますようにと、
神社でお祈りをしてもらうことを言います。

このご祈祷をしてもらうお礼に納めるお金のことを初穂料と言います。
初穂料は、はつほりょうと読みます。

現代では、七五三のお祝いといっても、神社にて参拝するだけで、
ご祈祷をしてもらわない人もいます。
家族の予定が合わなかったり、ご祈祷の予約がとれなかったりして、
神社で参拝だけですますこともあります。
必ずしも、ご祈祷を行ってもらわなければいけないという決まりはありません。
七五三のお祝いスタイルは時代とともに変化してきています。
自分たちが納得できるお祝いの形でいいのです。

七五三のお祝いにご祈祷をお願いする場合は、初穂料が必要になります。
この初穂料は神社によって金額が決まっている場合がほとんどです。
初穂料の相場は5千円から1万円ほどだと言われています。
ご祈祷をお願いする場合に予約が必要な神社もあります。
事前に神社に問い合わせをして、ご祈祷の予約が必要なのかどうか、
初穂料の金額も確認しておくといいでしょう。

初穂料の金額が分かったら、事前にそのお金を用意しておきましょう。
そして、初穂料のお金をのし袋に入れて用意します。
七五三で使うのし袋は花結び、蝶結びと言われる水引のし袋を使います。
“ちょうむすび“がある袋です。
ちょうむすびは何度も結び直すことができます。
これは何度あってもいいお祝い事の時に利用します。

のし袋の表面の書き方は、
上半分の真ん中に、
御初穂料
と書きましょう。
下半分の真ん中に七五三のお祝いをする子どもの名前を書きましょう。

のし袋の裏面の書き方は、
下半分の真ん中より左側に、
住所、名前、金額
を書きましょう。
中袋があるのし袋は住所、名前、金額は中袋に書きます。

七五三の初穂料には新札を用意した方が良い理由


ご祈祷をお願いする場合に用意する初穂料のお金は、
できることなら新札を用意しましょう。
必ず新札を用意しなければいけないという決まりはありません。
しかし、ご祈祷してもらい、神様への感謝のしるしとして、
お渡しするものです。
綺麗な新札を用意すると気分もいいですよね。

子どもが成長して、はじめての七五三のお祝いを迎えるのは、
嬉しいことですよね。
ドキドキ嬉しい気持ちで七五三のお祝いをします。
七五三のお祝いの準備は少なくても2ヵ月以上前から行うことをオススメします。
子どもに着せるものを選ぶことからはじまり、購入するのか、
レンタルするのかを決めることからはじまります。

何を着せれば良いのかも迷いますよね。
特に女の子は歩きやすそうな袴ではだめなのかな?とか思ったりします。
七五三で女の子が袴を着るのはおかしい?

そして、いつ神社にお参りにいくのか、ご祈祷をしてもらうのか、
写真撮影をスタジオにお願いするのか、食事会をするのかなどを決めなければいけません。
七五三のお祝いに参加してもらう家族の予定もあります。
焦ることのないようにゆとりをもって予定を立てましょうね。

まとめ

七五三のお祝いは分からないこともたくさんあるでしょう。
当日バタバタと焦ってしまうことがないように、
分からないことは事前に調べておきましょう。
神社で行うことは神社に問い合わせることで教えてくれますよ。
幸せな七五三のお祝いをしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする