七五三はなぜするの?誰が祝うもの?伝統・マナー・費用を教えて!

スポンサードリンク

子どもが成長していくにつれて、七五三のお祝いが近づいてきます。
毎年11月に近づいていくと、七五三のお祝い関係のものを至るところで見ることになります。
七五三のお祝いとはどういうものなの?必ずするものなの?という疑問を持つ人もいるでしょう。
まずは七五三のお祝いをする意味を知ることからはじめましょう。

七五三とは?

スポンサードリンク

七五三は、3歳、5歳、7歳の子どもの成長をお祝いするものです。
男の子=3歳、5歳
女の子=3歳、7歳

にて、七五三のお祝いを行います。

七五三のお祝いは11月15日に行われてきました。
これは、色々な歴史があると言われていますが、ひとつは、15日を縁起がいい日と言い、何をするにも吉日であると言われたからです。
さらに、11月15日が旧暦では最も良い吉日だと言われたからです。
他の歴史もあり、江戸時代に徳川綱吉が自分の子どものお祝いを11月15日に行ったとも言われています。

七五三のお祝いとして、子どもに晴れ着を着せて、神社にお参りにいきます。
そして、神社にてご祈祷をしてもらいます。
子どもには千歳飴を持たせます。
他にも、記念撮影をしたり、食事会を開いてお祝いします。

七五三のお祝い?「初穂料」の読み方と意味!


七五三のお祝いに神社にお参りにいき、ご祈祷をしてもらいます。
その際にご祈祷のお礼として、初穂料を神社にお渡しします。
子どもがここまで成長できたことの感謝とお礼の気持ちを初穂料としてお渡しするのです。

もし、神社に参拝するだけで終わらせる場合はお賽銭のみ必要になります。
初穂料はご祈祷をしてもらう場合に必要なものです。
初穂料は神社の受付にてお渡しします。
金額は神社によって違います。
初穂料の金額が決まっている神社がほとんどです。
ご祈祷をお願いする場合は予約が必要な神社があります。
神社に問い合わせをした際に、金額も確認しておきましょう。
一般的に言われているのは、初穂料は5千円~1万円程度です。

初穂料は神様への感謝とお礼の気持ちを込めてお渡しするものです。
できることなら新札を用意しておきましょう。
お祝い事のお金は新札を用意することで、相手も自分も気持ちのいいものですよ。

七五三にかかる費用は?今どきの総額を教えて!


七五三にかかる費用は内容によって違ってきます。
今回は例えをあげておきます。
金額はあくまでも、これくらいになるという参考にしてくださいね!

・子どもの晴れ着レンタル 1万円くらい
・子どもの晴れ着を購入  3万円くらい
・親の和服レンタル    2万円くらい
・スタジオにて写真撮影  5万円くらい
・初穂料         5千円くらい
・食事会   5千円円×7人=3万5千円くらい
合計          12万円~14万円くらい

七五三のお祝いにはこれくらいは必要になります。
もちろん細かい状況にて金額は上下します。
例えば、
晴れ着のレンタルは土日に借りるのと、平日に借りる場合で金額が違ったりします。
スタジオにて記念撮影を依頼する場合も、どういったアルバムを作ってもらうのか、写真を何枚購入するかによって金額は大幅に違います。
安く済ませようとしたら、写真を2枚くらいにして、1万円程度で写真撮影をしてもらうことも可能です。
食事会も料理の値段、参加する人数によって違います。
そして、祖父母からしてみると、孫の七五三のお祝いは嬉しいものです。
お祝いのお金を出してもらえる場合もあるでしょう。

まとめ

七五三のお祝いは何をどうするか、どれだけこだわって行うかによって全く違います。
子どもの成長をお祝いする記念ですかから、盛大に行いたい!という人もいます。
どんなお祝いの形を選んだとしても、子どもにとって記念になり、嬉しいものです。
最低限のマナーや伝統も大切になりますが、自分たちがしたいと思う七五三のお祝いをしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする