マタニティーブルーはいつからなりやすい?そしていつ頃おさまる?

スポンサードリンク

マタニティーブルーとは産後、一時的に精神が不安定になる状態のことを言います。
「マタニティー」って付いていると、妊婦さんが出産や育児に不安を感じて精神的に
イライラすることかと思いがちですが産後のことなのです。
ただ、産前もホルモンバランスの変化によって気分の変調が起きやすいです。
その場合も一般的にはマタニティブルーと呼ばれています。
産前のマタニティブルーは妊娠初期と後期に起こりやすいです。
実際に産前のマタニティブルーを経験したママたちの経験談を集めましたので、
こちらも読んでみて下さいね。
マタニティブルーを産前に解消した方法!先輩ママの経験談

マタニティブルーになりやすい時期ってある?

スポンサードリンク

マタニティーブルーは産後2~3日からがなりやすいと言われています。
妊娠中は妊娠を維持して出産にたどり着くまでに大量の女性ホルモン
(エストロゲンとプロゲステロン)が出ている状態です。
それが出産すると供給が急にストップするのです。
この急激なホルモンの変化についていけず、自律神経が混乱してしまうのです。

マタニティーブルーの症状は?


何を見ても泣けてくる
ちょっとしたことでイライラする
原因もないのに不安や緊張感があり焦ってしまう
食欲がない
何もする気が起きない
寝付きが悪い眠りが浅い
赤ちゃんが可愛いと思えない
こんなことがあったらマタニティーブルーを疑いましょう。

また、ご主人も奥さんの様子に戸惑うと思います。
何かしてあげたいけど、何と声を掛けたら良いのか?
何も声を掛けずそっとしておいた方が良いのか悩んでいませんか?
ご主人からマタニティーブルーになってしまった奥さんへ、できることについてまとめてみました。
是非読んで参考にしてみて下さいね。
マタニティブルーに夫は困惑!?夫婦で危機を乗り越えるコツ

いつ頃おさまる?どんな人がなりやすいとかあるの?


辛い時期は大体2~3週間ぐらいで抜けていきます。
新しいホルモンバランスに慣れていくためです。
でももしその時期を過ぎても気分が晴れない時は
かかりつけの産婦人科に相談しましょう。

今まで忙しい仕事もテキパキこなし、くよくよ悩むようなタイプではなかった。
だからきっと育児もうまくやれるはずと思っていたのに、産後は落ち込みっぱなしということも少なくありません。
マタニティーブルーは元々の性格とは関係なく 起こるということです。
だから自分を責めないことが大事です。
マタニティーブルーになってしまった時は自分ではどうしようもありません。
自分さえ我慢すれば…と考えがちですがこの時期に心と身体のSOSに耳を傾けないと、
産後うつへと発展してしまうことがあります。

大事なことなのでもう一度言います。

性格は関係なく誰でもなることなので、
自分を責めるのはやめましょう。

マタニティブルーなってしまったら

友達でも知り合いでも誰にでもいいので、今自分が辛いと
声を出して言ってみましょう。

まったくの他人の方が本音を言いやすいと言うこともあると思います。
その場合は出産したところの助産師さんでもいのちの電話でも、
どこでも誰でもいいです。
2~3週間で回復して来ますが、マタニティブルー真っ最中の時は自分ではどうしようもありません。

家事はサボりましょう。
洗濯も掃除もしばらくしなくても大丈夫。
そして自分が食べておいしいと思うもの作ってもらったり買ってきたりしましょう。

時には泣いてもいいです。
おもいっきり泣くとちょっとスッキリすることってありますよね。

妊婦さんがなるものと思われがちだけれど、マタニティーブルーは産後に現れます。
産後2~3日からなりやすく、2~3週間で回復することが多いですが、
この時期に無理をすると産後うつへと発展してしまうこともあるので注意しましょう。

実際に私は産後うつになってしまい、とてもしんどい思いをしました。
何もかもがどうでもよくなり、自分なんて・・と考えていた時期があります。
その時どんな症状で始まったのか、どういう経過でどうやって治ったかなど、
その時の経験も記事にしてみたので参考にして下さいね。
私の産後うつ体験

まとめ

マタニティブルーは誰にでもどんな人もなる可能性があります。
頼れたり、相談できる場所や相手を出産前から見つけておいて、
いざと言う時にはお願いできるようにしておくと安心ですね。
育児はこの先長く続きます。
産後は人に上手に甘えられる練習をする時期だと考えるのも大切ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする