つわりが重くても会社を休めない…。つわりは病気じゃない!?

スポンサードリンク

赤ちゃんを授かったことに喜ぶと同時に、
つわりに苦しむ妊婦さんも多いですよね。
つわりは自分でコントロールできず、
症状も人それぞれでツライもの。
しかも仕事をしている妊婦さんだと、
つわりで仕事を休んでもよいのか?
休む基準はどうすればいいのか?気になりますね。
そこで今回は、つわりで会社を休むことについてまとめてみました。

つわりが重いけど会社を休めない妊婦さんに知ってもらいたいこと

スポンサードリンク

つわりには色々な症状があり、人によって症状も
その程度もまったく違います。
「◯◯さんは、つわりで休むことなんてなかった」なんて
心無い言葉を言われてしまうこともあるかもしれませんが、
それは妊娠やつわりに対する理解度が低いから。
人と比較することに何の意味もありません。
人によって違うどころか、妊娠した子どもによっても違うのです。
私は、一人目のつわりは軽く、気持ち悪いのが
少しとめまいがあった程度でしたが、
二人目の妊娠では、食べづわり、嘔吐と症状が全然違いました。
ですから、人と比べて我慢をするようなことは
してはいけないのです。

つわりだけでなく、妊娠中は体の不調が色々な形で現れます。
どれだけ意欲があっても思う通りにはいかないことの方が多いです。
職場に迷惑がかかるから・・・と無理をして倒れてしまっては、
それこそ迷惑をかけてしまいます。
妊娠中は、お腹の子どもと自分のことを第一に考えて、
無理は避けるべきです。

つわりで休むことは法律でも認められている!
「妊娠は病気じゃないから」「迷惑をかけてはいけない」など
の思いから、つわりでしんどくても休みたいと言い出せずに
困っていませんか?
つわりによる体調不良で仕事を休んだり、
働き方を配慮してもらうことは法律でも認められていることです。
つわりの症状が強いときなど、体調や職場の環境に応じて
医師や職場に相談し、休業・時差通勤・勤務時間の短縮など
対応してもらいましょう。

「母子健康管理指導事項連絡カード」を医師に書いてもらおう
職場が休みや勤務の仕方、異動の希望等を聞いてくれない場合、
「母子健康管理指導事項連絡カード」(以下、母子連絡カード)を
医師に書いてもらい、活用しましょう。
母子連絡カードは、医師からの指導内容を適切に
職場に伝える役割を果たします。

妊婦健診の際など、受診した際そのカードに
・つわりでの休業
・勤務時間の短縮
・業務の配置換え
などの指導事項を医師に書いてもらいましょう。
そしてその母子連絡カードを職場に提出します。
事業主はその母子連絡カードに欠かれたことを
拒むことは出来ません。

本来なら、そのようなカードがなくても訴えがあれば
対応するべきなのですが、出来ていないのが現状ですから、
「母子健康管理指導事項連絡カード」を利用して
自分の体を守りましょう。

傷病手当金が申請できる
勤務先で健康保険に加入していれば、「傷病手当金」を
申請できる可能性があります。
傷病手当金とは、病気やケガで連続4日以上無給で休んだ場合、
4日目以降の日数を対象に支給される保険給付です。
妊婦の場合、妊娠悪阻や切迫流産、妊娠高血圧症候群などの
疾患があり、入院や自宅での安静が必要だと診断された場合に
給付を受けられます。
傷病手当金の手続きには、指定の申請書に医師に記入してもらい、
出勤簿の写しなどとともに健康保険組合に提出する必要があります。

つわりで休むときのHow To!タイミング・期間・伝え方

上司には早めに妊娠したことを伝えておく
まず妊娠が判明した時点で、直属の上司には伝えておきましょう。
つわりは妊娠6週ごろから出てきますし、
つわりだけでなく急な体調不良で休むこともあるかもしれません。
通勤緩和や業務の配慮をしてもらうにも、
上司には妊娠したことを伝えておく必要があります。
上司には、予定日や、急に休む可能性もあること、
迷惑をかけるかもしれないこと、産休・育休などを
どうするつもりなのか、も一緒に伝えておくとよいでしょう。

上司以外の同僚には、安定期に入ってから報告するという
考え方もありますが、フォローやサポートをしてもらうには、
早めに報告した方がよい場合もあります。
いつ、どのように報告するかは上司や先輩ママに
相談してみると良いでしょう。

つわりを理由に休める期間や基準は?
つわりには症状の強さをあらわす尺度はないので、
どの程度のつわりなら仕事を休めるのかという基準はありません。そのため、仕事を休むかどうかは一人ひとり違ってきます。
つわりの症状が重いときは、症状や職場環境に応じて、
休む期間や時差通勤・勤務時間の短縮などを医師や職場と
相談して決めましょう。

電話で休みを伝える時は、正直に簡潔に感謝の気持ちを伝える
つわりは日によって症状の重さは違います。
つわりがヒドい時というのは、何もすることが出来ません。
そんな時は電話などで正直に「つわりがひどいので・・・」と
伝えましょう。
体調が悪くて休む時と同じように、簡潔に伝えるのがポイント。

また、仕事を急に休むことになって申し訳ないという気持ちと、
感謝を伝えるのもコツです。
妊娠しているから当然でしょ!という態度はNG。
「いつもご迷惑をおかけしてすみません。感謝しております」と
あくまでも低姿勢で、ありがたく思っていることを
くり返し伝えましょう。

まとめ

妊婦が働くことに対して寛容にはなってきているものの、
まだまだ社会の理解が追いついていないのも事実です。
つわりの症状は病気のつらさと大差ないのに、
職場によっては理解が得にくいことも。
「妊娠は病気ではない」と言いますが、
これは「妊娠は病気ではないから、薬で治すことは出来ない。
だから体を大事にして無理はしないように」という意味です。
具合が悪いときは我慢しないで、
ママが休みたいと思ったときは、
お腹の赤ちゃんも休みたい時だと思って、体を休めてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする