七五三に半襟は必要?できるだけ軽装で済ませたいママ必見!

スポンサードリンク

七五三は子どものイベントの一つですよね。
もちろん主役は子どもですが、お参りをしたり、
記念撮影をするのに、ママも着物を着たいですよね。
普段、着物を着る機会は限られています。
せっかくのお祝い事ですから、ママも着物を着て、
子どもの七五三をお祝いしたいですよね。

しかし、着物を着ることがほとんど無いと、
何を用意したらいいのか分からない!!
普段使わないから、揃えるものもできるかぎり少なくしたい!!

そんな気持ちになりますよね。
そこで、着物を着るママに
どんなものがいるのか簡単にまとめてみました。

ママが着物を選ぶポイント

スポンサードリンク

子どもの七五三のお祝いにママも着物を着たい!!という時に、
どういった着物を選んで着るのがいいのか悩んでしまいませんか?
“着物”と一言でいっても、少しずつ違いがあります。

そこで、七五三にママが着ていく着物に
ピッタリなものがあります。

・訪問着
・付け下げ
・色無地

このように呼ばれる着物を選びましょう。
七五三のお祝いですから、
あまりカジュアルすぎる着物は避けるといいでしょう。

半襟とは?無くても着物は着れる?あるとないとでなにが違う?

着物を着る際に、色々と必要なものがありますが、
その中でも半襟と呼ばれるものがあります。
これは着物を着る際に必要なものの1つです。

半襟とは、長襦袢(ながじゅばん)と呼ばれる着物を着る際の
下着にあたるものにつけて使います。
半襟があることで、襟元が華やかになります。
他にも、着物が汚れないようにする役割もあるのです。

着物を着るのにできるだけ必要なものを減らしたい!!
と思うかもしれませんが、半襟は必要なものです。
着物をレンタルする場合でも、
「長襦袢を用意して半襟をつけてきてください。」と
お願いされることがあります。

多少手間ではありますが、着物をきちんと着る為にも、
半襟の準備はしておきましょう。

七五三に必要なもの!まとめました


七五三のお参りに行くのに、子どもに晴れ着を着せていく人が多くいます。
そんな七五三に必要なものがあります。

・普段履きなれた靴
普段、子どもが晴れ着を着る機会は少ないでしょう。
すると、履きなれない履物は足を痛めてしまい、
疲れてしまう原因になります。

お参りの時だけ履きかえるようにし、
移動の際などは履きなれたスニーカーなどを
履かせていきましょう。

・初穂料
神社にてご祈祷をしてもらう際に
受付にてお渡しするものです。
ご祈祷してもらうお礼に渡すお金になります。
忘れないように事前に準備しておきましょう。

・着替え
神社でのお参りが終わると、
そのまま晴れ着を着ているのは大変です。
着替えの服を用意して着替えさせましょう。
食事会など、晴れ着のままではごはんも食べにくいものですよ。

着替えさせることで、
「晴れ着を着たままで汚されてしまったらどうしよう。」
という心配もありません。

・飲み物&お菓子
子どもは待ち時間に退屈になってしまい、
ぐずったりしてしまいます。
そんな時に、飲み物やお菓子などがあると時間を潰すこともできます。

・防寒対策
11月にお参りをする人は、寒い日もあります。
子どもにスパッツを履かせたり、
ストールを持っていくなどして防寒対策をしておきましょう。

まとめ

七五三にこれは必要ない!!というものは家庭によって違います。
七五三のお祝いは何をどうするか、それぞれの家庭によって違ってきます。

例えば、神社にてご祈祷をしてもらうのか、
お参りだけをするのかでも違います。

食事会をするのか、
晴れ着を着せるのか、
親の服装はどうするのか、
それによっても必要なものは違ってきます。

それぞれの家庭で七五三のお祝いの予定をたて、
何を行うのかを決めることで、必要なものがでてきます。
七五三の準備には時間も必要です。
少なくても3ヶ月前には予定を立てはじめておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする