一歳の食べムラは当たり前!理由を知ればイライラから一瞬で解放される!

スポンサードリンク

子どもの食事についての悩みで多いのはやはり好き嫌いですね。
多くのママ、パパが子どもの好き嫌いで
悩んでいるのではないでしょうか。
離乳食はパクパクとなんでも食べていたのに、
突然、偏食・食べムラ・遊び食べ・食事を拒否・・・。
昨日までは食べていたのに、突然食べなくなることも。
今回は、1歳の子が食べなくなる理由や少しでも
食べるようにするコツをご紹介します。

1歳の「食べない」は当たり前?

スポンサードリンク

「もうお腹がいっぱい」という信号を出すのが満腹中枢です。
この満腹中枢が完成するのが1歳半ごろだといわれています。

ですから、「食べすぎて困る」のと「食べなさ過ぎる」というのは反対のことのように思えますが、
どちらも満腹中枢がまだ未発達で起きることなのです。
食べ過ぎたり、食べなかったりと食べムラを
くり返しながら成長していくのです。
1歳というのは、まだ味覚も発達の途中なのです。
食べないからといって、「この子はこれは嫌いなのね」と
決めつけないことも大事。
嫌いだと決めつけて食卓に出さないと、味覚の幅がせばまってしまいます。
味覚も、たくさん食べたり、突然食べなくなったり、また食べたりを繰り返して、
味覚の幅を広げています。

また、1歳という年齢は自我が発達し、「自分がこうしたい」と意思を持ち、
「イヤ」と表現できるようになってくるころでもあります。
・ごはんよりお菓子が食べたいの!
・いまはこれが食べたい気分じゃないの!
・よく分からないけど、これはイヤなの!
泣いたり、叫んだり、ぐずったり・・・
対応するママは大変ですが、子どもの自己主張は一旦受け入れてあげましょう。
このように、満腹中枢や味覚、自我の発達が未熟なので、好き嫌いがあったり、食べムラがあることは普通なのです。
今食べないからといって、一生食べないこともないので、食べたくない気分なら無理に食べさせなくても問題ないでしょう。

食材の調理法も食べない原因のひとつ


歯が完全に生えそろう前の1~2歳の子どもの好き嫌いは、
食材の調理法も原因のひとつです。
調理法を変えてみるのもひとつの方法です。

子どもが苦手な食材7パターン
1. ペラペラで薄いもの:
レタス、わかめ、油揚げなど
薄すぎる食材もうまく噛むことが出来ません。
2. 固くて噛み切れないもの:
肉のかたまり、エビ、タコ、いかなど
3. だ液を吸うもの:
パン、ゆで卵、さつまいもなど
歯が生えそろうまではだ液の量も
少ないので、食べにくいのです。
4. 皮が口に残るもの:
ウインナー、豆、トマトなど
皮を噛み切ることが難しい。
5. 口の中でバラバラになってしまうもの:
ブロッコリー、ひき肉など
口の中でバラバラになってしまうと、
うまくまとめられないために食べにくい。
6. 弾力のあるもの:
こんにゃく、しめじ、かまぼこなど
小さく刻めば食べられますが、無理して

この時期に食べさせなくても問題ない。
7. ニオイの強いもの:
ニラ、しいたけなど
ニオイで嫌がる子も多い。

筆者の子は3歳ですが、皮が口に残るウインナーや豆は
まだうまく食べられないので好きではありません。
その他も、いま振り返ってみると、
あまり食べなかった食材があります。
しかし、これも成長していくにつれて食べられる
食材が増えていくので、心配しなくて良いでしょう。

少しでも食べるようにするコツ

3~4歳くらいまでは、新しい食べ物よりも、
食べ慣れたものの方が安心して食べられるので
「ばっかり食べ」となりやすいです。
これも成長の一部なので、あまり心配する必要はありません。

新しい物やあまり好きではない物を食べさせたいときは、
食事の最初に出しましょう。
お腹が空いていれば、食べ慣れないものでも
案外食べてくれる可能性が高いです。
もし食べなくても、強要はしないで
そのまま出しておきましょう。
大人が食べていれば、そのうち真似をして
食べるようになります。

それでも、栄養バランスが気になるママもいますよね。
食べない食材があったとしても、ほとんどの場合、
栄養は十分とれています。

少しでも偏食をなくしたいと思うのであれば、
トマトソース・あんかけ・ミルク系ソース
を試してみてください。
比較的、子どもに人気のある料理です。

まとめ

子どもに栄養バランスを考えた食事を食べさせることは、
親としての務めです。
なるべく色々な食材を食べさせようと、
子どもの好き嫌いをなくそうと、たくさんのママが
工夫をしていることと思います。

今、食べられない食材も、大きくなったら
食べられるようになります。
逆に、今好きで食べているものを嫌いになって
しまうことだってあり得ます。
子どもが好き嫌いをする、ばっかり食べをするのも
成長の一部ですから、必要以上に心配する必要はありません。
食事はおいしく、楽しく食べるもの。
お子さんと一緒に楽しく食べられるようになるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする