母乳が出過ぎる時の対処法3つ!母乳育児が軌道に乗るまでの乗り切り方!

スポンサードリンク

母乳の出すぎで困っていませんか?

  • 授乳しようとすると、両方から母乳が溢れてきて子どもがむせて上手く飲めない
  • 乳腺炎にならないか心配・あふれたおっぱいでパジャマがビシャビシャに濡れてしまう

おっぱいがたくさん出るのは嬉しいけど、出過ぎて赤ちゃんがうまく飲めないと心配になります。
このままでちゃんと量が減るのか、出過ぎる母乳が溜まって乳腺炎になってしまわないかも心配ですよね。
おっぱいの需要と供給のバランスが取れて、母乳育児の軌道に乗るまでに最低3か月はかかると言われています。
なぜなら赤ちゃんもまだ小さいうちはおっぱいをうまく飲めないし、飲む量も少ないからです。
大きくなるにつれて飲み方も上手くなり、飲む量も増えてきます。

母乳が出過ぎる時の対策3つ!

スポンサードリンク

そうなれば母乳は飲まれた分だけ作られるようになる『差し乳』の状態になって、
母乳育児も軌道に乗ります。
それまでの間の過ごし方について、母乳が出過ぎがストレスにならないような過ごし方を
3つご紹介します。

授乳前に搾乳する

まず、赤ちゃんがうまく飲めないのは、母乳の出る勢いと、
赤ちゃんの飲むスピードが合わないからです。
おっぱいがたくさん出て過ぎて赤ちゃんが飲みにくそうなときは、
授乳の前に圧抜き程度に搾乳しましょう。
おっぱいが溜まったままだと乳腺炎になりやすいし、
先に少し搾乳しておくと母乳の出る勢いが緩和されます。
搾乳の目安は硬くなっている乳輪が柔らかくなる程度です。
絞りすぎるとまた母乳が作られてしまいまうので全部絞ってしまわないようにしましょう。
搾乳した母乳は哺乳瓶で飲ませてあげてもいいと思います。
なぜなら産後日が浅ければ浅いほど、
母乳には赤ちゃんに与えてあげたい栄養や免疫などの成分がたっぷり
入っています。
たくさん出るからと捨ててしまうにはもったいないです。
それに哺乳瓶に慣れておけば、今後乳頭トラブルが起きてしまった時や、
どうしても人に預けないといけなくなった時にも慌てずにすみますよ。

母乳が作られすぎないようにする

普段の食事は和食中心にして母乳がたくさん作られすぎないようにしていきましょう。
特にチーズなどの乳製品は母乳がたくさん出ると言われているので、
母乳が出過ぎているときは控え気味にした方が良いです。
また、母乳がたくさん出過ぎて痛みがあるようなときは、
保冷剤やアイスノンでおっぱいや脇の下を冷やすと痛みはマシになります。
身体が温まっていると母乳が作られやすいので、
冷やすことで一時的におっぱい張りを緩和できるようです。
一時的にはそれでしのげても、痛みが繰り返すようなら、
出産した病院や母乳外来のあるところで相談してくださいね。

病院や助産院で相談する

私も産後、母乳が出過ぎておっぱいがガチガチに張って痛いことがあり、
一度出産した病院の助産師外来を受診しました。
一時間くらいかけておっぱいマッサージをしてくれて、
おっぱいがフワフワに柔らかくなりましたよ。
マッサージを受けている最中も、授乳のやり方や育児の愚痴なども聞いてもらえて、
気持ちも軽く帰りました。
病院に行くとなると少し敷居が高い気がするけど、お医者さんじゃなくて、
助産師さんだと相談もしやすいし、おすすめです。
あと、母乳が出過ぎて母乳パッドを使うときは、
こまめに取り換えるのも良いですが、夜寝られませんよね。
そんな時は乳頭の上だけではなく、周りを囲むように2,3枚当てておくと、
服まで濡れてしまうのは防げます。
服が濡れてしまうほど母乳が出るのは2~3か月程度のことなので、
その間はある程度仕方ないと考える方が良いですよ。

まとめ

今回は母乳が出過ぎる時の対処法を3つまとめてみました。
繰り返しますが、母乳育児の軌道に乗るまでに最低3か月はかかります。
軌道に乗って赤ちゃんの飲める量が増えてくれば母乳の供給量も落ち着いてくるので、
長い目で見て過ごしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする