産後の会陰切開!痛みはいつまであるの?

スポンサードリンク

会陰切開とは、赤ちゃんが出てくるときに、
出口にあたる部分(会陰)をお医者さんが切ることです。
切ったあとは、きちんと縫合されます。

切ったり縫ったり・・・想像すると怖いですよね。

でも大丈夫。
切るときの痛みはほとんどありません。
縫うときの痛みも、ほとんど無い方が多いです。
「いつ切られたの?」という方が多いのではないでしょうか。

しかし、切開後、麻酔が切れてきたときに、
痛むという方が多いですね。
会陰切開は、なぜ必要なのでしょうか?
回復するまで、どのぐらいの期間がかかるのでしょうか?

産後すぐの陰部の痛み!会陰切開が原因?それとも!?

スポンサードリンク

産後すぐに、陰部が痛むのは、
ほとんどが傷口のせいだと思われます。
出産のときに、赤ちゃんが出てくる部分(会陰)が
避けてしまったり、裂けるのを防ぐために、
医師が切開する場合があります。
もちろん、ちゃんと縫合されているのですが、
その傷口が痛むのでしょう。

切開は、出産の最中の出来事ですので、
出産の痛みや局部麻酔が効のせいで、
切る痛み自体は感じない場合が多いです。
(ママ本人もそれどころじゃないですからね・・・)

ただ産後、麻酔が切れたときに、痛むんですね・・・。
縫合している箇所が引きつるような痛みだったり、
お手洗いに行ったとき(用を足したとき)に
痛む場合があります。

入院中は痛み止めを処方してもらえますし、
退院するころ(1週間後)には、
少しだけ良くなっていると思いますが、
痛みがひどい場合、不安な場合は、
病院に相談されると良いでしょう。

たいていは1~2週間で傷口は落ち着いてきますが、
不快感がなくなるまでは、1カ月程度かかると言われています。
個人差がありますし、数カ月続く方もいるようです。

痛みがひどい場合や、他の症状がある場合、
痛みが長引く場合などは、傷口ではない、
他の問題があることがありますので、
不安に感じたら、早めに産婦人科で診てもらいましょう。

傷口の引きつるような不快感は、
縫合してある糸を抜糸すれば治るということもあります。
最近では抜糸しなくてもよい、溶けてしまう糸で
縫われていることが多いのですが、
違和感がストレスになるようなら、
一度、産婦人科に相談してみてください。
ただ、抜糸の施術は痛いそうですが・・・。

会陰切開は必要?拒否できる?痛い?お産前に知っておきたい!!

切開後は痛いーなんて聞くと、できれば切開したくないですよね。
「できれば切らないでください」とリクエストすることはできますが、
「絶対切らないで」というのは、少々無理があります。

なぜなら、会陰切開をするのは、

赤ちゃんを無事に出すため
そして
母体に負担がかからないようにするため
だからです。

赤ちゃんの出口である会陰が、十分に伸びない場合、
赤ちゃんがなかなか出てこられず、出産に時間がかかってしまいます。
そうすると、赤ちゃんの体力も、母体の体力も心配です。
そういう時、医師が切開した方が良いと判断した場合に、
行われるのです。

切開しなくても、自然に避けてしまうこともあります。
ただ切開したほうが切り口はきれいなので、
治りが早いといわれています。

だから、赤ちゃんのことや傷口の回復のことを考えると、
会陰切開は決して悪いものではないのですね。
むしろ、出産や、産後の傷口回復の、手助けになるものと言えます。
もちろん、会陰が十分に広がれば、切らずに済む場合も
ありますから、そこは臨機応変に対応してもらえるよう、
相談してみると良いでしょう。

まとめ

会陰切開なんて医療用語を聞くと、ゾッとしてしまいますよね。
でも、実際に切られる痛みは、麻酔や他の痛みで、
ほとんどわかりません。
縫合のときに、縫われている感じが分かる人もいますが、
痛みは感じない方がほとんどでしょう。

ただ麻酔が切れた時、出産時に感じなかったものが、
押し寄せてきますね。
やはり、人を一人、排出しているわけですから。
母体へのダメージは、あって当然でしょう。

縫合の傷口が痛むのは、最初の1~2週間がピークです。
悪露(おろ)も出てますし、傷口は清潔に保つようにしましょうね。
だいたい1カ月ぐらいで痛みも治まります。
違和感が数か月残るという方は、結構いらっしゃいますが、
痛みが続くのであれば、産婦人科を受診しましょう。

赤ちゃんのお世話が始まれば、傷の痛みぐらい、なんてことない!
(というか気にしていられない・・・)
と、思うかもしれませんが、
あまり痛みを我慢するのは良くないので、
不安があれば、早めに解決しましょうね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする