お賽銭に10円しかないとき、あなたならどうする!?

スポンサードリンク

新年を迎えて、初詣に行くのって楽しいですよね。
お参りをして、おみくじをひいたり、
屋台が出ていて、歩いてまわるだけでも
ちょっと楽しい気分になります。

初詣にいき、何をお願いしましょうか?

そんな初詣では、お賽銭をおそなえしますが、
そのお賽銭は何となくおそなえしていませんか?
実はお賽銭にもちゃんと意味があるのですよ。

新年を迎える前にお賽銭について知っておくと、
初詣に行き、お賽銭をあげるときも
気持ちが違うかもしれませんよ。

事前にチェックを!意外と知らないお賽銭の意味とは?

スポンサードリンク

お賽銭は昔、お金をおそなえしていたわけではありません。
室町時代の頃には収穫したお米、
海や山の幸などが供えられていました。

これは、収穫できたお米に感謝して、
お米を洗って白紙に包んで
“おひねり”としてそなえていました。
お米は天照大御神から授けられた
貴重なものとして大切にされてきたのです。
しかし、通貨としてお金が普及していくと、
お米ではなく、お金をそなえるようになったのです。

お賽銭をおそなえするのは、
「願い事がかないました、ありがとうございます」
というお礼と感謝の気持ちが込められているのです。
お賽銭は、お願い事をするためにおそなえするわけではないのです。

これであなたもハナタカさん!縁起のいいお賽銭の金額!

お賽銭の金額は決まってはいません。
いくらお賽銭をおそなえしてもかまいません。
そんなお賽銭ですが、縁起がいいと言われている金額
あるのを知っていますか!?

5円=ご縁
5円2枚=重ね重ねご縁
5円3枚=十分にご縁
5円10枚=五重の縁
5円97枚=四方八方からご縁
11円=いい縁
20円=二重縁
25円=二重に縁
41円=終始いい縁
45円=終始ご縁
1万円=万事円満

このように言われることもあります。

逆に、お賽銭に使いたくないとされる
硬貨があるのです。
それは、

10円玉=遠縁と言われ、縁を遠ざける
500円玉=これ以上大きな効果(硬貨)がない

このように言われて、お賽銭にするには避ける人もいます。

お賽銭、お願い事はどうするの?

神社へお参りにいき、お賽銭をおそなえする際に、
どういった順番で行ったらいいのか知っていますか?
実は、順番があるのです。

神社に到着したら、鳥居の前までいきます。
そして、鳥居の前で一礼します

参道を進んでいきます。
真ん中を歩いていくのではなく、
端を歩いていきましょう。

手水舎があるので、そこで手と口を洗い清めます。

拝殿の前までいきます。

を鳴らします
(鈴を鳴らすことで、参拝する人の
邪気を払ってくれると言われています)

お賽銭をおそなえします。
(一つ、注意したいのは、お賽銭を
放り投げるようにする人がいますが、
それではいけません。
お賽銭は神様へのおそなえものです。
優しく投げ入れるようにしましょう。
拝殿の近くまでいくことで、お賽銭を
滑らせるようにおそなえすることができます。)

そして、願い事がかなった、お礼や感謝の気持ちを伝えます。

お願い事をします。

まとめ

このように神社でお参りをする際には
最低限のルールがあります。
何も知らないでお参りにいくのではなく、
意味、順番などを頭にいれてから
お参りにいくといいでしょう。

お賽銭はお願い事をするために
おそなえするものではありません。
願い事がかなったお礼と感謝の気持ちを
神様に伝えるにおそなえするのです。
自分の感謝の気持ちを伝えるので、
お賽銭の金額は自分の気持ちでいいのです。

金額が多いからいいというわけではありませんよ。
お賽銭に、5円をおそなえする人もたくさんいます。
せっかく神社にお参りにいくのですから、
お賽銭も縁起のいい金額にしてみると
いいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする