お正月の醍醐味!お年玉は何日までにあげるのが基本!?

スポンサードリンク

お正月の子どもが喜ぶイベントの一つが
お年玉をもらうことですよね。
子どもは喜んでお年玉をもらいます。

そんなお年玉ですが、お年玉をあげる立場としては、
どれくらいあげるの?誰にあげるの?
と悩んだことはありませんか?
そこで、お正月がくる前にお年玉について知っておきましょう。

意外と知らない!?お年玉の由来と意味

スポンサードリンク

お正月に歳神様をお迎えするために
お餅をお供えしました。
それは、歳神様が幸せをもってきてくれると
信じられていたのです。
供えられたお餅には、歳神様から魂が込められている
と言われていました。
その魂が込められたお餅をさげて
子どもたちに分け与えたことが、
お年玉のはじまりとされています。
そのお餅を御歳魂(おとしだま)と呼んでいたころから、
現在のお年玉につながっていると言われています。

ではお年玉はいつからお金になったのでしょう?

お年玉は、はじめはお餅を分け与えていました。
それが、室町時代頃に町人が扇、
武士が太刀をあげたとされています。
江戸時代にはいり、お金やモノをあげるようになりました。
明治時代後半には、お金をあげることが広まりました。

このようにお年玉として何をあげるのか
変化してきたのです。

先輩ママ教えて!お年玉の相場とあげる範囲とは?

お年玉をあげる立場としては、
いくら渡したらいいのか悩むことがありますよね。

そこで、お年玉をいくら渡しているのか、
相場を調べてみました。

・小学校に上がる前まで(未就学児) 1000円ほど
・小学校低学年(小学校3年まで)  1000円~3000円ほど
・小学校高学年(小学校4年から)  3000円~5000円ほど
・中学生  5000円ほど
・高校生  10000円ほど
・大学生  10000円ほど

このように、年齢が上がるにつれて
金額も多くなってきます。
働きだしたら、お年玉は渡さないという人が多いです。
その為に、何歳までというよりか、
学生かどうかがお年玉を渡すポイントになっています。
これはあくまでも、これくらい渡しているという相場です。

お年玉はあげる気持ちが大切です。
金額は無理のない範囲であげましょう。

お年玉をどこまであげるかは、人によって違います。
それぞれ家庭の付き合いや、
親族の付き合いなどによって違ってきます。
仲良しの友達の子どもにあげる人もいるでしょう。
ここまではお年玉をあげなければいけない
という決まりはありません。

お年玉はあくまでも気持ちで渡すものです。
お年玉をもらった子どもは嬉しいものです。
その笑顔だけでも,お年玉をあげる価値がありますよね。

一応、世間では
・自分の子ども
・自分たちの兄弟の子ども
・親戚の子ども
・親しい友達の子ども
このようにお年玉をあげる人が多いようです。

お年玉は何日まであげるの?

お年玉をいつまで渡すのかという決まりはありません。
お年玉をあげる機会が多いのは、
新年のあいさつで、家族や親族が集まった時が多いでしょう。

しかし、いつ会えるかは人によって違います。
もちろん、いつまでお年玉をあげるのかも
人によって違います。

一般的には、1月7日までにあげるという人が多いとされています。
お年玉をあげる日にちに決まりはありません。
1月いっぱいまでお年玉をあげる人もいますよ。
遠くて新年に会えない子どもには、
事前に12月中にお年玉を現金書留にて
送っておくという人もいます。

お年玉をあげる日にちは深く考えなくてもいいでしょう。

お年玉のマナー
お年玉のマナーとして、新札を用意しましょう。
お年玉袋にお札を入れる時は、三つ折りにして入れます。
お札を四つに折ってしまうと縁起が悪いと言われているからです。
お祝い事に4、9の数字は縁起が悪いと言われています。
お年玉に入れる金額にも気をつけましょう。

まとめ

子どもが一番嬉しいお正月の醍醐味がお年玉です。
お年玉をあげる立場としては、
いくら渡そうか悩むところかもしれませんね。
しかし、お年玉をもたった子どもの嬉しそうな笑顔を見ると、
渡して良かったと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする