七五三は男の子の3歳は?5歳しかお祝いしてはいけない?!

スポンサードリンク

男の子のお祝いは5歳だけで、
3歳もお祝いするのはおかしいことなのでしょうか?
皆さんのまわりはどうなのでしょうか?
そんな疑問にお答えしていきます!

七五三を男の子が3歳でする場合、着付けをしてくれるお店は?

スポンサードリンク

昔のイメージでいうと、男の子は5歳のみで
女の子は3歳・7歳というのが一般的だったようです。
また住んでいる地域によっても考え方は異なり、
東日本や東北地方では男の子は5歳のみという
考えが多いようです。

また西日本では3歳・5歳共にお祝いをする
という意見が多いようで、最近では東日本でも
3歳をお祝いする方も増えてきているそうです。

わが家の場合、「今しかできないお祝いだし!」
という理由で3歳と5歳の両方をお祝いしました。
単純に3歳という小さいわが子の袴姿が
見たかったんですね(笑)
わが家では近所の神社にお参りに行ったのですが、
その近くに写真館があり、そちらで
衣装のレンタル・着付け・ヘアセット
(男の子なのでそんなに変化はなかったですが(笑))
をしてもらいました。

神社の近くに写真館があるところは多いと思いますので、
そちらをまず探してみてはいかがでしょうか。
神社と写真館で提携されているところもあるようで、
「お参りして来られたら写真1ポーズプレゼント」
なんてものもありました。
どうせお参りするなら活用しない手はないですね!

もちろん美容院によっては小さい子の
着付けをしてくれるところもあったり、
ネットで出張着付けをしに来てくれる
ところもありました。
色々調べてみて、ご自身が一番やりやすい方法
見つけて下さいね。

その写真館では衣装の種類も多く、
20着ほどの中から選ぶことができました。
いざ着付けとなると、わが息子は
どうにも締め付けられるのが嫌だったようで、
着付け完成から10分程でご機嫌ななめに。
写真撮影の際にはぐずってぐずって
撮影どころではなかったので、一旦
休ませてもらってご機嫌を取ってまた再撮影…
というなかなかハードな一日でした(笑)

衣装を着てお参りに行くことも出来たのですが、
やはり着付けが苦しいとごねるので、
念のために用意しておいた洋服
(ジャケットとシャツのタイプ)に
着替えさせるとどうにか落ち着いて
お参りに行けました。(せっかくのカッコいい袴が…トホホ)

3歳はまだ小さいせいか、わが子のように
嫌がるお子さんもいらっしゃると思いますので、
無理強いせずお祝いしてあげてくださいね!

七五三!神社はどこ?いつからいつまでやっている?

七五三のお参りに行きたいけど、
どこの神社に行くのがいいんだろう?
と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

お宮参りの際に行った神社に行かれたり、
地元の神社に行ったり、はたまた
近所ではないけど有名な神社に行ったり…
選択肢は色々あります。

ちなみにわが家は地元の神社にしました。
その土地の神様なので、一番
見守っていただきたいなと思ったのが理由です。
七五三の参拝時期は11月15日です。
もちろんその日しか参拝できないわけではなく、
お仕事のお休みの日や土日、
お子様の体調がいい日などに合わせましょう。
神社によりますが、だいたい10月頃から
参拝受付をされるところが多いようです。
11月の土日や大安・友引等となると参拝される方も多く、
神社はたくさんの人で溢れかえっています。
写真をたくさん撮ったりゆっくり参拝されたい方は、
平日の方がおススメですね。
12月初旬ごろまでされているところが多いので、
無理なく参拝して下さい。

まとめ

七五三は子どもが3歳・5歳・7歳という
節の年を迎え、今までの成長をお祝いしたり
今後も健やかに成長してくれますように…
というお願いをするために
神社にお参りに行くことを意味します。
かっこいい袴を着せたり
写真をたくさん撮ることに夢中になりすぎず、
本来の参拝の意味もしっかり知ったうえで、
思い出に残る七五三にしてあげて下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする