産後の悪露が長引くのは大丈夫!?悪露の始まりと終わりまで

スポンサードリンク

私も妊娠中にはあまり教えてもらえなかったんですが、
実は妊娠~出産より、産後の方が
大変だと感じたりしませんか?!
私は最初の出産後、痛感しました。
「産後がこんなに大変だったなんて・・・!!」
体の回復のことを気にしながらも、
赤ちゃんのお世話をしなければいけませんから。

産後の体の悩みは色々ありますが、
その一つが「悪露」ですね。
意外と面倒くさいんですよね。。。
生理のようだけれど、量も期間も違うし、
傷口のことも気になりますしね。
どのように付き合えば良いのでしょうか?
よくある悩みについて、対処法を考えてみましょう。

デリケートゾーンがかゆい!産後の悪露が原因?かぶれの特徴と症状は?

スポンサードリンク

産後のデリケートゾーンのかゆみ、よく聞きますね。
私も軽度でしたが、経験があります。
たいてい、原因は長引く悪露と関係があります。

悪露は生理と違って、期間も長く、量も多いですから、
トラブルが付き物ですね。
やはり産褥パッドをつけていても、

肌が悪露に触れている時間が長く、
ムレてしまったり、かぶれてしまったりするのです。

また、産後によくある尿漏れも、
かぶれる原因の一つと考えられます。
いわゆる「尿かぶれ」というものです。
汗や悪露、尿などが混じったものが、
ずっと肌に触れていると、
かぶれを引き起こしてしまうのですね。

かゆみが出たときの対処法
【洗う】
かゆみを感じた時に、掻いたりすると、
肌が傷ついて悪化してしまいます。
傷口のこともありますし、あまりゴシゴシ肌を
触るのはお勧めしません。
さっと洗い流すぐらいにして、清潔に保ちましょう。
トイレのビデ(携帯用のウォシュレット)や、
シャワーでスッキリしますよ♪

【塗り薬】
塗り薬に頼るのも一つの方法です。
患部を清潔にした後に塗りましょうね。
オロナイン軟膏、デリケートゾーン専用の軟膏
(フェミニーナ軟膏など)や、赤ちゃんの
オムツかぶれ防止のクリームなども効果があります。
試してみてくださいね。

かゆみが長引く場合
かゆみがいつまでも続く場合は、感染症の疑いがあります。
異臭や発熱が伴う場合も、
すぐに病院で検査してもらいましょう。

まだ悪露専用使わないといけない?ナプキンへの交換はいつからがベスト?

産後1週間は、悪露の量が多く、
生理用ナプキンではとても追いつきません。
生理用ナプキンで代用する目安としては、
2週間目以降で、量が少なくなってきてからが良さそうです。

しかし、産後は肌が弱くなっていますから、
生理用ナプキンによる肌トラブルを起こす心配があります。
肌への負担が気になる場合は、
しばらく産褥パッドの使用をおすすめします。

産褥パッドをわざわざ用意するのが面倒だと
感じるかもしれませんが、
産後のデリケートな肌(または傷口)にやさしく
触れるように作られています。
最近の物は、不快感も緩和されているそうですから、
せめて血液量が減ってくるまでは、専用の物を使いましょう。

まとめ

スポンサードリンク

せっかく妊娠中に生理から解放されたと思っていたのに、
産後には量も多く期間も長い、悪露があるんですよね~。
悪露の量や期間は、人それぞれ違いますが、
だいたい1カ月ぐらい続くと思っていて良いでしょう。

1カ月もナプキンを付けていたら、
肌に負担がかかって当然ですよね。
デリケートな肌の負担を減らすには、
悪露(水分)に触れている時間を減らすように、
考えてみましょう。

例えば、
こまめにパッドを交換し、少しでも乾いている
時間を作ること。
また、軟膏や赤ちゃんのオムツかぶれの
塗り薬などを塗ることで、
血液(水分)に、直接、肌があたらないようにすること。
ウォシュレットやシャワーで清潔にすること。

赤ちゃんのお世話で、自分のことが後回しになりがちですが、
かぶれて悪化してしまったら、
自分の首がしまるだけですのでね・・・
肌トラブルになる前に、できることはしておきましょうね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする