新生児を迎える準備!冬生まれの必要なものリスト!

スポンサードリンク

新たな命がお腹の中で成長するにつれて、
来るべき日に備えて色々と準備を
していかなければいけませんよね!
基本的な準備物は同じですが、
生まれる季節によって若干異なってくるので、
今回は冬生まれの赤ちゃんの準備品についてみていきましょう。

二人目の出産準備!冬生まれの赤ちゃんに不可欠なもの10選

スポンサードリンク

例えば一人目は夏生まれ。
暑い時期ですので衣服は薄手のもので大丈夫ですし、
靴下や極端に言えばズボンも必要ないかもしれません。
(気温によっては肌着一枚でも大丈夫だと思います。)
一方これが冬生まれの場合、どのように違ってくるのでしょうか。
冬生まれの赤ちゃんに必要なものを10項目あげてみました!

1、 おくるみ
これは非常に役に立ちます!
どこか外出する際にあれこれ着せると
時間も手間もかかりますが、
もこもこ生地のあったかおくるみが一枚あれば
パッとくるんですぐに外出準備が整います。
2、 帽子
出産直後にかぶらせてくれる産院も多いですよね。
新生児は髪の毛が少ない子が多いので、
どうしても頭が寒そう…
と思われるママも多いのではないでしょうか。
赤ちゃんの真意は不明ですが、やっぱりかぶせてあげると
あったかそうに見えるので安心しますよね。
3、 スリーパー
赤ちゃんはまだ体温調節が苦手なので、
寒いからといって厚着をさせては
かえって逆効果になる場合があります。
薄手の服を重ね着し、脱ぎ着しやすいスリーパー
羽織らせてあげると過ごしやすいです。
4、 カーディガン
こちらも3と似ていますが、やはり一枚あると便利です!
外出時に厚手服を着こんでいると、
いざ汗ばんできた際に脱がせるのが大変…。
カバーオールの上からカーディガンを羽織らせておけば、
ササッと着脱できます。
5、 おしりふき保温器
これは本当に重宝しました!
先輩ママから譲り受けたのですが、
新生児~2歳ぐらいまで毎年冬には大活躍でした。
保温することによっておしりふきの水分が
多少なりとも蒸発してしまうので、
おしりふきの最後の方は乾燥しがちでしたが(笑)
6、 加湿器
冬場は大人でも乾燥が気になる季節ですよね。
たウイルスが流行する時期でもありますので、
加湿器は欠かせません。
エアコンやヒーターを使用することもあるかと思いますので、
ぜひ準備しておきたいですね。
7、 レッグウォーマー
外出時に靴下だけだと、くるぶしあたりがちょっと寒そう…?
と気になるママも多いのでは。
そんな時は、レッグウォーマーをはかせてあげると安心ですね。
家の中でも靴下ははかずレッグウォーマーだけでも
過ごせますし、ハイハイするようになってきたら
膝カバーとしても使えるので便利です。
8、 フットカバー
靴の代わりに外出時に履かせていました!
ルームシューズのようなもので、
靴下+もこもこフットカバーを履かせてあげると
安心してお出掛けができました。
まだ歩けないので靴はもったいない気がして…(苦笑)
9、 保湿剤
こちらは冬場に限ったことではないと思いますが、
お風呂上りの保湿は必須!
特に冬場は欠かさず塗ってあげて保湿に努めてあげて下さいね。
10、授乳口付きパジャマ
こちらはママにとって必要なものになりますが、
真冬の夜の授乳は寒いものです。
ただでさえ眠気や疲労と闘いながらの授乳ですので、
冷やさないようなるべく暖かくして行って下さい。

冬生まれの赤ちゃんには何枚服を着せればいいの?

冬はどうしても厚着をしがちになります。
外出時や室内で過ごす場合によって、
着るものは変わってきます。
外はとても寒いけれど、例えばショッピングモールなどに行くと
暖房が効いていて汗ばむくらい…なんていう時もありますよね。
厚手の衣類を何枚も着せるより、
薄手の肌着とカバーオールにプラスしてカーディガンや上着、
というぐらいが調節しやすいのではないでしょうか。
赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、
くれぐれも厚着には注意が必要です。

まとめ

赤ちゃんは体温調節がまだまだ未発達なので、
こまめに様子をみてあげなければいけません。
スヤスヤ寝ていると思っていても、
いざ背中に手を入れてみると汗ばんでいた…
なんてこともあります。
乾燥やウイルスが流行する時期でもありますので、
過度の厚着は避け、赤ちゃんが過ごしやすい服装
させてあげて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする