初節句の雛人形は誰が買うのがいいの?桃の節句について教えます!

スポンサードリンク

女の子の節句といえば雛祭り。
雛祭りといえば雛人形!
自分の家には当たり前にあったけど、
そもそも自分が買うの?親にお願いするもの??
来るべき日に備えて今から調べておきましょう!

妻の両親が買うのが一般的!最近の雛人形に流行りは?

スポンサードリンク

雛人形を買うのは、ママ側の両親というのが一般的なようです。
ただ住んでいる地域によっては、
「女の子が生まれたら男親の方が準備をする」
というところもあるようなので、
両家の親にしっかり確認しておきましょう。

私も子供が生まれるまでは親が買うものだとは知らず、
恥ずかしながら自分で買うんだろうぐらいの認識でした(苦笑)
自分の親から「そろそろ買いに行くからついてきて!」と言われ、
「えっ、買ってくれるの?ありがとう!」という感じでした。
日本人形って絶対に高いイメージですよね。
それを買うって言ってくれるんだから、親御様さまです。
ありがとうございます!!

年明け1月中旬ごろに、私の雛人形を買ったお店に行こうと
母が誘ってくれました。
そのお店はとても大きいお店、という訳ではなかったのですが、
それでもたくさんの種類・大きさの雛人形が飾ってありました。
お店の人曰く、ひと昔前は大きくて立派な雛人形を買う方が多かったそうで、
七段飾りという見た目も豪華な雛人形が人気だったそうです。
ただ今の時代はそこまで大きくて立派なものより、
お家の置くスペースを考えたコンパクトのものだったり、
おしゃれママさんが増えてきているので、
古風なものよりは現代風のものを選んだり…
というように人気の傾向に違いがあるようです。

わが家は置くスペースが限られていたので、
人形としてはお内裏様とお雛様のみにしました。
あとは桃の花や菱餅等を並べて出来上がり!
というものにしました。
出し入れも簡単にできるので、とても楽ちんです。
私が行った店ではすべてカスタマイズできたので、
「人形はこれにして、桃の花はこっちで、ぼんぼりはこっち…」
というように変えていって、自分らしさを出しました。
豪華ではないですが、おかげでとても気に入っています!

家の広さや飾るスペースによって雛人形の種類を工夫しよう!

最近はマンション住まいの方や、
戸建てでも和室がないお家も多いので
どこに雛人形を飾ろうか悩まれる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

わが家は最初はマンションだったので本当に飾る場所がなく、
地べたにおくと子どもたちが触って壊されそうだし…
というので随分悩みました。
結局はリビングの棚上をどうにか空けてスペースを作り、
そちらに飾ることにしました。
戸建てに引っ越した後は和室があったので、そちらに飾っています。
こちらも棚の上に飾っているので
子供に容易に触らせないようにしています。
もう少し分かるようになったら
近くで見せてあげようと思います(笑)
また最近の雛人形は手のひらサイズのコンパクトな人形もあるので、
これだったら本棚の一角を少し空けてみるとか、
出窓の上に並べてみたりも出来ますよね。

スペースを空けるのは大変ですが、約1か月の間、
子どもの成長のお祝いを一緒に見守ってもらうためです!
頑張って準備しましょう。

まとめ

自分が子供のころは
「なんで雛人形を飾るんだろう?」
「なんでお祝いするんだろう?」
という疑問はありましたが、女の子=雛祭りぐらいの認識で
深く学ぼうとはしていませんでした。
ですが自分が親になってみて、子どもに
「こんなものもあるんだよ」
「みんなあなたの健康や成長を願っているんだよ」
ということを伝えていきたいという気持ちになりました。
もちろんまだ子供は小さいので「かわいい人形だなぁ」
ぐらいにしか思っていないと思いますが、
大きくなるにつれてその意味を理解し、
みんなに愛されているんだという気持ちを
もってもらえたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする