湯河原温泉海上花火大会の穴場スポット!子連れでも楽しめる方法!

スポンサードリンク

夏の大空を彩る鮮やかな花火はいつ見ても綺麗ですよね。
夏の風物詩ともいえるイベントが花火大会ですよね。
毎年、どこの花火大会へ行きますか?

今回は子連れでも楽しめる神奈川県でも
人気の湯河原温泉海上花火大会についてお伝えします。
3回にわたって開催される花火大会は、多くの人で賑わっていますよ。

湯河原温泉海上花火大会の穴場スポットは?

スポンサードリンク

花火大会の会場まで行くのもいいですが、
人混みの中で見るのは大変…という人もいますよね。
ちょっと離れてもいいから、ゆっくりと見られる場所で
花火を見るのもオススメです。

穴場スポットの場所はいくつかあります。
例えば、

  • 湯河原温泉海水浴場
  • 湯河原町浄水センターの屋上
  • 浄水センター奥のせり出したコンクリートの石段
  • ホテル ラ シェネガの客室
  • ゆとろ嵯峨沢の湯

こんな場所が穴場でしょう。

湯河原温泉海水浴場の浜辺


湯河原温泉海上花火大会は海上で花火が打ち上がります。
観覧のメイン会場はこちらの浜辺なんですが、
とても広く広範囲から花火がよく見えますよ。
また花火までさえぎるものがないので、
海上の花火の迫力をじっくり楽しむことができます。

お子さま連れでもレジャーシートを敷いて、
ゆっくり座って見ることができるのでのんびりと楽しめますよ。
花火までの時間も、砂遊びができたり砂浜のお散歩をしたりと、
お子さま連れでももてあますことなく待てますね。

浜辺に座って潮風と波の音に包まれながら見る花火は格別ですよ!

浄水センター奥のせり出したコンクリートの石段

浄水センターは湯河原海浜公園に隣接しています。
花火大会開催の浜辺から少し離れていますが、
海浜公園には駐車場や広場があり、夏はプールも開放されています。
広い公園でお子さまと遊ぶのも楽しそうですね。

海浜公園と浄水センターを海の方に進んでいくと、
地元の方の釣りスポットになっている海にせり出した石段があります。
海に面していてさえぎるものがなく階段状になっているので、
こちらからも花火が綺麗によく見えますよ。

こちらもかなり広く、海に面して続いています。
石段に腰掛けてゆっくり楽しめるスポットですよ。
砂浜で砂だらけになるのは嫌だけど、潮風を感じながら花火を見たい!
という方にはベストスポットです。

湯河原町浄水センターの屋上

花火大会開催の日は花火がよく見えると好評の浄水センター屋上が、
一般公開されていますよ。
海に面したコンクリートの石段もオススメですが、
そのすぐ横に立つ浄水センターの屋上もおすすめなんです。

こちらも砂浜の砂を避けたい方や高いところから
写真を撮りたい方にもぴったりです。
3回ある花火大会の中でも、湯河原やっさ祭りのフィナーレを飾る、
8月の花火大会では混雑が予想されます。
浜辺などの人ごみを避け浄水センターの屋上から見れば優雅に楽しめますよ。
湯河原海水浴場の浜辺から少し距離のある位置ですが、
屋上から高い視点で見る水中スターマインなどの花火もキレイに見えますよ。

ホテル ラ シェネガのホテル

全室がオーシャンビューです!
その為、ホテルの客室から花火が見られるのですよ。

ゆとろ嵯峨沢の湯

日帰りの温泉施設です。
温泉街から少し登って行った場所にあります。
近くで花火を見るというわけにはいきませんが、
露天風呂から花火をみることができます。
花火会場からは少し離れますが、綺麗に花火が見えますよ。

湯河原温泉海上花火大会の見どころ

湯河原温泉海上花火大会の特徴は何と言っても、
海上から花火が上がるところです!
夜の浜辺で花火が楽しめるなんてとってもステキですよね。

沖合の2隻の船から花火が次々と打ち上げられて、
光が反射した海面がキラキラ輝きます。
さえぎるもののない浜辺から見る花火は迫力です。
30分間に6,000発も打ち上がり、海上花火大会ならではの
水中で打ち上げる花火などが楽しめます。

海上からの打ち上げなので見られる範囲も広く、
様々なところから楽しめるのもポイント。
浜辺だけでなく、湯河原海浜公園の奥を海沿いに出たところや、
花火の日だけ公開される浄水センターの屋上、
また高台にある旅館やホテルからも楽しめたりします。

楽しめる範囲が広いことで、浜辺などの穴場スポットが、
大変な混雑になることもなく、ゆったりと楽しめるのも
湯河原温泉海上花火大会のいいところです。

波の音と潮風の夜空に咲く大輪の花火は夏の思い出にぴったり!
写真や動画も映えることまちがいないですね。

水中スターマイン

連発する花火、スターマインを水中で行います。
上空に向かって打ち上がる花火とは違い、
水面に半円状に打ち上がる花火は海上花火大会ならでは。
水面に花が咲いたように花火が打ち上がると、
光が海上に反射して丸い大きな花火がそこにあるようです。

空への打ち上げと水中スターマインでの連続打ち上げで、
様々な表情を見せてくれます。
水中スターマインでしか見られない表現や美しさ、水面のきらめきは必見です。

キャラクター花火

湯河原のご当地キャラクター、ゆたぽんファイブも花火になって登場しますよ。

出典:湯河原やっさ祭りチラシより

湯河原の方にはおなじみゆたぽんですが、
知らなくてもお子さまならたぬきさんの花火だ!と喜んでもらえると思いますよ。

また、ハロウィンイベントを同時開催している10月の花火では,
ハロウィンにちなんだ花火も登場します!
各回ごとに趣向をこらせた内容になっていますので、
何回見ても楽しめますね。

子供を連れて行くときの注意点


花火大会の日は交通規制があり、道も混んでしまいます。
車で行くのは、空いている駐車場を探すのも大変です。
車でいく場合は早めに行って駐車場に車をとめておきましょう。
それから花火がはじまる時間までどこかで時間をつぶすといいでしょう。
もし可能であれば、公共交通機関を使っていくことをオススメします。

子どもを連れていく場合は、混雑している人混みの中を移動していくのは大変です。
穴場スポットなどでゆっくりと見ることをオススメします。
湯河原温泉海水浴場の浜辺でレジャーシートを広げてゆっくりと見られます。
ジュースやお茶、お菓子など準備していくといいでしょう。

他にも、花火が見えるホテルに宿泊し、客室でゆっくりと見るのもいいですよ。
ただし、花火が見えるホテルは花火大会当日の料金が高くなっているところが多いです。
特に小さい子どもがいる場合などは、ホテルから見るのがオススメです。
ホテルの客室からなら、混雑したトイレの心配や飲み物、お菓子など、
荷物をたくさん持っていくこともありません。

花火を見ることができるホテル


湯河原温泉海上花火をみることができるホテルはホテル ラ シェネガの他にもあるのです。
ホテル ラ シェネガは全室から相模湾を見ることができるので、
全室から花火が見られるのです。
そこが花火大会の日には人気のホテルなのです。

その他に花火をみることができる宿
湯河原温泉 あかね
ここの客室は一部の部屋からのみ花火がみることができます。
どの部屋かはホテルに問い合わせて予約するといいでしょう。
他にもここの建物の屋上から花火をみることができます。

和みの宿 たかうら
相模湾を見下ろせるように高台にたてられた宿です。
ここの一部の客室から花火を見ることができます。
どの部屋から花火を見ることができるかはホテルに問い合わせてくださいね。

このように湯河原温泉海上花火をみることができる宿があります。
湯河原温泉街は歴史がある街で、のんびりするにはピッタリの場所です。
温泉につかって日頃の疲れを忘れて、花火を見るのもいいですよ。
湯河原は夏目漱石や芥川龍之介などが愛した街としても知られています。
そんな街で、非日常を味わってみるのもオススメです。

宿から花火が見れなくても、温泉宿でゆっくり泊まりながら、
花火を見に出かけるのもいいですよ。
湯河原温泉街の温泉はお湯がいいと人気なのです。
宿から少し歩いて出かけるだけで花火が見れるところもたくさんありますよ。

湯河原海上花火大会の日程・会場の詳細

スポンサードリンク

湯河原温泉海上花火大会は毎年3回行われます。
2018年7月16日(月・祝)
8月3日(金)湯河原やっさ祭りフィナーレ
10月27日(土)ハロウィンイベント同時開催

雨天中止または延期の場合
荒天時は2018年7月21日(土)、8月10日(金)、10月31日(水)にそれぞれ延期

20時から花火が打ちあがります。
30分ほどで6000発ほどの花火が打ちあがります。
花火が打ち上がる場所は、湯河原海水浴場の沖合です。
台船から花火が打ちあがります。
花火大会によくある、有料の観覧席は設けられていません。

湯河原海上花火大会へのアクセスは?

車以外のアクセス方法

車以外で花火大会を見にいく方法です。
JR湯河原駅から徒歩で行くことも可能です。
駅からは2キロほど距離があるので、
子ども連れの場合は歩いていくと、
30分ほどかかってしまうでしょう。
帰りも駅まで歩くことを考えなければいけません。
小さい子どもを連れていく場合には、
交通手段を考えてからいきましょう。

JR湯河原駅からバスもあります。
5番バス乗り場から箱根登山バスで真鶴方面にいくバスに乗ります。
海の家のバス停でおります。
バスに乗っている時間は7分ほどになります。
海の家のバス停をおりてから花火大会の会場まではすぐです。

湯河原温泉海上花火大会の駐車場は?

湯河原花火大会では湯河原市が用意した駐車場があります。
湯河原町民体育館駐車場(60台)
1時間100円/1台
【住所】 神奈川県足柄下郡湯河原町中央二丁目21番地3


湯河原駅から浜辺周辺では、駐車場は点在しているものの、
それぞれが小さい駐車場なのですぐ満車になり、
こちらの駐車場も混雑します。
周辺道路も混雑しますので、早めに到着するか、
湯河原駅から歩いて会場入りするのをおすすめします。

湯河原花火大会のおすすめ駐車場3つ!

湯河原海浜公園駐車場

住所 〒259-0302 神奈川県足柄下郡湯河原町門川11

料金
軽・普通自動車

通常期(下記以外の期間)
30分ごとに100円(最初の2時間無料)
入庫後24時間最大1,000円 無料

プール開設期間(海の日の直前の土曜日~8月31日)
9:00~17:00
1回1,000円

17:00~翌9:00
30分ごとに100円(最初の2時間無料)

二輪車
通常期 (下記以外の期間)無料
プール開設期間 (海の日の直前の土曜日~8月31日)300円

おすすめ穴場スポットでも紹介した湯河原海浜公園の駐車場です。
湯河原周辺でも規模が大きく43台停められます。
24時間営業で、通常期なら最大1,000円なのが嬉しいですね。
プールやテニスコートの利用での割引もあります。
バイクを安くとめるならここですね。
こちらから浜辺までは歩くと約15分です。
こちらで花火を見るもよし、夕涼みがてら浜まで歩いてもよしですね。

海の家クロンボ駐車場

湯河原海水浴場まで徒歩1分、湯河原駅まで徒歩約20分

住所 〒259-0312 神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1352
料金 平日800円、土日祝1000円
※ただし海の家営業期間は平日休日ともに1,000円
営業時間 海の家営業時間に準ずる
収容台数 約10台
公式HP

浜辺沿いには駐車場が4カ所ほどしかなく、
どれも10台以下の小規模なもの。
すぐに満車になってしまうためなかなか駐車できないのが難点です。

海の家クロンボ駐車場さんは、浜辺沿いの立地でなんと予約が可能なので、
海に近い駐車場を確保したいときはこちらの予約を取るのが確実です!
台風で海の家は営業中止中ですが駐車場は通年営業中です。
花火大会の日は17時以降も追加料金で停められます。

湯河原駅臨時第3駐車場

湯河原海水浴場まで徒歩26分、湯河原駅まで徒歩3分

住所 〒259-0303 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥1丁目7-24
料金 30 分ごとに100 円(最高限度1,000円/1 日)
※最初の30 分のうち駐車開始後15 分までは無料
営業時間 24時間
収容台数 36台

臨時の駐車場は湯河原駅前にいくつかあります。
こちらは24時間営業で1日の上限があるので,
早めに到着してゆっくり過ごしたい方におすすめですよ。

湯河原温泉海上花火大会に交通規制はある?混雑状況は?

花火大会開催での交通規制はありませんが、
やっさ祭り当日はパレードなども出るため一部交通規制があります。

周辺の国道も渋滞が予想されます。
一番気を付けたいのが、花火が終わって帰りの時間帯です。
花火が終わると、一斉に帰宅ラッシュがはじまります。
車は渋滞がひどくなり、帰るのに時間がかかることを覚悟しておきましょう。
車に乗る前にお手洗いをすませておくといいでしょう。

湯河原温泉海上花火大会のトイレやオムツ換えの場所

花火大会当日には3か所、公衆トイレが設置されます。
しかし、花火を見に来る人が多いので、
トイレは並ぶことを覚悟しておきましょう。
子どもを連れて花火を見にいく場合には、
花火会場にくる前にトイレをすませてからにしましょう。

赤ちゃんのオムツ交換の場所は花火大会の会場では
まずできないと思っておいた方がいいでしょう。
花火を見にくる前にお店のトイレなど、
オムツ交換ができる場所で行ってくるといいでしょう。
車でくる場合には車の中でオムツ交換をしてからきましょう。

湯河原温泉海上花火大会近くのコンビニ・屋台情報

コンビニは近くに2か所しかありません。
・ローソン 湯河原中央1丁目店
・セブンイレブン 湯河原中央2丁目店

あとは屋台が20店ほど出ています。

コンビニは少なく、花火大会の日はコンビニも混雑します。
花火を見に行く前に、スーパーなどでお菓子やつまみ、
飲み物などを購入して持っていくといいでしょう。

まとめ

子どもを連れて花火を見にいく場合には、忘れ物がないように、
しっかりと準備をしてからお出かけしましょう。
湯河原温泉海上花火大会の当日は人混みで、移動するのも大変です。
毎年3回合わせて7万人ほどの人が花火大会を見にくるといわれています。
交通手段をどうするのか、何を持っていくのか、準備をしてからいきましょう。
華やかな花火を見て、楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする