みんなはどうしてる?お年玉は何歳まであげるもの?

スポンサードリンク

まわりに聞いていいものかどうかのお年玉。
お家の風習や住んでいる地域によっても違いはあるでしょうが、
一般的には何歳ぐらいまであげるのがベストなのでしょうか?
いくらぐらいが妥当?わが家はあげすぎ?少ない?
そんな疑問を徹底解明です!

知りたい!お年玉の年代別平均額

スポンサードリンク

みんな、いくらぐらいあげているのでしょうか?
未就学児でいうと相場は1000円が圧倒的だそうです。
この年齢には十分ですよね!
もしくは500円という声も多いですが、
準備のしやすさを考えると1000円が妥当のように思えます。

続いて小学校低学年。この年代でいくと、
1000円・2000円・3000円と幅があるようですが、
中でも少しの差で多いのが2000円です。
うーん、あげすぎのようにも感じますが
まぁ妥当というところでしょうか。
またこの年代になると、500円という意見がほぼなくなります。
確かに今の時代、低学年で500円は少ないか…。

小学校高学年になると、今度は3000円が主流になります。
高学年ともなるとお友達同士での
お出掛けや買い物なんていうこともあるので、
正しい金銭感覚を身につけるという意味でも
ちょうどいいのではないでしょうか。
(嗚呼、出費が増えていく…)

中学生では5000円という声が一番多いようです。
ほとんどの地域でみられるようですので、
まさに全国平均といえるでしょう。
5000円…なかなか魅力的な金額ですよね!
私の場合、買い物にすぐ消えてしまうでしょうが(笑)

そして高校生
これは1万円という意見が多いようですが、
まだまだ5000円という方も多いようです。
ただ中学生と高校生が同じ金額というのも、
兄弟がいたらケンカの種になりそうですよね。
ここは高1→7000円、高2→8000円と
小刻みにあげていくというのはどうでしょうか!
え、せこい?(笑)

お年玉をあげる歳はここまでではないでしょうか。
大学生になってもあげるのはちょっとどうなのかな
という印象です。
またこの年頃になると、アルバイトをするお子様も増えてきますし、
自分の子はここまで大きくないのでイメージが定まりませんが、
今の段階では必要ないと思います!

お年玉の使い道は何が一番多いの?

これも意見が分かれますよね…。
まず幼児のうちは貯金が圧倒的に多いと思います。
私も子供が小さい頃はほぼ貯金!
本人はお年玉というものが何のことか分かっていないので、
自然とこの流れになります。
もちろん自分が使ったりしていないですよ(笑)
もしくはちょっとしたおもちゃ
買ってあげたりもしますよね。

小学校入学前ぐらいの年齢になると
「自分のお金」というものに喜びを感じますから、
お金の勉強をさせるつもりで
「これだけのお金ならどれぐらいのものが買えるか」
という話をしながら遊び感覚を交えて
お買い物するのもいいですね。

小学校になってくると、本やゲームといったところですよね。
やはり勉強より遊びの方が楽しいでしょうから、
この結果にはただただ頷くしかありません(笑)

中学生高校生となると、洋服購入友達と遊ぶ時の費用の足しに…
という意見が多いようです。
この年齢なると自分で考えて使うので、
使用用途は様々でしょうね。
でも今の時代、まだまだ貯金という意見も多いですね。
お金にシビアというか堅実というか。
普段からお金をすぐ使ってしまうようでは困りますが、
こんな時ぐらいパッと使ってもいいような気もします…。
そこは親の教育の見せどころですね!頑張ります(笑)

まとめ

自分が子供のころは、もらうと嬉しくて
「何を買おうか」「何に使おうか」とウキウキしたお年玉。
大人になると「出費がかさむなあ…」と少し悲しくなりますが、
子どもにお金の大切さや使い道について
考えさせるいい機会でもあります。
「すぐ使うな!」とカリカリするのではなく、
お子様の行動を観察しつつ、いい方向へ導いてあげられるよう
小さいころからお金の大切さを教えてあげましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする